ワークアウトアプリ『Runtastic』でランニング生活を開始

Runtastic summary on Apple Watch

Apple iPhone 6s, 4.2 mm, f/2.2, ISO100, 0.033 sec (1/30), 0 EV

昨年末からランニングを開始。記録を取るのにどのアプリを使ったらよいのかわからず、とりあえずRuntastic PROを使い始めました。

一生に一回はフルマラソンを走りたいと思い、数十年ぶりに走り出しました・・・iPhone 6sを母艦としてApple WatchとBluetoothヘッドフォンを着けて走っています。

Apple WatchからRuntasticをスタートできます。アクティビティはランニング、ライブトラッキングと音声フィードバックはオンにしています。

Runtastic Start on Apple Watch

ランニング中のApple Watchの画面に表示される内容です。一番左側の画面。ミュージックアプリのコントロールができます。

Music Control on Apple Watch

スワイプすると二番目の画面へ移動します。1分あたりの心拍数が表示されます。下のゲージが黄や赤色になると無酸素性やレッドラインを意味します。

Heartrate monitor on Apple Watch

三番目の画面。合計タイム、距離、ペース(kmあたり)が表示されています。呼吸が乱れているなと思った時は心拍モニターの画面へ戻って確認しています。

Time, laps, distance while running on Apple Watch

最後の画面には1kmごとのラップ情報が表示されます。最速にはウサギ、最遅にはカメのマークが表示されます。

Lap on Apple Watch

ランニングを終了するとサマリーが作成されます。Apple Watchでも確認できますが、iPhone側の方が情報が豊富です。失った水分はどのように計算しているのでしょうか。

Runtastic Summary on iPhone

心拍数の推移を閲覧できます。最大心拍数は220から年齢を引いた数が目安となるようです。タイムを優先するとどうしても呼吸が乱れて安定しないため、心拍数が上がり過ぎないように心がけています。黄色は無酸素性、赤色はレッドラインとなっています。

Runtastic Summary - Heartrate

気に入っているのは音声コーチ機能です。距離や時間ごとに現在のパフォーマンスを音声ガイドしてくれます。音声ガイドする項目も自分で設定できます。私の設定だと1kmごとに、Bluetoothヘッドフォンから「距離○km、時間○分○秒、ペース○分○秒、カロリー○kcal」と教えてくれます。

Rintastic Settings

まだまだスピードとスタミナが全然足りない・・・他にも色々な機能があるので追ってご紹介します。その前に習慣化できるかが不安ですけども。

Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング運動記録とマラソン完走トレーニングプランApp Store
Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキングPlay ストア