タグ別アーカイブ: JailBreak

SIMロックフリーiPhone5(ドコモnano-SIM)でLTEスイッチを出す方法[要JailBreak]

IOS6.1 docomo LTE

SIMロックフリーiPhone5(GSM A1429)はiOS6.1よりドコモLTE(Xi)を掴まなくなりましたが、JailBreakすることにより可能となりました。上記のようにLTEスイッチも出るようになります。

続きを読む SIMロックフリーiPhone5(ドコモnano-SIM)でLTEスイッチを出す方法[要JailBreak]

【JBer限定】NitrousでWebViewアプリを超高速化

いままでなかったのが不思議なくらいのJailBreak tweakです。@xxSANTAxx さんが紹介してくださったのを読んで、Cydia Storeから速攻インストール($0.99)してみました。いくつかのアプリで検証してみました。WebViewアプリ全般が高速化されますが、特にWebページを読み込むRSSリーダー系アプリは効果テキメンです。

Nitrous – Chromeも高速に!JavaScriptエンジン「Nitro」をSafari以外でも! [JBApp] | Tools 4 Hack
iOSでは4.3からJavaScriptエンジン「Nitro」が搭載され、Web等の実行速度を高速にしています。 ただし! ブラウザではiOS標準のSafariのみでしかNitroは使うことが出来ず、AppStoreからインストール出来るアプリでは使うことが出来ませんでした。このため、純粋にJavaScriptの実行速度で比較してみるとNitroが使用できるSafariに比べ、使用不可なChrome等のそれ以外のアプリでは約4倍ほど遅い結果になってしまっています。 …

続きを読む 【JBer限定】NitrousでWebViewアプリを超高速化

[UPDATE2]iPhone4SをAbsintheを使ってJailBreakした話

A5チップを搭載したiPhone4SとiPad2のUntethered JailBreakが可能になったとのことで試してみました。JailBrak自体は違法ではありませんが、何らかの不具合が生じてもAppleやキャリアのプロテクションプログラムの対象外となる可能性がありますのでご注意ください。

既にいろんなサイトで紹介されていますのでとりたてて新しい情報はありませんが参考になればということでまとめました。 続きを読む [UPDATE2]iPhone4SをAbsintheを使ってJailBreakした話

iPhoneマップのあのイライラを解消する HeadingLock for Maps【iPhone JB】

iPhoneやiPadのマップは本当に便利ですよね。スマートフォンがもたらした新しい世界の一つだと思います。ピンポイントの場所検索はもちろんGPSを使えば現在地から目的地までのナビも可能です。さらに電子コンパスを組み合わせると自分がどちらの方角を向いているかわかるので、より確実に最短距離で目的地へ向かうことができます。 続きを読む iPhoneマップのあのイライラを解消する HeadingLock for Maps【iPhone JB】

ドコモ音声SIMを使ってiPhone4のFaceTimeをアクティベーション出来た【iPhone JB】

以前、日本通信のプラチナSIMを使ってSIMロックフリーiPhone4(香港版)でFaceTimeのアクティベーションが出来なかったことをエントリ(日本通信のプラチナSIMでiPhone4のFaceTimeはアクティベーションできないのか?)にまとめましたが、ドコモ音声SIMを使ってアクティベーションすることができました。GALAXY S2購入時にMNPで日本通信からドコモへ回線を移したので実験してみました。

SIMロックフリーのiPhone4をJailBreakする、あるいはソフトバンクのiPhone4をJailBreakしてSIMロックを解除することが前提となっていますので、そこまでやってるユーザなら自己責任の意味をご存知のことでしょう。ということで試す場合は自己責任でお願いします。

iPhone4の状態

SIMロックフリーiPhone4(香港版)にiOS4.3.3を入れてJailBreakMeを使ってJailBreakした状態です。JailBreakが必要な理由には二つあります。まず、carrier.plistにあるFaceTimeのアクティベーションに必要な国際SMS送信先をデフォルト状態から変更しなければなりません。そして、編集を加えた署名なしのcarrier.plistを認識させるためにはCommCenter Patchを当てなければならないからです。

準備

Cydiaのレポジトリに cydia.iphonemod.com.br を手動で追加するか、Sections にある Repositories から iPhoneMod Brazil をインストールし、CommCenter Patch for 4.1.X (1,2 and 3) 4.3.X-4 をインストールします。carrier.plistをiPhone上で編集するために iFile もあると便利です。ドコモ音声SIMは /System/Library/Carrier Bundles/iPhone/Unknown.bundle/carrier.plistをロードします。編集前に念のためバックアップしておきます。

carrier.plistの編集

iFileのテキストビュアー機能を使ってからcarrier.plistを開き、PhoneNumberRegistrationGatewayAddressキーの番号を次の通り変更して保存します。適用するためにリブートします。

<key>PhoneNumberRegistrationGatewayAddress</key>
<string>+447860015000</string>

FaceTimeをアクティベーションする

設定画面から電話を選択し、FaceTimeのトグルをオンにします。「ご利用の通信事業者により課金される場合があります」と出ますのでOKボタンをタップ。国際SMSを送信するためドコモから50円(1通)課金されます。アクティベーション出来ないからといって何度もトグルをオン/オフしますと、SMS利用料金はパケット定額プラン対象外なので思いがけず高額な請求を受けることがありますので注意してください。

iphone4,facetime,docomo,sim

iphone4,facetime,docomo,sim

すると、「アクティベーション中です… 」と表示が変わりますので、そのままアクティベーションを待ちます。

iphone4,facetime,docomo,sim

日本通信のプラチナSIMでは待てど暮らせどアクティベーション出来ないばかりか何度も国際SMSを送信してしまったために高額なSMS使用料の請求を受ける憂き目に遭いましたが、今回は1分も待たずに一発であっさりとアクティベーションが完了しました。FaceTimeのトグルがオンになり「お使いの電話番号はFaceTimeの相手に表示されます」に変わります。

iphone4,facetime,docomo,sim

実際にFaceTimeしてみよう

早速、FaceTimeをしてみました。クマさんからくまさんへ。問題なく実施できました。

iphone4,facetime,docomo,sim

iphone4,facetime,docomo,sim

carrier.plistの編集が面倒な場合は、Cydiaからリリースされているmaruo98氏のNTTdocomo Carrier bundle 1.2-1(レポジトリ”http://peaboo.net/apt/”を追加)を使うと良いでしょう。FaceTime以外にも接続先のAPN、ロゴやボイスメール、テザリング等の設定があらかじめ用意されています。
※音声SIM用とデータ定額SIM用のbundleファイルがあるようですから選択時には注意してください。

iPhone4のためのcarrier.plistを自作する

SIMロックフリーのiPhone4を使っているといろいろなSIMカードで試してみたくなるものです。しかしSIMカードを入れ替える都度にAPN設定などは非常に手間ですから、これをSoftBankの黒SIMを入れたときのように各種設定を自動認識してくれるようにする方法です。

SIMロックフリーのiPhone4を購入し、かつJailBreakするユーザであれば自己責任という言葉をご存知かと思います。このエントリの内容は無保証です。*日本国内のSoftBank用にSIMロックされたiPhone4では確認していません。

キャリア設定ファイルはどこにあるのか

オフィシャル・キャリア・パートナー(SoftBankやat&tなど)のキャリア設定ファイルはiOSに実装されています。 /System/Library/Carrier Bundles/iPhone/に各キャリアのディレクトリがあり、同じ場所にシンボリックが設定されたPLMN(MCC/MNCを組み合わせ)コード名のディレクトリがあります。iPhone4にSIMカードを挿すと、PLMNコード(例えばドコモや日本通信は44010、SoftBankは44020)を認識し、Carrier Bundles以下にある設定ファイル(carrier.plistなど)をロードします。設定ファイルにはAPN設定やキャリアロゴ等の情報が記載されています。

ドコモや日本通信の設定ファイルはどうなっているのか

ドコモや日本通信はこの設定ファイルが用意されておらず「その他不明」という扱いをされてしまうのでUnknown.bundleがロードされます。その他不明なSIMはAPN設定やキャリアロゴ表示情報が用意されていませんので、ドコモSIMやプラチナSIMを入れ替える都度、たとえばAPN情報は設定.app>一般>ネットワークから自分で入力しなければなりません。

ドコモや日本通信もSIMカードを挿して自動設定させたい

設定ファイル(carrier.plist)にアクセスするにはJailBreakしなければなりません。iPhoneのデータ通信を司るCommCenterはサインなしのcarrier.plistを認識しないため、Cydiaにレポジトリ(http://cydia.iphonemod.com.br)を追加して、iOSバージョンに対応したCommCenter Patchを適用する必要があります。

日本通信のtalking b-microSIMプラチナサービスのcarrier.plistを自作する

必要な設定ファイルと格納場所を作ります。手っ取り早く作るにはUnknown.bundleにあるcarrier.plistをベースにします。その他、version.plist、info.plistも母艦にコピーします。母艦でProerty List Editor等を使って、carrier.plistにAPN設定とキャリアロゴ表示、FaceTimeアクティベーション(成功事例は未確認)に必要な情報を追記します。info.plistは必要に応じて変更します。作業の前には必ずバックアップをとりましょう。

サポートSIMに日本通信(ドコモFOMA網)のPLMN(Public Land Mobile Network)コードを追記します。Unknown.bundleのcarrier.plistにはオフィシャルサポートするキャリアのPLMNコードが全て記載されていますので、その最初でも最後でも構いませんので追記します。

<key>SupportedSIMs</key>
<array>
<string>44010</string>
</array>

FaceTimeのアクティベーション関係

<key>PhoneNumberRegistrationGatewayAddress</key>
<string>+447860015000</string>
<key>RegistrationOptInRequired</key>
<true/>

設定内容の詳細は、”日本通信のプラチナSIMでiPhone4のFaceTimeはアクティベーションできないのか?“をご参考まで。

キャリアロゴ表示関係

<key>StatusBarImages</key>
<array>
<dict>
<key>AllowPrexMatching</key>
<false/>
<key>CarrierName</key>
<string>NTT DOCOMO</string>
<key>DefaultImage</key>
<string>Default_CARRIER_NTTdocomo.png</string>
<key>FullScreenOpaqueImage</key>
<string>FSO_CARRIER_NTTdocomo.png</string>
<key>StatusBarCarrierName</key>
<string>NTT DoCoMo</string>
</dict>
</array>

キャリアロゴについて、詳しくは”iPhone4/iOS4.3.Xにドコモのキャリアロゴを表示する方法【iPhone JB】“をご参考まで。

APN設定関係

<key>apns</key>
<array>
<dict>
<key>apn</key>
<string>dm.jplat.net</string>
<key>password</key>
<string>bm</string>
<key>type-mask</key>
<integer>1</integer>
<key>username</key>
<string>bm@ios</string>
</dict>
<dict>
<key>apn</key>
<string>dm.jplat.net</string>
<key>password</key>
<string>u300</string>
<key>type-mask</key>
<integer>48</integer>
<key>username</key>
<string>u300@ios</string>
</dict>
<dict>
<key>apn</key>
<string></string>
<key>password</key>
<string></string>
<key>type-mask</key>
<integer>0</integer>
<key>username</key>
<string></string>
</dict>
</array>

type-maskについて補足しておきますと、この数字には意味があります。
 0:無効
 1:データ通信
 2:ビジュアルボイスメール
 4:MMS
 48:テザリング

プラチナSIMの場合は、データ通信とテザリングのAPNが分かれていますので、それぞれのtype-maskについて”1″と”48″を設定します。これがSoftBankの黒SIMは”7″ですから、smile.worldには「1:データ通信+2:ビジュアルボイスメール+4:MMS=7」という設定が割り当てられていることがわかります。この時、APN側が対応していない組み合わせを指定してしまうと設定内容は無効になりますので注意してください。

Unknown.bundle以外で使用する場合はinfo.plistの修正も必要になります。info.plistをProperty List Editor等で開いてCFBundleExecutableキーを”Unknown”から適当な名称(例:bmobile)に変更します。またCFBundleIdentifierを”com.apple.Unknown”を”com.apple.bmobile”等に変更します。

iPhone側の準備をしてファイルをアップロード

carrier.plistの編集が完了したら、設定ファイルを格納場所をiPhone側に作ります。Unknown.bundleで構わない場合は、/System/Library/Carrier Bundles/iPhone/Unknown.bundleにcarrier.plitを戻します。

Unknown.bundle以外で自作する場合は、/System/Library/Carrier Bundles/iPhone/にinfo.plistで修正したバンドル名を使用したディレクトリを作ります。上記の場合だと”bmobile.bundle”と、”.bundle”を付けるのを忘れないでください。このディレクトリにcarrier.plist、version.plist、info.plistをアップロードします。

※キャリアロゴを変更する場合は、必要に応じて画像ファイルもアップロードします。

そしてPLMNコード(44010)でUnknown.bundleまたは自作したディレクトリ(bmobile.bundle)にシンボリックリンクを設定します。

適用されているかどうかを確認する

リブートして作業は完了です。これで差し替える都度、APN設定する必要がなくなりました。ただしく反映されない場合は、iFile等で/var/mobile/Library/Carrier Bundles/を確認します。正しく認識されていれば、Unknown.bundleまたは自作したディレクトリにシンボリックリンクされています。

/var/mobile/Libraryに”Carrier Bundle”がない場合は、CommCenter Patchが適用されていない、info.plistで指定したCFBundleExecutableやCFBundleIdentifierの名称とディレクトリの不一致、PLMNコードのシンボリックが正しくないなどが考えられます。/var/mobile/Libraryに”Carrier Bundle”があるが、正しく反映されない場合は、carrier.plistの中身に誤りがある可能性があります。

ちなみに、Cydia(”http://peaboo.net/apt/”レポ追加)からリリースされている”NTTdocomo Carrier bundle”をインストールしてAPN設定を追記すれば同じ作業の効果があるように思いますが未確認です。

なお、carrier.plistの設定内容については以下のサイトが大変参考になると思います。
Carrier.plist – The iPhone WiKi
Carrier Bundle – The iPhone WiKi

  

Posted from DPad on my iPad2

日本通信のプラチナSIMでiPhone4のFaceTimeはアクティベーションできないのか?

iPhone4の一つの売りであるFaceTimeは全てのキャリアに対応している訳ではありません。たとえば日本通信はtalking b-microSIMプラチナサービスで提供するmicroSIMではFaceTimeを利用できないとしています。一方でドコモSIMを使ってFaceTimeをアクティベーション出来た方([続] DoCoMo + FaceTime – nunnun’s weblog)もいらっしゃるようですから、もしかしてとプラチナSIMを使って実験してみました。結果は大失敗でした。失敗は成功の母、ということで失敗談を報告します。

SIMロックフリーのiPhone4をJailBreakする、あるいはソフトバンクのiPhone4をJailBreakしてSIMロックを解除することが前提となっていますので、そこまでやってるユーザなら自己責任の意味をご存知のことでしょう。ということで試す場合は自己責任でお願いします。

FaceTimeをアクティベーションするには
iPhone4の場合は国際SMSを使います。従って国際SMSを送信できないキャリアはアクティベーション出来ないことになりますが、ドコモと日本通信は対応しています(1通50円)。たとえば、ソフトバンクのSIMを使うと設定.appから電話を選択し、FaceTimeのトグルを確認するとオンの状態になっています。オフの場合は、オンにすると「アクティベーション中です…」から「お使いの電話番号はFaceTimeの相手に表示されます」と変わるはずです。

IMG_0001

国際SMSの送信先を変更する
Appleのキャリアパートナーと同じ送信先に国際SMSを送信してもアクティベーションできないとのことで、これを変更する必要があります。自分のキャリアが使っているcarrier.plistに以下を追記します。

<key>PhoneNumberRegistrationGatewayAddress</key>
<string>+447860015000</string>
< key>RegistrationOptInRequired</key>
<true/>

因みに北米以外のキャリアパートナーの送信先は”+447786205094″に設定されています。RegistrationOptInRequiredは国際SMS送信前の最終確認をするかどうかの設定です。trueの場合は次のように確認のポップアップが出ます。

IMG_1154

日本通信のプラチナSIMで何が起きたか
残念ながら「アクティベーション中です…」のまま成功せずに次のように「アクティベートできませんでした。FaceTimeをオンにしてやり直してください」と出て失敗します。直ぐにこのメッセージが表示されることもあれば、1時間放置しても「アクティベーション中です…」のままのこともありましたが、何度やってもダメでした。ドコモ以外のキャリアでも海外サイトで成功例が紹介されていたので期待していたのですが、残念ながらうまく行きませんでした。日本通信のMVNOがダメなのか、Appleがこの番号のアクティベーションを止めたのか失敗の原因は全くわかりません。

IMG_1156

最後にオチがありまして日本通信の月額使用料で国際SMS送信料金が請求されてしまいました。通信明細を見ると128回×50円で6,400円。覚悟はしていましたが、ポップアップ表示は出ても実際に国際SMSが送信されていたかどうか確信がありませんでしたので本当に請求されてしまうのかは半信半疑。でもこれで送信自体は成功していたことが証明された訳です。ご自分で試されたい方は是非ご注意を。

iPad2やiPod touch 4GはApple IDがあれば簡単にアクティベーションできますのでiPhone4もこの方法にしてもらいたいものです。Wi-Fi環境下でしかできないFaceTimeのアクティベーションになぜキャリアの国際SMSが必要なのかがわかりません。いやいや、そもそもFaceTimeを使うのかというツッコミはあると思いますが。

もし日本通信のSIMを使って出来たという方がいらっしゃればぜひご一報をお願いします。

Posted from dPad on my iPad2

[UPDATE1]iPhone4/iOS4.2.1にドコモのキャリアロゴを表示する方法【iPhone JB】

iPhone4/iOS4.2.1にてドコモSIMまたは日本通信SIMを入れた場合のキャリアロゴ変更について確認できましたのでご報告です。(情報提供Thx 8888さん、docomoでiPhone4さん)なお、SoftBank SIMカードの場合、この方法では変更できませんので注意してください。

00docomo-ios421

01docomo-ios421

参考エントリ

注意喚起情報
JailBreakされたiDeviceはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となります。また、JailBreakはアップル社のセキュアな環境を無効化するため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

JailBreakとその危険性については詳細に説明されているサイトがありますので是非確認してください。をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

まずJailBreakされたiPhone4/iOS4.2.1を用意します。以降の設定にはiFileを入れておくと便利です。

Cydiaにレポジトリ”cydia.iphonemod.com.br”を追加し、”Wortel’s CommCenter Patch 4.2.1-2″をインストールします。サインなしのipccやcarrier bundlesを認識することが可能になります。

05docomo-ios421

つぎに、Cydiaのパッケージからdocomoのキャリアバンドルをインストールします。Cydiaにレポジトリ”http://peaboo.net/apt/”を追加し、maruo98氏作の”NTTdocomo Carrier bundle 1.1-1″が出てきますのでインストールします。

NTTdocomo Carrier bundle1.1-1

NTTdocomo Carrier bundleにはRetina対応の@2x画像が用意されていますのでそのままでもよいのですが、やはり懐かしいアンロックされたドコモのロゴに入れ替えることにしました。作業は終了です。リブートすると反映されます。今のところ電話もデータ通信も可能ですし、さらにリブートしても設定が消えたり、差し替えたロゴが反映されないような不具合は出ていません。

なお、アンロックdocomoキャリアロゴについては例によって配布できませんのでご理解のほどおお願いいたします。

当ブログを参考に、iOS4.2.1にCydiaにある”NTTdocomo Carrier bundle 1.0.0″を入れて、iFile等でdocomo_jp.bundleを移動して適用された方へ
maruo98氏が独自リポジトリにiOS4.2.1対応バージョンをリリースされていました。これを適用する前にCydiaからインストールしたキャリア・バンドルをアンインストールのうえ、iFile等でdocomo_jp.bundleと44010を削除してください。

【参考】
iOS4.2.1からは保管場所の前にiPhoneディレクトリが入るようになっています(赤字部分)。iPadの場合はこのディレクトリがiPadとなります。
/Systems/Library/Carrier Bundles/iPhone/

続きを読む [UPDATE1]iPhone4/iOS4.2.1にドコモのキャリアロゴを表示する方法【iPhone JB】