[UPDATE1]Kindle3の自作シリアル接続アダプタを作ってみた

Kindle3のシリアル接続は既に端子が発見されていました。rootで入る方法があるようですが、わたしにとっては非常に敷居の高いややこしい方法としてMobileReadのフォーラムで紹介されていました(シリアル接続からubootで入りメモリの0x84000000エリアにブートイメージをアップロードする方法)。その前にシリアル接続を簡単にする自作アダプタができたので作り方を備忘録的にまとめました。

注意喚起情報
メーカ保証対象外となるリスクがあるほか、故障の原因となる可能性があります。

シリアル接続アダプタの作り方
Kindle3 WIFI版を分解の巻のとおり、シリアル接続用の端子はライト付カバーの給電コネクター部分にありますので、Kindle2と違って外部から接続端子にアクセスすることができます。この場所に挿し込むアダプタを作ります。


IMG_0233

材料は次のとおりです。
・エクステンション基板ICB-072(サンハヤト、1.25mmピッチ)
・SIMカードホルダー(SIMカード取り外し後のもの)
・リード線
・両面テープ


IMG_0237

エクステンション基板は秋葉原の千石電商にて770円(税込み)で購入しました(作業した結果1.27mmピッチの方がフィットするような気がします)。接続端子4本のうちシリアル接続は3本ですから、3本分だけ切り取ります。穴の方にリード線を半田付けします(我ながら仕上げがキタナイ(涙))。

これをサポートするための台座としてSIMカードホルダーをハサミで切り抜きます。厚さが0.6mmでちょうどよく強度と加工しやすさからこれを使いました。プラ板は手元に0.5mmのものがありましたが、差し込んでも緩んでしまいバネ板にうまく当たらず接触が悪くなりましたので却下しました。

台座にエクステンション基板を接着する前にKindle3本体左下のライト付きカバーの給電コネクタの穴に出し入れしながらフィット感を確認します。同時にUSBシリアル変換モジュールに接続して、エクステンション基板がそれぞれKindle3側のTX/RX/GND端子にうまく当たって認識しているかも確認します。

問題ないようであれば両面テープで台座とエクステンション基板を接着します。接着剤を使用してもよいと思いますが、あまり厚みが出てしまうと挿し込んだ時に窮屈になってしまいますので注意してください。


IMG_0236

絶縁処理をしようとテープを一旦巻いたのですが、窮屈すぎて外してしまいました。これから自作される方はその辺も踏まえて台座の厚さや幅を考えていただいたほうが良いと思います。

Updated on October 17, 2010 —
その後、改良版を作成していますので追記いたしました。アダプタの形状を差込口の幅にあわせていましたが、Kindle側の端子とアダプタ側端子の接触を安定させるためにT字型としました。

Kindle3側のシリアル端子のピッチとアダプタ側のエクステンション基板のピッチが微妙にあわないので、ちょっと斜めに入ったりするだけで接触できなかったり、本体を持ち上げた拍子にズレてしまい接続が途切れる場合があり不安定でした。これをT字型にすることで非常に安定するようになりました。さらに、エクステンション基板の絶縁と固定・強度補強を兼ねて絶縁テープを施しています。


DSC00030

続きを読む [UPDATE1]Kindle3の自作シリアル接続アダプタを作ってみた

[UPDATE3]iPhone4を日本通信のtalking b-microSIMで使ってみた

日本通信がSIMロックフリーのiPhone4向けに提供を開始した”talking b-microSIMプラチナサービス“を使ってみました。まだ休日の日曜日、平日月曜日の2日間だけですが使用した感想をまとめてみました。なお、今回はMNPではなく新規加入として申込みました。


iPhone4+bmobile

おことわり
様々な要因によりその結果は異なります。また電波の受信エリアや強度についてはわたし個人の主観に基づくものです。

アンテナ・キャリアロゴの表示
日本通信が提供する一部のSIMカードではアンテナが表示されない事象もあるようですが、talking b-microSIMは問題なく表示されます。キャリアロゴは”NTT DOCOMO”のテキスト表示です(写真はハメコミ合成です)。

SMS/MMS
SMSは相手がドコモユーザなら問題なくできます。当然ですが相手がソフトバンクの場合はできません。MMSについては日本通信の発表どおり非対応です。

FaceTime
日本通信の発表通り非対応です。

GPS
特に問題ありません。現在地の捕捉もソフトバンクと同様でした。

電波の受信エリア
総じてソフトバンクよりも改善した印象です。特に自宅の住居内では圏外にもなってしまう不安定な場所でも4〜5本立つようになりました。逆のパターンは今のところありません。

電波の受信強度
受信エリアと同様に総じてソフトバンクよりも改善された印象ですが、場所によっては日本通信の方がアンテナ本数が少ないところもありました。

データ通信の速度
AppStoreのSpeedtest.netというアプリを使って自宅住居内、朝夕の通勤電車内、山手線駅ホーム、ヨドバシAkiba店内で最低でも連続5回計測しました。下りは700kbps前後で非常に安定していますが、ごく稀に200kbps程度の時もあります。上りは100kbpsもない場合もあれば1Mbpsを超える場合もありかなりバラツキがあります。

talking b-microSIMはテザリングを除いては他のSIMと異なり帯域制限しないはずですが、アプリ毎にチューニングしているような発表があったと記憶しています。Speedtestアプリだから700kbpsなのか、700kbpsの帯域制限をしているのかはわかりません(日経の検証記事によるとSpeedtest Xというアプリで下り1.8Mbps出ているようです)が、十分な速度で繋がりやすい環境が提供されているのでソフトバンクよりも快適であると感じることができます。

参考:日経Web ドコモ回線で使える「iPhone4」 通信速度や領域試す
※測定環境はもちろんのこと通信速度測定アプリによっても測定結果に開きがあるようです。

テザリング
テザリングするためには、設定>一般>ネットワークからモバイルデータ通信ネットワークを選択し、「インターネットテザリング」項目のAPN設定が必要となります。日本通信から送られてくるキットにテザリング専用APNが記載されていますのでママ入力します。自宅住居内で計測(gooスピードテスト、Windows7 Home Premium)したところ280kbpsという結果で、日本通信の公表どおり300kbpsに制限されているようです。あまり自分の利用環境においてテザリングの需要がないのですが、常用はできないでしょうから緊急避難的な位置付けと思います。

アプリの使用感
Twitterクライアント、Mail、Safari、カレンダー、ToDo、YouTube、マップ、AppStore等など、下り700kbps程度ですが全く気になりません。むしろ、ソフトバンクで見られるような通勤電車や駅ホームなどの人が集まる場所で発生しやすいパケ詰まり(電波は受信エリア内にあるがパケットが落ちて来ない症状)がほとんどありません。最高速度は抑えられていますが、安定したスピードとつながりやすさから快適であると感じることができます。

さいごに
各種媒体や製品カタログには「下り最大7.2Mbps」の売り文句が強調されているのを見かけますが、「ベストエフォート方式であり電波の受信状況や混雑の状況により異なります」のような注釈がつきます。実測すると1〜2Mbps程度であり、最大速度には程遠い数値だったりします。そのうえデータ通信が不安定でパケ詰まりが発生する状況ではなおさら満足度は低下していくのではないでしょうか。

安定性を犠牲にしたスピード重視か、スピードを犠牲にした安定性重視か。後者に目をつけたのが日本通信だと思いますが、スピードを犠牲にしたというよりはスピードを抑えて安定性と両立させた快適な環境を追求したと言うべきでしょうか。すばらしいアイディアだと思います。

2年縛りや解約違約金が発生しませんので興味本位で新規契約として申込んでみましたが、諸々の課題はあるものの、いずれいまのメインをMNPで移行することも選択肢として検討する価値があるかもしれません。