iPad 3G US版/iOS3.2.2をLimera1nでJailbreakしたまとめ

iPad WIFI+3G US版(iOS3.2.2)を昨日(2010年10月10日)リリースされたLimera1n RC1 Beta2を使ってJailBreak出来たので備忘録です。環境によって出来ない方もいらっしゃるみたいですから、文鎮化した場合に備えて記録しておこうと思います。

注意喚起情報
以下に紹介する方法はJailBreakが必要になります。JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となってしまいます。また、JailBreakはアップル社の施したセキュアな枠組みを無効化することになるため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。さらに、JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchにAppStore以外で配信されるアップル社が承認していないサードパーティー製のアプリケーションをインストールする行為は、その安全性が保証されておらず悪意のあるプログラムが混入している可能性もあり、未知なる危険を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

JailBreakとその危険性についてはこちらのサイトで詳細に説明されていますので是非確認してください。
をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

普段はMacBookを使用しておりますが、Limera1nはWindows版のみのためWindows機も使いました。

  1. まずMacでiPad WIFI+3G版をiOS3.2.2にアップデート(iTunesは10.0.1)
  2. Windows機(Win7)でLimera1nをダウンロードし、デスクトップに保存。
  3. Windows機のiTunesは10.0.1、iPadはUSBハブ使用せずに直挿し。
  4. ituneshelperもそのままなのでiTunes起動状態でLimera1nを実行。
  5. Limera1nの指示通りにHOME、PWRボタンを操作してDFUモードに入れる。
  6. exploiting…
  7. “Done”となりJailBreak終了(次のメッセージ)。iPadの画面は真っ黒。

    limera1n

  8. OKボタンをクリックして閉じる。
  9. Windows機側のiTunesに「リカバリーモードのiPadが見つかりました」のメッセージボックスがでた状態でUSBケーブルを外す。
  10. そのままMac側にUSB接続するとロック画面に復帰。解除するとLimera1nのアイコンが真っ白の状態で出来ています(下の図)。
    ※まだRespringコマンドがないのでリブートまたは言語設定の変更するとアイコンがちゃんと表示されます。


limera1ned

JailBreak完了後の作業

  • Limera1nを実行してCydiaをインストールします。
  • DiskAidでroot領域にアクセスするためにCydiaからafc2addをインストールします。
  • iFileをインストール
  • TerminalはCydia版は実行直後に落ちるのでdeb版をインストール
  • OpenSSHをインストール
  • Terminalからroot/mobileのパスワードを変更
  • /etc/ssh/sshd_configにallow userを追記

諸注意
今のところJailBreak関係アプリ、Tweakは3.2.2に非対応が多いので注意。SystemVersion.plistでフェイクする方法もありますが、どういう不具合が発生するか不明です。

映画『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』を観て


2010-10-11 14.45.01

アイルトン・セナの生誕50年を記念して彼の生涯を過去の映像をもとに制作された映画『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』を観てきました。モータースポーツに興味のない人でさえその名前に聞き覚えがあるはずといっても過言ではないほど、Formula Oneという枠を超えて世界的に愛されたレーシング・ドライバーでした。

彼が1994年5月1日のサンマリノGP決勝においてタンブレロ・コーナーを外れコンクリートウォールに激突してから16年の歳月が流れました。当時、夜中のTV中継で川合ちゃん、今宮さん、三宅アナウンサーの3人が嗚咽を押し殺して、マジョーレ病院で彼の死亡が確認されたことを伝え、今宮さんが「アイルトン・セナはもういませんが、それでもF1は続いていくのです」とコメントしたことを昨日のことのように覚えています。

セナはいろんなモノをわたしたちに与えてくれたし、残してくれました。「感動をありがとう」「勇気をありがとう」みたいな安いっぽい言葉では言い表せません。自分の語彙力のなさを改めて痛感しているところです。

この映画は、レース映像はもちろんのこと、ドライバーズ・ミーティングにおける熱弁の姿、ポディウム裏の表情、パドックでの会話、プライベート映像、仲間や監督へのインタビュー、母国ブラジルのTV番組などあらゆるソースを通して彼の生涯がなんだったのかを語りかけてくれる内容で非常に見応えがありました。

この映画を観ていろいろと評価はあるのでしょう。でも彼を知る人ほど、この映画ではきっと満足しないはずです。なぜなら彼を2時間程度の映画で語ることは不可能なのですから。もしかすると映画と考えるのが誤りかもしれません。わたしは、今日、彼に会いに映画館へいったのです。それだけで満足しています。いつもの彼がそこに居てくれたし、新しい彼にも会えました。16年経っても色褪せることなく彼はわたしの心のなかに生き続けています。そしてこれからも。

※ネタバレする内容や映像や音響・構成等のテクニカル面の感想は後日追記したいと思います。
公式サイト:『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』
公式Twitterアカウント:@SENNA_MOVIE




アイルトン・セナ~音速の彼方へ(字幕版)