iOS10「ホーム」アプリで何ができるのか

iOS10 Home

iOS10の一つの目玉でもある「ホーム」アプリではHomeKit対応のアクセサリを統合管理することができるようになりました。電化製品をiPhoneの一つの画面で集中的に操作することはもちろん、Apple Watchからも指示することが可能になります。

これまではそれぞれのHomeKit対応アクセサリをそれぞれのサードパーティ製アプリに任せていたものを一つの画面に統合されたイメージです。

サードパーティ製アプリの例

これまではHomeKit対応アクセサリを提供する会社が専用アプリも提供していました。これはPhillips社のHue Lightsの例です。

iOS10 Home

こちらはウェザーステーションのNetatmoの例です。

iOS10 Home

これはBelkin社のWeMoです。

iOS10 Home

当然ですが、それぞれのアプリは専用で詳細な情報があるにしても他社のアクセサリを操作することはできません。

iOS10「ホーム」アプリの統合画面

HomeKit対応のアクセサリをiOSデバイスに接続していると自動的に「ホーム」アプリに追加されます。手動で追加することも可能です。

iOS10 Home

iPadだとより家電の操作コンソール感が出てきます。

iOS10 Home

画面下から上にスワイプすると出てくるコントロールセンターにもHomeKit対応アクセサリの状況や操作が簡単に呼び出せるようになっています。ただし「よく使う」として設定した9つに限定されます。

iOS10 Home

iOS9から進化した点

iOS9でもHomeKit対応アクセサリの操作は専用アプリの他にもSiriから操作することはできました。これはHue Lightsを操作する時です。

iOS10 Home

watchOS2からでもSiri経由で操作することができていました。こちらはウェザーステーションのNetatmoから気温を調べる動作です。

iOS10 Home

iOS10 Home

Siriからの操作ですと音声のため正しく認識されないこともありましたが、iOS10の「ホーム」アプリによって統合管理コンソールとなったことで操作しやすく、かつ確実になりました。

Apple Watchからの操作性について

iOS10と同時にリリースされたwatchOS3によって「ホーム」アプリの機能がApple Watchでも使用可能になりました。アプリに「ホーム」のアイコンが存在しています。

iOS10 Home

起動するとiOS側の「ホーム」に登録された状態を読み込みます。

iOS10 Home

iOS10の「ホーム」アプリと同じ順に並びます。まずは「シーン」から。そして「アクセサリ」の順です。気温や湿度などはアイコンの中に表示されるようになりましたのでSiriから呼び出す必要がなくなりました。

iOS10 Home

iOS10 Home

スイッチはタップするだけでオン・オフすることができます。

iOS10 Home

オレンジ色の部分をタップするとスイッチのトグルが表示されます。Hue Lightsの場合は明るさを1%単位で調節したり、照明のカラーを選択するところまでできてしまいます。

iOS10 Home

iOS10 Home

Apple Watchでの操作する状況を動画で撮影してみましたので是非ご覧ください。

macOS SierraではHomeKitに対応しない

macOSの最新版であるSierraで対応したSiriですが、残念ながらHomeKitには非対応です。「ホーム」アプリとともに対応が待たれます。

iOS10 Home

HomeKit対応アクセサリのリリースが待たれる

将来的にはエアコンの詳細設定、ドアの開閉鍵、ブラインドの上げ下げの操作などが可能になってくるでしょう。残念ながら対応アクセサリは多くなく、日本ではさらに少ないように感じます。

ひと足お先にHomeKit対応する方法

IRKitやNetatmo、WeMoなどはHomeKit対応していませんが、homebridgeを使用すればHomeKit対応アクセサリのごとく操作することが可能になります。

homebridgeでsiriから家電コントロール – Qiita
http://qiita.com/FePlus/items/4b863de7af8fbdee4d61

テレビやエアコン、シーリングライトのオン・オフ程度であれば十分操作可能になります。

HomeKit対応アクセサリの課題

例えばHue Lightsですが、物理的なスイッチと競合します。つまり、主電源はオンの状態にしておかなければ「ホーム」アプリでの操作ができません。

「ホーム」アプリで照明を点けた状態で、壁面の物理スイッチで消してしまうと再度オンにするまで「ホーム」アプリからは操作を受け付けません。

手元に壁面スイッチがあるのに、iPhoneを取り出して操作しなければならないのは逆に不便になることもあるのです。家族がいればなおさらです。なかなか上手くいかないものです。

スマートホームへの夢は広がる

課題はあるもののソファーに座りながらお風呂を沸かしたり、帰宅途中に部屋の暖房をオンにしたり、帰宅時に部屋の明かりを自動で点灯させたり、外出時には消灯するなど、夢は広がります。