タグ別アーカイブ: Apple

[UPDATE2]脱獄するためにはJailBreakが必要なんですか?

米著作権局は2010年7月26日(米国東部時間)にデジタルミレニアム著作権法(DMCA)の見直しを発表し、合法利用の範囲を拡大した。発表された全6項目にはiPhoneという固有名詞こそないものの、iPhoneのJailBreakやUnlock行為に該当する項目があるという。 [Revised on August 1, 2010]発表された全6項目は米著作権局が米国議会図書館に宛てた”Recommendation”でその詳細が公開されている。全262ページのうちJailBreakとキャリアUnlockについてはApple社のiPhoneが名指しされ、およそ100ページ(P77〜P174)も割かれていた。

JailBreakとキャリアUnlockが合法と認められたが、JBerはこれをどう受け止めればよいのだろうか。米国権威当局のお墨付きを得たと希望の光と喜ぶべきか、それともこれが終わりのはじまりと将来を憂うべきなのか。

Cydia-3G

U.S. Copyright Office – Anticircumvention Rulemaking

対象項目の抜粋
(2) Computer programs that enable wireless telephone handsets to execute software applications, where circumvention is accomplished for the sole purpose of enabling interoperability of such applications, when they have been lawfully obtained, with computer programs on the telephone handset.
(3) Computer programs, in the form of firmware or software, that enable used wireless telephone handsets to connect to a wireless telecommunications network, when circumvention is initiated by the owner of the copy of the computer program solely in order to connect to a wireless telecommunications network and access to the network is authorized by the operator of the network.

そもそも今回の決定は、ある一定条件下で行われるJailBreakについてDMCA適用が免除されるに過ぎない。裏を返せばこの条件を満たさないJailBreakは合法ではないということだ。

アップルはどうするのか?これを機に対策を緩めたりすることはあり得ないだろうし、JailBreakされたiPhoneを保証対象に含めることも絶対にないだろう。むしろ初期不良の交換や返品、バッテリ交換プログラムなどの各種サポートについてJailBreakされたiPhoneはこれまで以上に排除に向けた取り組みを強化するかもしれない。友達紹介キャンペーンならぬJailBreakユーザー密告キャンペーン、AppleIDのアカウントロックなど。。。

今後、メディアにより「JailBreakが合法化」とセンセーショナルに伝えられることで、リスクを理解しないままJailBreakに至るユーザは増えることは想像に難くない。合法であるという(誤った)安心感とともに間もなくリリースされるJailBreakツールの手軽さからコモディティ化は急速に進むはずであり、JailBreakするユーザの急増は疑いようがない。その結果、トラブルに陥り、リカバリーの術を知らないユーザは、文鎮化させたiPhoneを片手に「もうしませんから」と泣き叫ぶことになるだろうが、時すでに遅しである。アップルはもちろんソフトバンクもJailBreakされたiPhoneをサポートなどしない。違法行為ではないが利用規約を破るような不心得者まで救済してしまってはルールを順守しているユーザーとの公平性が保たれないし、当初アップルが想定した利用範囲をはるかに超えてしまうため実質的にサポート・保証が不可能だからだ。

では今回の措置によって何か変わるのか?JailBreakがグレーとか違法ではないかと感じていたJBerにとっては合法という安心感が得られるという意味では評価できるかもしれないが、実態は何も変わらないのではないだろうか。いや、むしろアップルとハッカー達のチキンレースはこれまでどおり続くが、その傍らにはカラ騒ぎの結果、何のサポートも受けられず、保証もされない「自己責任」を突きつけられて耐え切れなくなった一般ユーザーが死屍累々と横たわるという不幸な結末を迎える可能性もある。

ともすれば極めてマイノリティな一部の主張を認めたことで、AppStore以外のアプリの流通、セキュリティの脆弱化、物理的損傷等を惹き起こしかねないJailBreakの拡散が助長されることでiPhoneのエコシステム全体を破壊させかねないのではないかと思ったりするのである。

以上、説得力のないJBerの戯言。

— Updated on July 28, 2010 —
やはりというべきか、アップル広報からJailBreakした場合は「製品保証を無効にする」ことを改めて強調したようだ。

Apple、守勢にまわる—「合法的だろうと脱獄したらやはり製品保証は打ち切り」

JailBreakが合法であるにもかかわらず利用規約等で保証対象外とした場合、訴えればどうなるか?経済的損失は小額であるため訴訟コストを考えると訴訟メリットが薄い。もっとも、訴訟理由がおカネではなくもっと尊い何かがあれば別だが。仮に裁判所で争ったところで、今回のDMCA適用除外は「JailBreakが一定の条件で合法」というだけで、メーカーに保証義務を課すものではないし、最強のアップル社リーガルチームがガチガチにガードを固めて来ることは間違いない。

また、この記事が言うように「守勢にまわる」「『iPhoneの動作が不安定になる』というくだりは事実ではない」というのは誤っている。この記者はJailBreakを理解していないのだろう。JBerであれば周知だろうが、そこそこの知識がないとJailBreakしたiPhoneを継続的に安定運用させるのは大変な労力を要する。だからこそ、アップルは「JailBreakは最良のiPhone体験を損なう」と主張しているのだ。ごく一部のJBerにとって快適(安定や信頼性があるという意味ではない)な環境が他の全ユーザにも同じように快適というわけではない(むしろ様々なトラブルに遭遇する覚悟が必要である)ことを認識する必要がある。

これからのメディアの捉え方に注目である。JailBreakの効果・メリットだけが大きく扱われ、そのリスクが同等、あるいはそれ以上に説明されるべきだが、それはなされない(知らないから説明できない)可能性が高い。これこそが悲劇の始まりと思えてならない。自由の代償とも言うべきか。

なんだかんだ言ってiPhone4を予約しに行ってきた

6月7日にWWDCで発表された次世代iPhoneの”iPhone4″。買うとは決めていたものの、事前にいろいろな情報が流出していたせいかwktkな感じもなく、またソフトバンクからのプラン発表も遅れるなか、米AT&Tや英O2から定額プランの廃止等の情報も相まってわざわざ予約してまではいらねと思っていた。けど、やっぱり行って来ちゃった。予約が集中したためにサーバがダウンして機械登録できなかったけど。いろいろと自分の推測もあるので将来の検証材料としても残しておこうと思う。

IMG_0288

国内プランの発表は6月14日15時。予約は6月15日17時からアップルストア、ソフトバンクの各店およびオンラインで受付が開始され、発売日(引渡日)は6月24日の予定である。

WWDC後、SIMロックフリーで比較的入手経路が確保出来ている香港版(7月発売予定)を狙おうかと思っていた。iPadのドコモSIMロックの件が尾を引いておりソフトバンクに対する印象がえらい悪化してるし、国内iPhone4新プランも未定だったこともありmicroSIM切替時に定額プランの強制廃止コースに追い込まれるじゃないかという危惧(妄想)もあったからだ。

ただ自分の性格上はどうしても早く欲しいのだ。自分が悩んだポイントは大きく2点。まずプランの問題。次にSIMの問題である。これらについて自分なりの推測というか希望的観測に基づき「大丈夫」と言い聞かせて本日の予約に至った。ちなみに、自分のポリシーとして本体は絶対に一括払い。自分が同じ端末を2年も使うはずがないという性格なので負債を将来に残したくないという単純な理由。

プランの問題

米AT&Tや英O2が相次いで定額データプランの廃止を発表したため、ソフトバンクもmicroSIMへの切り替えに便乗して強制的に切り替えるのではないかと思った。もしそうならば今の黒SIMは絶対死守したいのでSIMロックフリー版を購入しようと考えていたが、昨日のソフトバンクの新プランの発表を受けてデータ定額廃止という懸念は払拭された。無論、新規契約後に2回線維持しつつ適時解約するという方法もないわけではないが、余計な回線を持ちたくないし。解約のタイミングを図るとかそんな器用な真似はできないから。

いつも思うのはわかりにくいプランであること。新規なのか機種変更(iPhoneの場合は買増)が含まれるかわからないし、なんとか割引とか実質負担いくらとかケムに巻かれている感じ。また現行の割引がどうなるのか等既存ユーザに対しては不親切で情報が不足しすぎている。ま、買うんですけどね。。。

SIMの問題

まずは現行SIMからmicroSIMへの切り替えの方法がどうなるかが気になった。microSIMをアクティベーションするのは店頭で店員が行うのか、自宅で実施するという方法があるのか。ちょっと自分のSIMがオトナの都合で人様にお見せできるような状態ではないので店頭で引換にというのはやめてもらいたいのだが。

今日の予約時に店員に確認したが、アクティベーションの方法はまだ分からないということだった。店頭でiPhone4のmicroSIMをアクティベーションした瞬間にiPhone3GSのSIMはもうタダのプレートに過ぎないことを考えると、店頭でアクティベーションはするが旧SIMは適当に自分で破棄してということになると想像している。回収するから出せといわれれば従うけどね。でもSIMアダプタは絶対渡さないんだからね。

次にmicroSIMとiPhone3GSの互換性の問題。microSIMでもSIMアダプタつければiPhone3G/3GSには問題なく収納できるのだが、SIMロックが邪魔して認識しない可能性がある。国内iPadで黒SIMが認識しないらしいのでひょっとするとあり得るのかもと。iPhone4に切り替えて3G/3GSの出番はないとは思うが当初はJailbreak環境などの問題から3GSを使いたいことがあってもおかしくない。

SIM互換性の問題については店員での説明は、「SIMの形が違うので今お使いのiPhone3GSはWIFI専用のiPod touchと同じになります」というものだった。「いやいやだってSIMアダプタってのがあってだね」なんて言い返せないのではいはいと返事はしたが、これが本当に使えないのかどうかは実機で検証してみるしかない。仮にSIMロックに引っかかってしまうのなら、iPhone3GSには強い味方のblacks0w RC2 Finalによるunlockツールがある。これでなんとかなるはずなのだ。

いろいろとこじつけもありながら結局は「SIMロックフリーにする必要があるのか?」というそもそも論に立ち返り、海外ならDesireとかNexus OneのSIMロックフリーを使えばいいし、iPhone4もJailbreakによりアンロックが可能になってるかもしれないし。最後の最後にはなんとかなるさということで、やはり待ちきれずに予約してしまった。

ソフトバンクの予約受付体制について

まずヨドバシに昼休みに行ったら予約のための整理券を配ってたのでゲットした。17時に一斉に来店されても困るからヨドバシ側の勝手な対策だろうけど、17時には既に本日の予約は受け付けられない状態になっていた。こんなの事前にアナウンスしてないので正直者はバカを見るの典型例。

で、オンライン予約受付があだとなったのか予約サーバーがダウンして今日は仮予約のみ。プランの説明も何も聞かされず、本人確認もなく、クレジットカード等による審査も一切できずに「ブラックの32GB」「連絡先」の2点のみを紙切れに書いただけ。あとは先方からの電話連絡待ち。これで本当に24日受け取れるのかと非常に不安。店員も「今日と同じようなことがあればその日中に渡せるかどうか分からないんです」と何度も頭を下げてお詫びをしていた。こちらが恐縮してしまうくらい謝っていた。社長は「やりましょう」ていうだけで、社外から見ると即断即決ぽくてデキル経営者に映るけど現場スタッフは疲弊してるんじゃないのかなー。

配布されてた整理券
IMG_0286

— Updated on June 23, 2010 —
6月22日午後5時にヨドバシの店員さんから24日に引渡し可能であることの電話をいただきました。当日の引渡しの時間帯を自分で選択できたものの、やはり早い時間はすでに予約の早い人達に抑えられているようで、なんとか会社の昼休みを確保した。予約時にはサーバーダウンにより機械登録がされていないので手続きには30分ほどかかるとのことだった。気になるSIM回収については聞いていないが、持参して欲しいものは「本人確認書類」だけだった。