BlackBerry Q10 vs Q5

IMAG0105

ハードウェアキーボード付きの希少な存在となったBlackBerry Q10とその廉価モデルQ5の比較。

まず外装。廉価モデルのためかQ5はQ10に比べるとちょっと雑な感じ。

IMAG0096

IMAG0067

同梱品。まずはQ10から。後ほど触れますがQ10付属のヘッドフォンはかなりのスグレモノでした。

IMAG0069

そしてQ5。バッテリーがありませんが、これは着脱不可のため。

IMAG0098

ここでスペックのおさらい。Q5は廉価版なのでスペック的には見劣りします。

Q10 Q5
サイズ 119.6 x 66.8 x 10.4mm 120 x 66 x 10.8mm
重さ 139g 120g
ディスプレイ Super AMOLED
3.1インチ(720×720)
IPS LCD
3.1インチ(720×720)
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ストレージ(内蔵) 16GB 8GB
カードスロット microSD 最大64GB microSD 最大32GB
データ通信 GSM/HSDPA/LTE
(CDMAモデルあり)
GSM/HSDPA/LTE
(CDMAモデルなし)
SIM Micro-SIM Micro-SIM
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
デュアルバンド
Wi-Fi hotspot
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Wi-Fi hotspot
カメラ 8メガピクセル
(3264 x 2448)
5メガピクセル
(2592х1944)
ビデオ 1080p, 30fps 1080p, 30fps
CPU TI OMAP 4470
Dual-core 1.5 GHz Krait
Qualcomm Snapdragon
Dual-core 1.2 GHz
バッテリー 2100mAh
(着脱可)
2180mAh
(着脱不可)

手に馴染むのはQ5(左側)。Q10よりも軽く、エッジから背面にアールがついているので持ちやすい。iPhone 3G(S)のようなホールド感。

IMAG0106

ボディ左側から。micro-USBポートとQ10(右側)にはHDMIポートがあります。

IMAG0107

ボディ右側のメディア・コントロール部分。Q5はボディと同色のため見にくいですが、Q10と同様にボリュームアップ、ダウン、再生・停止ボタンがあります。Q5はボタンがセンシティブなので左手で持った時に人差し指や中指が触れてしまうと誤爆しがちな印象。

IMAG0109

付属品のヘッドフォン。Q5(左側)は廉価版だけあって・・・Q10(右側)はきしめん型のケーブルで絡まりにくく、スタビライザ付きで装着感もよいし、音質も付属品とは思えない程。音にこだわりがあるわけでもないけど、付属品でここまでいいのは初めて。ただし操作はどちらも再生・停止ボタンのみ。

IMAG0110

外見で目を引くのがキーボードの違い。Q5は各キーが隣接キーと離れているので同時に押してしまうことはなさそう。レイアウトやキーピッチは同じ。ただQ5のボタンは固いし、ポチポチと音がします。BBB9900と同じ感覚で打てるのはQ10で、キーピッチが広がっているのでとても打ちやすい。

IMAG0134

BBB9900からなくなったのは、サイドキー、タッチパッド、受話・終話ボタン、メニューボタン、戻るボタン。これは残念過ぎる。特にタッチパッドは親指1本でスクロールさせたり、ピンポイントで範囲選択できたり、全面タッチパネルにはない快適さがあった。

それに受話・終話ボタンはガラケーのような安心感があった。スマートフォンって間違って電話掛けてしまうことがしばしばで、そんなとき一発で強制切断できる魔法の「終話ボタン」があるだけで安心できたのに。

あとはチラシの裏にでも書こうかと・・・

参考:2014年2月22日記事