「SIM」タグアーカイブ

SIMロックフリー端末で日本通信のtalking b-microSIMを使ってみた

日本通信がiPhone4専用として提供を開始したtalking b-microSIMプラチナサービス(略してプラチナSIM)をSIMロックフリーの各種モバイル通信端末で使ってみました。確認したのはiPad WIFI+3G(US版)、Nexus One(AT&T版)、HTC Desire(欧州版)、Kindle2(国際版)です。通信速度(下り)の観点でまとめてみました。

b-microSIM + Nexus Oneの結果は平均13kbps
00b-microsim-test.jpg

iPad WIFI+3G(US版)

  • ベンチ系アプリSpeedtestX HDではiPhone4と同程度の速度が出ました。
  • SafariからBNRスピードテスト回線速度計測ページ(画像読込み版)を利用して複数回実施しましたが15kbps程度しか出ませんでした。
  • TwitterクライアントやYouTuneアプリなどはiPhone4と同程度の速度で使えました。
  • JailBreakが必要になりますがUser Agent Fakerを使用するとSafariでの速度もiPhone4並みになりました。

b-microSIM+iPadの結果は平均13kbps
01bmicrosimipad.png

User AgentをiPhoneに変更します
02b-microsim-ipad.jpg

平均569kbpsまで改善しました
03bmicrosimipad.png

Nexus One(AT&T版)/HTC Desire(欧州版)

  • 標準ブラウザからBNRスピードテスト回線速度計測ページ(画像読込み版)を利用して複数回実施しましたが最高速度は15kbps程度でした。
  • アプリによってはiPhone4と同等のスピードで利用できるものもありました(例:Dropbox、Kindle、Foursquare等)が、インターネットに接続が必要なアプリのほとんど(Map、YouTubeやTwiccaなど)はデータが落ちてこない状態に近いため常用は到底無理かと思います。おそらく15kbps相当しか出ていないものと思います。
  • 標準ブラウザで”User Agent Switcher”というアプリを使用したところiPhone4と同程度の速度に改善されました。
  • またWIFIルーター(Android2.2標準アプリ)を起動して、3G回線をオフにしたiPhoneをテザリング接続してみると、iPhone側からは普通の速度でアプリが利用可能でした。

b-microSIM+HTC Desireの結果は平均8.19kbps
04b-microsim-desire.jpg

Nexus OneのカスタムROMはUser Agentを選択できる
05b-microsim-n1.jpg

User Agentの変更前後の速度比較

Kindle2(国際版)
電波はつかみましたがSIMロックが施されているようです。

結論

  • 「iPhone4専用」ですが、他のモバイル通信端末で使用してもパケットは流れて来ますので全く使えないということはないようです。
  • アプリによってはiPhone4と同程度の速度ですが、まったくダメななアプリもあります。
  • User Agentを変更すると改善する場合があるようです。

所感
プラチナSIMの月額6,260円(通話料金月1,050円分を含む。税込み。日本通信ホームページ2010/9/14時点)に特別な割安感はありません。アプリによっては速度が15kbpsしか出ないとなると、なおさらプラチナSIMをiPhone4以外のSIMロックフリー機をメインとして使用するために購入するのは除外されるべき選択肢だと思います。

また、日本通信が技術的にどのようにトラフィック制御を実現しているか不明ですが、User Agent情報についてiPhone以外であることを明示的に渡す場合には速度が出ていないような気がしますので、場合によってはUAを変更することで改善するかもしれません。ただし、ROM改造やJailBreakが必要となりますのでメーカー保証対象外となりますし、故障等の不具合の原因となる可能性がありますから注意が必要です。

<参考>
日本通信のホームページで申込時の注意事項には以下のとおり記載があります。

本商品は、iPhone4を当社所定の種類のアプリケーションにおいて快適にご利用いただくための商品です(ファイル交換(P2P)アプリケーション等、連続したデータ通信にはトラフィック制御を設ける場合があります)。なお、iPhone4以外の通信端末でのご利用にはトラフィック制御を設けており、満足のいくパフォーマンスでご利用いただくことはできません。

iPhone4をドコモSIMで使ってみたけどSoftBankがいいかな

国内で販売しているiPhoneにはSIMロックが施されており、SoftBankが提供する専用SIMカードでのみ通話やデータ通信が可能になっている。しかしJailBreakするとこれを解除し、違うキャリアのSIMカードでも利用できるようになるのでドコモSIMで使ってみた。


IMG_0939

注意喚起情報
以下に紹介する方法はJailBreakが必要になります。JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となってしまいます。また、JailBreakはアップル社の施したセキュアな枠組みを無効化することになるため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。さらに、JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchにAppStore以外で配信されるアップル社が承認していないサードパーティー製のアプリケーションをインストールする行為は、その安全性が保証されておらず悪意のあるプログラムが混入している可能性もあり、未知なる危険を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

また、SIMロックを解除して他キャリアで利用する場合、加入プランやAPN設定内容によっては高額のパケット通信代が請求されることがあります。利用後にオンライン明細等でパケット通信代を確認するなど注意が必要です。

JailBreakとその危険性についてはこちらのサイトで詳細に説明されていますので是非確認してください。
をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

ドコモSIM(FOMAカード)からmicro SIMを作る
iPhone4には通常のSIMカードよりも小さいサイズのmicro SIMが採用されている。ドコモはmicro SIMを採用した端末を取り扱っていないので自作しなければならない。Googleで検索するとハサミで切る方法やSIMカッターなる道具などが出てくる。今回はSIMカッターを試してみた。あっという間。向きに注意して挿入し、パチンと切れるまで押しこむだけ。アダプタもあるので元の端末でも使用可能。


IMG_0004

iPhone4のSIMロックを解除する
JailBreakされたiPhone4/iOS4.0.1にCydiaから”ultrasn0w1.1-1″をインストールする。自作micro SIMカードをiPhone4に挿入。ステータスバーにアンテナが立ち、キャリアロゴ表示エリアに”NTT DOCOMO”が流れればOK。
※”圏外”など認識されない場合は、設定>一般>リセットから「ネットワーク設定をリセット」する。

これで通話は可能になったので、次にデータ通信に必要なAPN(アクセスポイント)設定の情報を準備する。

mopera Uライトプランを申し込みIDとパスワードを取得する
mopera Uはドコモ回線でデータ通信サービスを提供するISP。そのためユーザ毎にアクセスポイント(APN)に接続するためのIDとパスワードが必要になる。ライトプランは月額315円(税込、2010/8/15現在)。ドコモ端末のiモードまたはPCオンラインサービス「My docomo」から申込む。手続きが完了するとSMSでURLが通知されるのでアクセスしてID/PWを確認する。
※「iモード」と「mopera U」を同時に契約していると「ISPセット割引」が自動で適用され各157.5円/月(合計315円/月)が割引されるようだ(2010年8月19日同社ホームページ掲載情報)。
※My docomoのID発行手続きはオンラインでは申込みまでしかできずに初期パスワードの通知が後日郵送される(iモードやドコモショップで即時発行可能かは不明)。

モバイルデータ通信ネットワークを設定する
iPhoneの設定>一般>ネットワークから「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択しmopera Uの申し込みサイトで確認したアクセスポイント(例:mopera.net)を”APN”に入力し、moepra Uのユーザ名とパスワードを入力する。

これで完了。あとはWIFIをオフにして、天気アプリ等でインターネットに接続出来ていることを確認する。

感想を少し。自分の利用環境でSoftBankとdocomoを比較すると、それぞれ場所や時間によって500K〜1.5Mまでの幅があり優劣つけるのは難しい。安定性の面ではSoftBankはドコモに比べ(電波が立っていても)パケットが流れてこないことが多い印象を受けたのでドコモに軍配が上がる。もっとも、iPhoneユーザが増えた影響でSoftBankの帯域を圧迫していることが考えられるので、これがドコモなら起きない保証はないわけだが。

気になるのはやはりパケット通信料金。mopera Uの月額315円の他に「パケ・ホーダイ ダブル」を選択していても(ドコモ端末なら上限月額4,410円のところ)上限が月額10,395円となり、SoftBankが提供するデータ定額の倍以上のコスト負担が発生する。これが高いか安いかはそれぞれの判断だが、費用対効果を考えると倍は高いと思う。コスト面では帯域制限のある日本通信が予定しているiPhone4向けmicro SIMも候補になるかもしれないが、通信品質、価格、サービスなどのトータルパッケージで評価し、継続利用している電話番号などの事情も勘案すると今の自分にはSoftBankで使うのが正しい選択だという結論に至っている。
(注1)加入プランやAPN設定内容、ユーザの利用環境によっては上記の上限金額を超える場合があります。
(注2)料金は全て税込の金額で2010/8/15現在同社のホームページに掲載されている金額です。

動作環境
iPhone3GS iOS4.0.1
iPhone4 iOS4.0.1

[UPDATE3]気になるiPhone4のmicroSIMをチェックしてみた

ついに本日発売のiPhone4をゲット!購入前から気になっていたmicroSIMについて以下の点について検証してみた。

micro-sim1

これまで使用していたSIMは回収されるのか?

黒SIMを大人の事情で工作していたので回収されるかどうかちょっとしたポイントだった。今朝、Twitterのタイムラインでは事前に「回収はしない」という情報が流れていたので安心して入店。購入時には旧黒SIMを出すことなくmicroSIMを挿して本体を店頭端末でアクティベーションして完了。プラン説明から15分程度で会計して引き渡し完了。なお(未検証だが検証済み)回線は使用できないがiPhone3G/3GSのアクティベーションには使用できるとのこと


IMG_0001

iPhone3GSではmicroSIMは認識するのか?

SIMの形状が異なるのでmicroSIMアダプタを装着してiPhone3GSに挿したところ問題なく認識。キャリアロゴも表示され、通話、パケット通信も問題なかった。


IMG_0002

iPad WIFI+3G(US版)ではmicroSIMは認識するのか?

US版のSIMロックフリーなので旧黒SIMでも問題なかったが念のためiPhone4の黒microSIMでも確認したところキャリアロゴも表示され、アンテナも立ち、パケット通信(APN設定:smile.world)も問題なかった。※検証したのはSIMロックされている国内版iPad WIFI+3Gとは異なるので勘違いしないようご注意を。


IMG_0003

Nexus OneではmicroSIMは認識するのか?

SIMロックフリーなので旧黒SIMで使っていたが特に問題なかったがこちらも念のため確認した。キャリア認識、アンテナ表示、通話、パケット通信(APN設定:smile.world)、MMSも問題なかった。


n1-micro-sim

“This changes everything. Again.(すべてを変えていきます。もう一度。)” さてさて、今度はどんな新しい世界を見せてくれるのだろうか。

— Updated on June 24, 2010 —
旧黒SIMをiPhone4に入れてみた。回線はmicroSIMに移行(表現が適切かはわからないけど)してしまっているため圏外となり、当然、通話もパケット通信もできない。ただし電話番号は表示される。また設定>一般>情報のキャリアには「ソフトバンクモバイル5.0」、設定>キャリアには「SoftBank」と「JP DOCOMO」が表示されるので電波はつかんでいるようだ。(結果はiPhone3GSでも同じ)

IMG_0005

— Updated on June 25, 2010 —
国内版iPhone4はSIMロックされているかを検証してみた。ドコモ定額のSIMをさしてみたところキャリアロゴには「不正なSIM」「圏外」とも表示されない。設定>キャリアで確認しようとしたところ「ネットワークリストを読み込めません」と表示されている。ただしばらくすると「圏外」となったなり、設定>キャリアは「ソフトバンクモバイル7.0」と表示されたままだった。AT&TのmicroSIMでも同様の結果。国内SIMも海外SIMもSIMロックされている様子。


IMG_0007

IMG_0004