ネットバンキングアプリの進化 – 三菱東京UFJ銀行

title

1年半ほど前にレビューした三菱東京UFJ銀行のネットバンキングアプリを久しぶりに使ってみたところ地道な進化をしていたようです。こき下ろしていただけにフォローのエントリを上げておきます。

利用頻度が高そうなのは残高照会程度なので、それならブラウザで使った方がマシというレベルでした。ところが、振込や振替、為替レートのプッシュ通知などの機能が追加され、ユーザーインターフェースも随分と改善されています。


三菱東京UFJ銀行

改善点その1:アプリ内での振込が可能に

以前はブラウザへ遷移させられていましたが、既にアプリ内から振込が可能になっていました。乱数表の指定番号を入力しなければならないのはWeb版同様です。

改善点その2:キーボードがiOS標準に

レビュー時にはオリジナルの操作しにくいキーボードでしたが、(この点は初期に改善されていた記憶がありますが)iOS標準のキーボードを使えるようになっています。

Keyboard

改善その3:ユーザーインターフェイス

長文の利用同意をポップアップで取得するような以前の野暮ったいデザインやユーザーインタフェイスが改善されていました。

UI

新機能:為替レートのプッシュ通知

指定した為替レートに到達した場合にプッシュ通知する機能が追加されていました。通貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、スイスフラン、英ポンドです。4パターンまで登録しておくことが可能で、最大15日間有効になります。

Currency

結局使うの?

前回のレビューも「ネットバンキングのアプリは必要なのか」というまとめになりました。今回も上記のような改善や新機能が追加されたものの、やはり必要性を感じません。近頃ではブラウザで利用するWeb版もスマートフォン向けに作り込まれており、あえて機能が限定されているアプリを使う理由がないように思います。

ログインや振込時のオペレーションもWeb版と同じで簡略化されているわけでもありません。やはりネットバンキング機能だけではものたりませんので、他のリテール商品と組み合わせたレポーティング機能、属性情報やカレンダーと組み合わせた家計簿機能などを期待したいところです。

利用にあたっては銀行ホームページで十分確認を

[sharepost url=”http://direct.bk.mufg.jp/btm/banking/sp_appli/jouken.html”]
[sharepost url=”http://direct.bk.mufg.jp/secure/”]