タグ別アーカイブ: XPERIA

[UPDATE1]やっとrootとれました・・・XPERIA mini pro SK17

XPERIA mini pro SK17 rooted については既に様々なブログで紹介されています。自分の場合はそれにもかかわらずかなり苦労してしまいました。普段Macユーザで、WindowsやLinuxに馴染みのないユーザの参考になればと思います。

まずbootloaderのアンロックが必要ですがメーカー保証がなくなります。ただし公式サイトではXperia mini pro(SK17)とmini(SK15)については思わぬトラブルが生じるのでアンロックはしないようにと注意喚起されています(併せてソリューションがxdaで紹介されているようなことまで書いてあるのには驚きましたが)。

http://unlockbootloader.sonyericsson.com/
sony00

また、rootedで失敗すると起動ロゴのループや起動すらしないなど、文鎮化するリスクもありますのでご注意ください。

参考にさせていただいたのは以下のサイトです。

Xperia Mini Pro(SK17i)でrootをとる « ごくつぶしの日々
アンロックからroot化の方法まで。さらに元に戻すまでの方法についても網羅的にかつコンパクトにまとめてあります。

[電話] XPERIA Mini Pro SK17i の root 取得 : 8796.jp管理日誌
操作をひとつひとつ丁寧に解説しているというよりも実に様々なことに取り組んでその内容を紹介しています。

root化の詳細手順は上記のサイトや他にもいくつもありますのでご確認ください。以下、失敗というか戸惑ったところです。解説してくださっているサイトを見ると、WindowsとLinuxですから、それだけで普段Macを使っている私にはちょっと敷居が高くなります。その悪い予感が見事に的中した感じです。

USBドライバのインストール

bootloaderのアンロックやrootedにはAndroid SDKが必要です。Android SDKをインストールしても、必要なツールやドライバはAvailable Packageから自分で選択しないとダメなのです。また、それがどのパッケージか分かりにくくドライバのインストールだけでかなりの時間をロスしました。Twitter仲間の @jin_siroi さんに教えていただいた以下のサイトが参考になります。

USBドライバの在り処 | シカでした。
Android SDKのインストールする際にUSDドライバに関するアクセスが多いようですから、実は悩んでいるユーザは結構いるのかもしれません。

さらに、問題なのがSony Ericssonの公式アンロック手順を紹介するインストラクションに従うと必ず失敗することです。Android SDKのUSBドライバのandroid_winusb.infをSony Ericsson公式サイトで入手したファイルに置き換える指示は無視してください。Android SDKのUSBドライバ(android_winusb.inf)にmini pro部分を追記するだけでいいのです(必要に応じて64bit部分に追記)。

ドライバが正しくインストールされたところ
usb_driver

LED青点灯がfastbootモード接続できていることあらわします
DSC00669

Linux環境

Virtualboxを使う方法が紹介されていますが、自分はVMware Fusionを購入していたので、Fusionを使ってUbuntu11.04をインストールすることにしました。イメージの分解や作成は問題なくできるのですが、Macとその上で動いているUbuntuのファイルの受け渡し方法で悩みました。Fusionには特定のフォルダを両方の環境でシェアする機能があるのですが、そこを使うとなぜかコピーするだけに異様に時間がかかり、最悪の場合、何も反応がないままの状態になります。仮想環境側に割り当てるメモリが不足していたのかもしれませんが、何度かイメージを作り直しているとファイルの受け渡しの待機時間が長くなり非効率になります。

ファイルの取り込み、コピーにはUSBメモリを使いました。Fusion側で使用したい場合は、Mac側でUSBメモリを解除しておき、Fusionの”Virtual Machine”からUSBを選択して該当のメモリスティックを選ぶだけで仮想環境のUbuntuにマウントされ、ファイルのやりとりに要する時間は劇的に短くなりました。

起動ロゴのループ

最初のイメージを焼いたところ起動ロゴのループが発生しました。この状態でSEUSで初期化しようとすると改造されたソフトウェアがインストールされているというメッセージが出て失敗します。いよいよ文鎮かと覚悟しかけたときにFlashToolを使ってSEUSにて再初期化することが可能でした。参考までに起動ロゴがループする映像をアップしました。

root化が失敗して起動ロゴがループするところ

結局、2回目のチャレンジでは1回目と同じような手順で作業していたのですが、今度はなぜかrootがとれてしまったので何が原因かは特定できませんでした。

DSC00670

結果よければ全てよしということで・・・

続きを読む [UPDATE1]やっとrootとれました・・・XPERIA mini pro SK17

[UPDATE2]Sony Ericsson XPERIA mini pro SK17開封の儀

注文して香港から2日で届きました。ソニーエリクソンから発売された(日本未発売)のXPERIA mini pro SK17です。前モデルのXPERIA miniは購入していたので、今回は物理キーボードタイプの機種にしてみました。うまく言えませんが、わたしは高機能ではなくても小さいガジェットというのにものすごく反応してしまうようです。

早速、開封の儀です。

00minipro

タッチスクリーンの保護フィルムが付属していました。写っていませんがコンセントの変換プラグがついてきました。

01minipro

ナビゲーションキーはホームボタンだけが物理キーです。左側がバックキー、右側がメニューキーです。現在のメイン端末のGalaxy S2の配置と逆なのでちょっと戸惑います。

02minipro


右側面の上側にボリュームスイッチ、下側にシャッターボタンです。シャッターは半押しでオートフォーカス、長押しで撮影します。
03minipro

上側には電源/スリープボタン、microUSBポート、イヤフォンジャックです。


04minipro

裏面はアールがついており手に気持ちよく収まります。スピーカー、カメラ、フラッシュが配置されています。

05minipro

バックパネルを外して、SIMカードを入れてからバッテリーパックをはめ込みます。microSDカードスロットもあります。2GBカードが標準で付属しており、最大32GBのmicroSDカードを利用できます。

06minipro

スライドして物理キーボードを引き出したところ地球儀アイコンで英数、日本語変換を切り替えます。標準で前モデルでは実装していなかったPOBox Touch(日本語)がプリインストールされています。思ったより使いやすいキーボードです。両手で持ちながら、親指でポチポチとタッチするのですが程よい堅さです。

07minipro

Google Musicアプリを起動してみたところ。クラウド音楽サービスですからコピーする手間もなく便利です。

08minipro

前モデルとのスペック比較

XPERIA mini pro SK17
XPERIA X10 mini pro
OS
Android 2.3.3
Android 2.1
サイズ
92x53x18mm
90x52x17mm
重さ
136g
120g
ディスプレイ
3インチ 480×320
TFT モバイルBRAVIAエンジン
2.55インチ 240×320
CPU
Qualcomm Snapdragon
MSM8255 1GHz
Qualcomm MSM7227 600MHz
本体メモリ
512MB
128MB
microSD
最大32GB
最大16GB
カメラ
500万画素
720p HD録画
500万画素
バッテリー容量
1,200mAh
連続待受時間:340h
連続通話時間:5h25m
930mAh
連続待受時間:360h
連続通話時間:3h30m

前モデルよりも若干大きく、重くなっていますが、スペックとしてはかなり強化されています。数値ではわかりませんが、カメラは大幅に機能追加されているようで、720p HD動画撮影対応の他、フロントカメラ(30万画素)やスマイル自動シャッター、顔認識、赤目軽減、動画手ぶれ補正、タッチフォーカスなど。

ファーストインプレッション

前モデルのminiでも驚いたのは価格の割に全然安っぽくない仕上がり。今回はmini proですが、期待を裏切らず、むしろ高級機に見えてしまいます。サイズはやや大きく重くなっていますが、スペックは前モデルを上回っていますので動作やアプリはサクサクで快適です。

それからMore Locale2を入れなくても日本語セットが用意されていることに驚きました。ただフォントはCVJKなのでやや違和感がある文字もあるのは否めません。

物理キーボードが想像よりも本当に打ちやすいです。こんなに小さいキーボードですが、ちょうどよいキーピッチとボタンの堅さなので快適です。さすがに配置は慣れが必要になりますが、これはうれしい誤算でした。

2011/9/1追記
画面は小さいですが、各コーナーにはアプリを4つまで格納しておくことが可能です。このコーナーメニューはDock的な役割を果たしホーム画面をスワイプして左右に移動してもいつも四隅に出ている状態ですから常時アクセス可能なのです。なんと便利な!

snap20110831_224320

各コーナーに4つのアプリを格納できるので最大16個のアプリをDockに入れておけるのです。また、各スクリーンには12個のアプリが配置可能なので各コーナーへの最大登録可能数と合わせると28個ものアプリを登録しておくことが出来ます。でも、コーナーに4つもアプリを登録しておいたら小さすぎて起動が大変では?ここにも工夫がされています。コーナーにタッチしてそのまま中央に指をスライドすると各アプリが拡大するのでそれを選択すればいいのです。

Corner menu of Portrait mode

場所を覚えてしまえば、コーナーからそのまま起動したいアプリの方向へシュッとスワイプしてやるだけで起動が出来てしまいます。小さい画面を有効に使うための工夫が感じられます。アプリをたくさん並べる例ですが、よく使うアプリを各コーナーに登録しておき、スクリーンにはウィジェットをメインに配置してもいいかもしれません。

Corner menu of Landscape mode

Xperia™ mini pro | Android keyboard smartphone – Sony Ericsson
Sony Ericssonのオフィシャルサイト(英国)です。XPERIA mini pro以外にも日本未発売の機種がたくさん紹介されています。



XPERIA Arcを予約しました

昨日、2月24日にドコモから発表されたXPERIA Arc(写真で解説する「Xperia arc SO-01C」)の国内モデルを予約しました。報道資料によればドコモショップでは3月4日から予約受付開始とあったので、それまでに購入するかどうするかを考えることにしようと思っていたのですが、Twitter上で「ヨドバシカメラではすでに予約受付が開始されている」という情報をキャッチし、本当かなぁと思いながらも、タイミングよく移動中のところにヨドバシカメラが目の前に。

店員さんに「XPERIA Arcの予約できますか?」と尋ねると「できます」との回答。わたしのように予約はまだ先のことと思っている方も多かったのかもしれませんが、受付カウンターはガラガラであっさり予約手続きは完了しました。価格はまだわからないとのこと。

ヨドバシ.com – docomo 2011年春モデルスマートフォン2月25日よりご予約受付開始!

予約受付注意事項 兼 商品引換券
XPERIA Arc Pre-order Sheet

予約時に注意点を何点か説明されましたので主なところをご紹介します。

  • 発売日は3月24日ですが変更になる場合は自分でホームページをみて確認して欲しいとのこと。受け渡し日時はヨドバシカメラのホームページで予約時の組別、先着順に案内される予定。
    →A組の早い順番だったので初日に受け取れるような番号だとは思うけどどうなんだろう。

  • 月々サポート適用の場合はパケホーダイダブル2、パケホーダイフラットへの加入が条件となる
    新しく「月々サポート」という購入時割引制度らしい。まだ端末価格が発表されていないのと、このサポートも開始されていないのでどれくらい割引になるのか不明。いずれにしても2年間使うことは想定していないので一括購入するため不要。
    (参考)ドコモ、新たなパケット定額サービスと定額データプランを提供

  • 発売日、土日祝日は、混雑するので当日中に渡せない場合がある
    →受取の日時が指定されてしまうので発売日は平日なのでその時間に行けるかどうかがちょっと心配。

  • 予約の権利は入荷から4日間のみ。経過後に自動キャンセルになる。
    →購入する権利を得ただけなので3月24日までまだ1ヶ月あるので気が変わるかも知れない。

回線維持の観点では、いまiPhone4で使用している日本通信のプラチナSIMをどうするか。日本通信は違約金が発生しませんのでありがたいのですが、メインの番号で使っているのでMNPも考える必要がありそう。

[UPDATE4]XPERIA X10 miniがいい意味で期待を裏切ってくれた

日本では発売されていないXPERIA X10 miniを秋葉原の店頭で見かけてTwitterでつぶやいたところ、数時間後にはポチっと。日本で発売されているXPERIAには全く興味が湧かなかったのですが、あの小さなボディに一目惚れ。キーボード付きのmini proもあったのですが、メインで使う予定もないので安い方にしました。円高効果もありeBayでは送料込みで2万円強。注文から3日で届いてしまいました。

購入後、Eclair(Android 2.1)にバージョンアップし、root化したので備忘録としてまとめました。


IMG_0985

まず驚いたのはそのボディの小ささ。店頭でガラス越しに見るよりも、実際手にとってみるとその予想以上の小ささです。やや厚みはありますが、片手にすっぽり収まるサイズ。値段の割に安っぽさがないことも感心しました。また、ディスプレーはQVGAですし使いにづらいだろうと思っていましたが、文字入力を英字QWERTYキーボードにしてもそれほど不便には感じません。5Mピクセルのカメラも十分。あとは意外にサクサク動いてくれて、本当に良い意味で期待を裏切ってくれました。

先日、公開されたXPERIA X10 miniのAndroid2.1アップデートを早速実行します。面倒なことにWindowsマシンがないとアップデートできません。バックアップする程度の情報もないので、以下のサイトからアップデートプログラムをダウンロードしてWindows7マシンで実行しました。画面の指示に従い、開始時にはバックキーや電源ボタンを操作が必要です。
Sony Ericsson – Support – Softwaredownloads – Detail – Updateservice – XPERIA X10 mini

XPERIA X10 mini – Eclair(Android2.1)の画面
HTC DesireやNexus Oneとは違い、フリックでメイン画面とサブ画面を切り替える操作方法が独特ですし、トラックボールがないのが最初戸惑いましたが、使いにくいというほどではないです。Eclair(Android2.1)にアップデート後の画像を何枚か。


ロック画面

画面の上下をフリックかセンターボタンで移動します。
上をサブ画面、下をメイン画面と呼んでいます(個人的に)
四隅のアイコンメニューはよく使うアプリなどに変更が可能です

ミュージックプレーヤー(サブ画面)

TimeScapeでTwitterのタイムラインを表示(サブ画面)

アプリ一覧表示(メイン画面)を左右にフリックして移動

標準ブラウザ(ピンチイン・アウトで拡大縮小可能)

Twitter for Androidのタイムライン

Twitter for Andoridは厳しいかもです。メインメニューの下の部分がスクロールせず切れてしまっています。また、OpenWnn/FlickSupportでBigKeyboardがONになっていると入力する文字が見えなかったりします。


  

XPERIA X10 miniのrootを取る
マーケットに”z4root”という無料アプリで簡単にできます。ダウンロードして実行し、”root”ボタンをタップするだけです。完了すると自動でリブートがかかるので、母艦側からadb shell経由でsuを実行し、X10 mini側でSuperuserで許可します。busyboxは/system/binにコピーされていました。





rootは取ってみたけれど
XPERIA X10 miniにはブートローダやリカバリーイメージがない様子。カスタムROMはないのかなとか思ったり。root権限が必要なShootMeを入れてみましたが、撮れたスクリーンショットはこのような悲惨な結果に。。。QVGAに対応していないのか設定漏れなのか。
※その後、Googleで検索したりTwitterでご指摘いただいたのですが、ShootMeはどうもX10 miniのEclair(Android2.1)アップデートで動作しなくなったのではないかと思います。

ShootMeは起動できたけれど

撮れたスクリンショットのノイズが…

Android通信端末の奥深さというか、幅の広さを感じました。iPhoneは単一デバイスでOSもひとつですが、Android端末は様々なハードがありOSに独自の味付けをしたROMが用意されています。こうした多様性を楽しむのもAndroidの魅力なのかも知れません。すっかり気に入ってしまったX10 mini。今後もいろいろとカスタマイズの備忘録として追記していく予定です。

スクリーンキャプチャはDrocap2のアップデートで解消
ShootMe 0.7.5ではXPERIA X10 mini Eclairがサポートされておりませんが、Dropcap2の2.09へのアップデートによりX10 mini Eclairでもスクリーンショットが撮れるようになりました。Drocap2は通知バーからも実行できるので非常に便利です。

Drocap2で撮ったスクリーンショット

OS2.1でJITを入れ替えてみたけど?
JIT(Just In Timeの略)はFroyo(Android2.2)から搭載され、アプリの動作が高速化すると言われています(Android 2.2 “Froyo”、JITコンパイラで大幅に高速化)。Eclair(Android2.1)なX10 miniにも入れ替える方法が紹介(Xperia X10 mini / mini proでJIT入れ替えをしてみる)されていましたので試してみました。簡単にできたのですが、ベンチで測定したところ微妙な感じです。今のところそれほど効果は感じられません。でも、Nexus OneやHTC DesireのAndroid2.1と同程度なので想像よりはハイスペックだったかもしれません。うれしい誤算です。

入れ替え前

入れ替え後

Desire風にカスタマイズしてみた
Android端末はDesireがメインなので、XPERIAのホーム画面の操作はなかなか慣れません。Desire風にカスタマイズしてみました。ロック画面はWidgetLocker(有料USD1.99)で変更します。これがなかなかスグレモノです。ロック解除のボタンを指定したり、スライダーのテーマを選択できたり、スクリーンのタイムアウト時間を設定したりと、かなり細かく設定できます。また、ロック画面にはWidgetを配置することが可能です。

ホーム画面のカスタマイズはADW.Launcherというアプリを使用しています。マーケットで検索すると、このランチャーで使用できるテーマ”ADWTheme”がたくさん出てきて、このアプリにたどり着くのが大変でした。iPhoneやGalaxyといったテーマも用意されていて楽しそうです。XPERIAは下画面がiPhoneのようにメニューアイコンを横スクロールさせ、上の画面にWidgetを配置する仕掛けになっていますが、これまで馴染んだDesire風にしてみました。

WidgetLockerでカスタマイズしたロック画面

ADW.Launcherでカスタマイズしたホーム画面

ADW.Launcherはホーム画面をランドスケープでも表示可能

  

続きを読む [UPDATE4]XPERIA X10 miniがいい意味で期待を裏切ってくれた