『Galaxy S7 edge』を購入して約3か月使ってみて良いところ使いにくいところ

CIMG0561

今年6月初旬に購入し、約3ヶ月使用したサムソン製のドコモ『Galaxy S7 edge』をレビューしたいと思います。Samsung製はGALAXY S2(SC-02C)以来なので約5年振りです。

購入した理由

台湾HTCを贔屓にしてきましたがHTC10が防水機能無しという点に落胆。海外で一足早く発売された『Galaxy S7』、エッジディスプレイ採用の『Galaxy S7 edge』のスペックと評判の良さから購入することにしました。

サムスン、4–6月は過去2年間で利益最大 ギャラクシーS7販売好調 – WSJ
http://jp.wsj.com/articles/SB11625300680616714172704582216092327449150

本当は小型(といっても5.1インチ)でエッジディスプレイではない『Galaxy S7』が良かったのですが残念ながら日本では発売されないモデルになったようです。

スペックや特長

主なスペックや特長は以下のドコモとサムソン公式サイトの通りです。

Galaxy S7 edge SC–02H | 製品 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc02h/

Galaxy S7 edge | スマートフォン | Galaxy
http://www.samsung.com/jp/product/galaxy-s7-edge/

以下、感じたことを。

ホームボタンと指紋認証

Android端末には物理的なホームボタンがない端末が多くありますが、(iPhoneに慣れてるためでもありますが)スリープ解除時やホーム画面に戻る場合には物理キーのホームボタンがあった方が違和感がありません。その点、Samsung製は貴重な存在。

CIMG0568

ただし、指紋認証はiPhoneのTouch IDと比較すると断然使いにくい。ホームボタンが長方形で高さがないせいか、iPhoneと同じ感覚でロック解除しようとすると結構な頻度で指紋を認識してくれません。指をしっかりと正面から押し当てる必要があります。通知も確認できないような爆速スリープ解除とはいかないようです。

先進の機能を搭載

  • スリープ状態を解除しなくても時計やカレンダーを確認できる『Always On Display』は省電力の有機ELディスプレイだからできること。表示内容はカスタマイズが可能です。
  • フロントカメラで顔を認識しユーザが画面を見ている間はディスプレイをオンにしたままにする『スマートステイ』は長文記事を読む時に端末が勝手にスリープ状態に移行するのを防ぎます。ただし寝そべっている時には認識してくれない?かもしれません。
  • ワイヤレス充電対応。micro USBポートの抜き差しが不要で載せるだけで充電してくれるので本当に快適です。

CIMG0565

カメラ性能

各レビュー記事で言われていることですがカメラはスゴいです。F値1.7の明るいレンズ。またピクセルサイズを大型化することで受光面積を拡大。サンプルはありませんが、とにかくキレイです。

約0.7秒での高速起動や、ホームボタン2度押しでどこからでもカメラ起動できるのが嬉しい。

防水・防塵(IPX5/IPX8、IP6X)

ランニングを始めてから初夏にさしかかる6月。それまでiPhoneでも問題なかったランニングでしたが、異様に汗をかくようになり手持ちの薄くて軽いウェストポーチではスマートフォンがビッショリと濡れるし、汗をかいた手で操作してしまうので防水端末が必要になりました。

CIMG0573

キャップレスはありがたい。さらに汗で濡れた手で操作してもしっかりと反応してくれる。これは本当に素晴らしい。

デュアルエッジスクリーン

画面両端がカーブして背面カーブと相まって画面サイズ(約5.5インチ)の割には持ちやすくなっています。ベゼル幅も狭くなっているので本体自体の小型化にも貢献しているものと思います。

CIMG0570

また、このエッジスクリーンを利用したエッジパネルの機能はこの端末独自のものです。画面右端の所定の場所をスワイプするとどこからでもアプリのショートカットや天気、コンパスなどを呼び出すことができる機能です。

CIMG0558

約3ヶ月使ってみて・・・この機能は全く使いませんでした。というよりもむしろ誤爆することがあるのでジャマな感じ。設定画面からオフにすることもできます。

それからコレが結構深刻な問題ですが、片手で持った時に掌がどうしてもエッジ部分に触れてしまいますが、これが「タップ&ホールドの状態」と認識されてしまうことがあります。スワイプしても反応しない、逆に何もしていないと思ってるのに画面がスクロールしてしまうこともあります。

CIMG0569

こういうのがイヤだったのでGalaxy S7(無印)が良かったのですが・・・店頭で触っただけでは頻発しない問題も、ベッドで寝転んだり等、いろんな場面で使い込んでみるとやはりという感じでした。

メニューボタンと戻るボタン

サムソン製はメニューボタンと戻るボタンが他社製品と逆であることは知られていますが、割と直ぐになれますので問題ありません。困るのは筐体最下部の低い高さのベゼル部分にホームボタンとメニュー、戻るボタンが一直線に並んでいるということ。

CIMG0571

左手から右手に持ち変えたり、ホームボタンに触れるのを避けて持とうとした場合にメニューボタンや戻るボタンを触ってしまうことがしばしば。場所的に親指が触れると力の入る場所。

特に困るのがカメラかもしれません。ランドスケープで構えるために90度回転させた時につい触ってしまうことがあるので、カメラの起動自体は早いものの、シャッター切る状態に戻すのに手間取りストレスになることがあります。

ドコモ仕様

Androidは色々とキャリア仕様ではありますが、驚いたのはバックカバーです。端末の裏側にシールで型番(SC–02H)、IMEI、S/N情報が貼り付けてありました。せっかくのデザインも台無しです。久しぶりにキャリアからAndroid端末購入したのでこういうものかもしれませんが。

CIMG0562

このシールがなかなか頑丈で自然に剥がれるのを待っていますが今の所まだその気配はありません。写真では見えませんが、シールとは別にIMEI情報がボディ裏に直接印字されていました。

最後に

悪いところを強調した内容になってしまいましたが、サクサク動いたり、画面が綺麗という基本部分やカメラ性能、先進的機能の取り入れなどを考えると総合的には良い端末だと思います。

ただ、デュアルエッジスクリーン、メニュー・戻るボタンの配置、はちょっと誤爆が多いのでなんでもないような部分でストレスを感じることがあるのも事実。iPhoneに慣れているからなのかもしれませんが。