BGMで流れてきた楽曲をiPhoneをポケットに入れたまま検索する『SoundHound』のApple Watch対応について

Apple Watch SoundHound

世の中は音楽で溢れています。ふと気になったあの曲名は?iPhoneをいそいそと取り出してSoundHoundを起動して・・・時既に遅しなんてことありませんか?Apple Watchなら一瞬のチャンスを逃しません。

紹介するまでもない超有名な『SoundHound』は鼻歌からですら楽曲を発見できてしまうアプリです。Apple Watchに対応しているのでiPhoneをカバンやポケットに入れたままでサッと素早く操作できます。

フェイスを下から上にスワイプして表示するグランスに対応。タップしてアプリを起動します。

SoundHound in Apple Watch

SoundHoundのアイコンをタップすると聴き取り開始です。楽曲を検知するまで環境にもよりますがわずか数秒。

Apple Watch SoundHound

驚いたことにApple Watchでも母艦側と同様に歌詞がライブ表示(LiveLyrics)され、自動スクロールします。もちろん、デジタルクラウンで手動でもスクロールできます。

Apple Watch SoundHound

Apple Watch SoundHound

Apple Watchのホーム画面では検知した楽曲の履歴も表示。そして、iPhone側では検索履歴や詳細内容からiTunesで購入、曲のシェア、アーティストの詳細などを閲覧できます。

Apple Watch SoundHound

Apple Watch SoundHound

購入後、Apple Watchの強みって、こんな感じで、サッと素早く、シンプル操作、作業が完結することがポイントじゃないかと考えたりしてます。ちっこい画面で難しい操作させたり、iPhone取り出した方が早いなんていうものはやはり不向き。

Apple Watchは自分の用途に合わせた役割分担が必要なデバイスということなのでしょう。そういえばティム・クックCEOが言っていました。もっともパーソナライズされたデバイスであると。


Apple Watch App Storeで詳細を見る