iPhone4をドコモSIMで使ってみたけどSoftBankがいいかな

国内で販売しているiPhoneにはSIMロックが施されており、SoftBankが提供する専用SIMカードでのみ通話やデータ通信が可能になっている。しかしJailBreakするとこれを解除し、違うキャリアのSIMカードでも利用できるようになるのでドコモSIMで使ってみた。


IMG_0939

注意喚起情報
以下に紹介する方法はJailBreakが必要になります。JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となってしまいます。また、JailBreakはアップル社の施したセキュアな枠組みを無効化することになるため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。さらに、JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchにAppStore以外で配信されるアップル社が承認していないサードパーティー製のアプリケーションをインストールする行為は、その安全性が保証されておらず悪意のあるプログラムが混入している可能性もあり、未知なる危険を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

また、SIMロックを解除して他キャリアで利用する場合、加入プランやAPN設定内容によっては高額のパケット通信代が請求されることがあります。利用後にオンライン明細等でパケット通信代を確認するなど注意が必要です。

JailBreakとその危険性についてはこちらのサイトで詳細に説明されていますので是非確認してください。
をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

ドコモSIM(FOMAカード)からmicro SIMを作る
iPhone4には通常のSIMカードよりも小さいサイズのmicro SIMが採用されている。ドコモはmicro SIMを採用した端末を取り扱っていないので自作しなければならない。Googleで検索するとハサミで切る方法やSIMカッターなる道具などが出てくる。今回はSIMカッターを試してみた。あっという間。向きに注意して挿入し、パチンと切れるまで押しこむだけ。アダプタもあるので元の端末でも使用可能。


IMG_0004

iPhone4のSIMロックを解除する
JailBreakされたiPhone4/iOS4.0.1にCydiaから”ultrasn0w1.1-1″をインストールする。自作micro SIMカードをiPhone4に挿入。ステータスバーにアンテナが立ち、キャリアロゴ表示エリアに”NTT DOCOMO”が流れればOK。
※”圏外”など認識されない場合は、設定>一般>リセットから「ネットワーク設定をリセット」する。

これで通話は可能になったので、次にデータ通信に必要なAPN(アクセスポイント)設定の情報を準備する。

mopera Uライトプランを申し込みIDとパスワードを取得する
mopera Uはドコモ回線でデータ通信サービスを提供するISP。そのためユーザ毎にアクセスポイント(APN)に接続するためのIDとパスワードが必要になる。ライトプランは月額315円(税込、2010/8/15現在)。ドコモ端末のiモードまたはPCオンラインサービス「My docomo」から申込む。手続きが完了するとSMSでURLが通知されるのでアクセスしてID/PWを確認する。
※「iモード」と「mopera U」を同時に契約していると「ISPセット割引」が自動で適用され各157.5円/月(合計315円/月)が割引されるようだ(2010年8月19日同社ホームページ掲載情報)。
※My docomoのID発行手続きはオンラインでは申込みまでしかできずに初期パスワードの通知が後日郵送される(iモードやドコモショップで即時発行可能かは不明)。

モバイルデータ通信ネットワークを設定する
iPhoneの設定>一般>ネットワークから「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択しmopera Uの申し込みサイトで確認したアクセスポイント(例:mopera.net)を”APN”に入力し、moepra Uのユーザ名とパスワードを入力する。

これで完了。あとはWIFIをオフにして、天気アプリ等でインターネットに接続出来ていることを確認する。

感想を少し。自分の利用環境でSoftBankとdocomoを比較すると、それぞれ場所や時間によって500K〜1.5Mまでの幅があり優劣つけるのは難しい。安定性の面ではSoftBankはドコモに比べ(電波が立っていても)パケットが流れてこないことが多い印象を受けたのでドコモに軍配が上がる。もっとも、iPhoneユーザが増えた影響でSoftBankの帯域を圧迫していることが考えられるので、これがドコモなら起きない保証はないわけだが。

気になるのはやはりパケット通信料金。mopera Uの月額315円の他に「パケ・ホーダイ ダブル」を選択していても(ドコモ端末なら上限月額4,410円のところ)上限が月額10,395円となり、SoftBankが提供するデータ定額の倍以上のコスト負担が発生する。これが高いか安いかはそれぞれの判断だが、費用対効果を考えると倍は高いと思う。コスト面では帯域制限のある日本通信が予定しているiPhone4向けmicro SIMも候補になるかもしれないが、通信品質、価格、サービスなどのトータルパッケージで評価し、継続利用している電話番号などの事情も勘案すると今の自分にはSoftBankで使うのが正しい選択だという結論に至っている。
(注1)加入プランやAPN設定内容、ユーザの利用環境によっては上記の上限金額を超える場合があります。
(注2)料金は全て税込の金額で2010/8/15現在同社のホームページに掲載されている金額です。

動作環境
iPhone3GS iOS4.0.1
iPhone4 iOS4.0.1

[UPDATE3]iPhoneにドコモのiモードメールの受信をプッシュ通知する方法

ドコモユーザがiPhoneを評価するときには必ずと言っていいほどiモードメールの非対応が話題になり、iPhoneへの乗換の障害になる人もいます。たしかにiモードメールはiモード.netなど純正ドコモ端末以外でもブラウザやXPERIA向けのサードパーティ製アプリが出てくるなど利用可能な環境は広がってきましたが、それでもiPhoneで利用するにはMobileSafari等のブラウザを利用しなければならず使い勝手はよくありません。では、自分のメインで使用するメールアドレスで受信返信できるとすればどうでしょう?あるいは、iモードメール受信をiPhoneにプッシュ通知できるとしたらどうでしょうか?

私がドコモ端末とiPhoneの2台持ちで、iPhone側がメインなのでどうにかiモードメールをiPhoneでもうまく使えないかなと思いいろいろ試してみました。

(注)ドコモSIM(FOMAカード)でiPhoneを利用する場合はJailBreakのうえSIMロック解除が必要ですが、紹介する以下の方法はJailBreakを伴なうものではありません。

iモード新着を知らせるプッシュ通知
imode-mail-push

iモード.netを申込む
iモードまたはMy docomoから申し込むことが可能です(月額210円・税込。初回申込時30日間無料)。この時ワンタイムパスワードが発行されるのでiモードメールを受信できるドコモ端末(スマートフォンは除く)が必要になります。

iPhoneから利用する場合はブラウザを起動し、iモード.netにアクセスします。ドコモの推奨ブラウザがInternet Explorer6〜8のためiPhoneのMobileSafariでは正しく表示、操作できないので「モバイルモード」を利用することになります。docomo IDとワンタイムパスワードでログインし、パスワードを決めます。セキュリティを強化するためにログインの都度ワンタイムパスワードの発行を指定できますが、この方法を指定してしまうと以下で説明するサードパーティ・ベンダーの転送サービスが利用できなくなりますので注意してください。
※料金は2010年8月18日時点の同社ホームページ記載の金額です。

iモード.netのホームページ(モバイルモード)
IMG_0003

受信Inbox
IMG_0004

モバイルモードではあるもののMobileSafariに最適化されているわけではないため文字サイズは小さく、ピンチインして拡大しなければならなかったり、添付した画像を開くことができないなど、いまのところ「ないよりはマシ」程度のもののようです。このような使い勝手の悪いメールの受信確認に都度MobileSafariを起動してIDとパスワードの入力が必要なんて…
※絵文字やデコメは利用できません。

iモードメールの転送サービスに登録する
携帯秘書 モバセク を利用するといろいろなサービスを受けることができます(このサービスはNTTドコモとは関係ないサードパーティ・ベンダーが提供しています)。たとえば、iモードメールで受信すると、ユーザが予め指定したアドレスに転送してくれるばかりでなく、転送先のアドレスから直接返信してもiモードメールのアドレスを差出人にして返信することができるようになります。

つまり、iPhoneでMobileMailでGmailを使っているのであれば、iモードメールをGmail宛に転送できますし、開封したメールにそのまま返信すると相手にはiモードメールのアドレスから返信されたように見えます(実際にドコモ経由で送信される)。新規作成して送信も可能なようです(なんどか試しましたが成功していません^^;出来ました。少しクセがあるので自分が間違っていただけでした)。「iモードメール転送」サービスは現在ベータ版のため無料(ただし広告あり)で提供されていますが、将来の正式版移行時には有料会員(月額315円・税込)への登録が必要となるとのこと。
※料金は2010年8月18日時点の同社ホームページ記載の金額です。
※新規作成メールをiモードメールのアドレスを差出人にして送る方法について同社のサポートに問い合わせたところとても親切に教えてくださいました。

モバセクの転送サービスを設定する
設定は非常にカンタンでした。ログイン後「iモードメール転送(ベータ版)を設定」から「iモード.netの設定」でiモードメールのアドレスと、docomo IDとパスワードを入力します(サードパーティ・ベンダーに情報を渡すことに抵抗がある場合はこのサービス利用はおすすめしません)。次に「メール転送先(パソコン)の設定変更」で転送先のメールアドレス(例:GmailやMobileMe)を設定し、受信確認も可能です。転送設定では転送頻度や受信フィルタを細かく設定できます。

iPhoneにプッシュ通知させる
今、iPhoneで新着メールでプッシュ通知を利用しているのであれば、そのアドレスをモバセクの転送先に設定するだけです(例:一番上の画像はPushMailを利用したアラート表示)。またはi.softbank.jpなどを設定しても良いかもしれません。受信したものにそのまま返信することでiモードメールのアドレスを差出人にして返信が可能ですし、下の画像のようにプッシュ通知で受信を画面にアラート表示してくれます。遊休状態のアドレスの有効活用にもなるかもしれません。

モバセクの転送先にi.softbank.jpを設定しiモードメール受信をプッシュ通知したところ
i-softbank-jp-push

最後に
私はSoftBankを東京デジタルホンの時代から利用していましたが、わけあってドコモに乗換え、その後iPhoneを購入しメインとして使用していますが、モバイルSuica等の電子マネー機能が手放せずドコモ端末との2台持ちが続いています。ドコモ端末は通話やメール機能はほとんど使わない状態ですが、たまにメールを受信することがあってもそのまま放置していたりします。このサービスを使うとそういうウッカリもなくなりそうです。

念のためですが無料版で自動挿入される広告は健全な青少年の育成を促すような内容が多いようですから留意が必要です。[追記]新規作成で送信するメールの場合は「お仕事をはやく元気に 携帯秘書モバセク http://mobaseku.net」という広告が文末に入るだけですから相手方に変な広告が入ることはないようです。

続きを読む [UPDATE3]iPhoneにドコモのiモードメールの受信をプッシュ通知する方法