OS4.0で切り捨てられたiPhone3Gに復活の呪文を

2010年4月8日(日本時間4月9日午前2時)にiPhoneOS4.0が発表された。マルチタスクやフォルダ、ゲームセンター、iAdなどの新しい機能やサービスを実装することが明らかになった。一方で、残念なお知らせとしてはマルチタスクがiPhone3G、iPod touch第2世代には対応していないなど、非力なハードウェアについては負荷が大きい機能が削られたようだ。

発表からほどなく世界中のハッカーがiPhone3Gでもマルチタスクが可能であることを突き止めている。その内容を見る限りiPhone3GのOS4.0は既にJailbreak出来たということを意味し、事実数日後にDev-Teamからredsn0w0.9.5betaがリリースされ(現在は0.9.5beta2)、iPhone3GであればOS4.0のベータ版をJailbreakできるようになったようだ。このバージョンではまだ3GSは非対応なので注意。

やはり非力なiPhone3G。3GSを触ってしまうと3Gに戻ることはできないだろう。が、しかしである。ハードとして実装していない電子コンパスやオートフォーカスカメラについてはやむを得ないとしてOS4.0の新機能を使うことができないのはなんとも寂しい。

とりあえずマルチタスク、HOME画面の壁紙表示、バッテリー残量表示はできるようだ。
SpringBoardの設定ファイルにのキーと値を追加するだけ。
 multitasking=true
 gas-gauge-battery=true
 homescreen-wallpaper=true


HOME画面の壁紙表示とバッテリー残量表示
gasgauge+wallpaper

マルチタスク
multitasking

「OS4.0で切り捨てられたiPhone3Gに復活の呪文を」への3件のフィードバック

  1. あの、SpringBoardの設定ファイルはどこにありますか。
    テキストエディターで普通に編集すればいいですか?

  2. Katsuさん、ご質問ありがとうございます。
    iPhone3GのiOS4.0でしか確認していませんが、/System/Library/CoreService/SpringBoad.app/N82AP.plistになります。編集はWindowsのテキストエディタでも構いませんが文字エンコードや改行コードに注意してください。iFileで編集する方が間違いないと思います。

コメントは停止中です。