[UPDATE2]Kindle 2 Int’l版に英辞郎mobi試用版を入れてみた

Updated on June 27, 2010
更新日現在、Kindle Software Versionは2.5.3になっており日本語フォントハックの方法が従来と異なっております。下記の内容では日本語フォントハックが適用できなくなっています。十分注意してください。こちらのエントリを参考にしてください。”代助のブログ Kindle 2.5.3 で日本語ハックが復活

Kindle 2 Int’l版に英辞郎 for モビポケット ver.118にバンドルされるスーパーライト版(DRMなし)の試用版を入れてみた。あらかじめmobi形式になっており、DRMなしなのでKindleにそのまま入れてしまうだけの手軽さ。リリースされたばかりということをツイッター上のタイムラインで教えていただき早速試してみた。

—Updated on Feb 19, 2010—
このエントリは、2010年2月17日にKindle Softwareのバージョン2.3.3が配信されたことで古い記事となっております。フォントハックのアップデータ等のバージョンに注意してください。

JBが必要のためレンガ(文鎮)化するリスクがあります。特にハックをあてた状態で”Reset to Factory Defaults”は再起動不能(強制リセットも不可)に陥るリスクがあります。完全に自己責任でどうぞ。また今回は試用版のため製品版ではありませんので注意してください。

まず、Kindle自体は日本語表示を正式サポートしていないためフォントハックは必須。

次に、【東村ジャパン】英辞郎 for モビポケット Ver.118 から”英辞郎スーパーライト for Mobipocket Ver.118 試用版”をダウンロードする。これをUSB接続してUSBマスストレージのdocumentsフォルダにコピーする。

USB接続を解除し、HOME>Settings画面でMenuボタンから”Change Primary Dictionary”で”■英辞郎118SL試用版”を選択する。以下は英辞郎データVer.118からKindle用にマニュアル加工して導入した英辞郎との表示のサンプル比較。スクリーンショットを縮小しているので原寸確認は画像をクリック。

<英辞郎 for Mobipocket Ver118 SL試用版>
Eijiro-SLmobi-lookup

Eijiro-SLmobi-detail

<英辞郎データVer.118から加工して導入した英辞郎>
Eijiro5-lookup

Eijiro5-detail

単語にカーソルを当てた場合のLookup検索による最下部での表示内容に大差ないし、詳細表示した場合には若干見やすさが異なるが許容範囲だ。感じ方に個人差はあろうが、自分は読書しながら単語の意味が引ければよいのでこれで十分だ。

なお、DRMなしのスーパーライト版はフルバージョンのバンドルであり単体での販売はしていない。これは2010年2月末までのサービスのようなので興味のある人はお早めに。価格は1,890円。

つい1、2週間前に英辞郎データVer.118を購入したばかりだったのでちょっと悔しい。それよりも英辞郎データからKindleに入れるまでの工程はハンパないくらいメンドくさくて、データ変換をなんどやればいいの?と根気が必要な作業が求められる。これが不要なのは画期的かも。ただMobipokect版のフルバージョン(要DRM認証)は、MacやiPhone/iPod touchには非対応らしい。ということで買わなくていい、と自分を納得させた。

[UPDATE1]Kindle 2 Int’l版で文鎮防止が発動して助かった話

Updated on June 27, 2010
更新日現在、Kindle Software Versionは2.5.3になっており日本語フォントハックの方法が従来と異なっております。下記の内容では日本語フォントハックが適用できなくなっています。十分注意してください。こちらのエントリを参考にしてください。”代助のブログ Kindle 2.5.3 で日本語ハックが復活

Kindle 2 Int’l版で英字と日本語を自分の好みに合わせたフォントを組み合わせていろいろいじっていたところレンガ(文鎮)になりかけた。 @ichinomoto さんの文鎮防止付きフォントハックに救われた。冷や汗もんだったが、今後二度と間違えないように記しておく。

—Updated on Feb 19, 2010—
このエントリは、2010年2月17日にKindle Softwareのバージョン2.3.3が配信されたことで古い記事となっております。フォントハックのアップデータ等のバージョンに注意してください。

JBが必要のためレンガ(文鎮)化するリスクがあります。特にハックをあてた状態で”Reset to Factory Defaults”は再起動不能(強制リセットも不可)に陥るリスクがあります。またここで紹介させていただく方が提供してくださっている各種ツールは無保証であることに留意してください。完全に自己責任でどうぞ。

まず自分のKindle 2 Int’l版にはkindleの全フォント入れ替え対応フォントハック の”update_ufh_icustom+p_install-k2i_20100124.bin”を適用していた。これだけでも日本語は表示されるが、自分好みのフォントに修正しているときに、その時はやってきた!まさか自分に・・・

SS01301

このハックを適用するとUSBマスストレージの”/system/fonts/”(フルパスでは/mnt/us/system/fonts/)にフォントファイルと(ハック適用時にバックアップされる)オリジナルフォントが保存されたディレクトリが存在する。ここにFontForgeにてオリジナルフォントとIPA Pゴシックを合成した自作フォントファイルをコピーするときに、誤って違うファイル名で入れてしまっていた。それに気がつかずに、Settings>Restartを実行してしまったらしい。

再起動後、おかしい日本語が表示されない。しばらく、文鎮防止が発動していたことに気がつかなかった。USBマスストレージに “PLEASE_UNINSTALL_UFHi” というファイルがあるではないか。やっと気がついた「あっ!やったな」と。フォントファイルの名前が合成元ファイルのままになっていた。

復旧作業は kindleの全フォント入れ替え対応フォントハック で紹介されている通り。”update_ufh_icustom+p_uninstall-k2i_20100124.bin”でアンインストールしてから再度ハックする(font-pdfも適用している場合は、アンインストールの順番に注意)。非常に簡単。これで安心してフォントいじることができることがわかった。

このようなアップデータを作ってくださった @ichinomoto さんに感謝です。と、自分が実証してしまうとは思ってもいなかった。

環境
 Kindle Global Wireless(Kindle 2 International Wireless)FW2.3
  + update_ufh_icustom+p_install-k2i_20100124.bin
  + usbnetwork23-0.10
 MacBook Mac OS X 10.6.2