kindlefeeder.comのRSSフィード配信サービス(Kindle3編)

RSSフィードをKindleに配信するサービス kindlefeeder.com についてKindle3用に課金なしで自動配信させる方法をまとめました。1) Kindle3ユーザ、かつ2) kindlefeeder.comの有料会員の方であれば可能です。

IMG_0964

kindlefeeder.comのサイン・アップの方法や基本的な使い方はkindlefeeder.comというRSSフィード配信サービス(Kindle2編)を参照してください。有料サービス(年会費US$19.95)に登録したら次の設定を行ってください。

スケジュール自動配信の設定方法
ログイン後のDashboadの左下に”Your delivery schedule”がありますので、”Edit schedule”から詳細設定画面に進みます。自動配信を有効にするために、”Check this box to turn on automatic scheduled delivery”にチェックを付けます。自動配信を中止した場合はこのチェックボックスを外します。

自動配信のスケジュールは月曜日から日曜日まで1日2回まで時間指定できます。ただし米国東部時間のため-13~-14時間(DSTによって時差幅が異なる)の時差を計算して指定しておきます。わたしは新聞記事などの時事関連ニュースの情報収集として活用していますので、出勤前と帰宅前の時間帯にあわせています。

kindlefeeder-delivery-setting.png

次に配信方法で”Emailed”を選択します。WIFI+3G版ユーザが”Wireless”を選択してしまうと、kindlefeeder.comの送信先が@kindle.com宛で固定(ユーザは変更不可能)されているので、米アマゾンからWhispernet利用料を課金されてしまいます。Emailedオプションにしておくと@free.kindle.com宛に送信しますのでWIFI経由で自動で本体に取り込まれるため課金されません。

なお、WIFI版ユーザは”Wireless版”でも課金されません。EmailedにするとPC側にもメールが届いて煩わしいので、WIFI版ユーザなら”Wireless”オプションがおすすめです。
設定が完了したら、”Save Delivery Preferences”をクリックして保存します。

kindlefeeder-delivery-setting2.png

配信結果はkindlefeeder.comのDashboard画面右下の”Your recent deliveries”で確認できます。kindlefeeder.comは@kindle.com/@free.kindle.comに配信していますので、その先の手元のKindle3に配信したかどうかはAmazonのManage Your Kindleの画面にある”Delivery status for”で確認することができます。

kindlefeeder.comのDashboard画面

kindlefeeder-delivery-status.png

AmazonのManage Your Kindleの画面
amazon-delivery-status.png

Kindle3にはkindlefeeder.comに登録したRSSフィード(有料は制限なしですが、無料は12個まで)をすべてまとめたAZW形式ファイルが配信されます。WIFI非接続環境でも次回接続時に過去の配信分も取り込まれ、HOME画面にkindlefeeder-MM-DD-HHHHが表示され、左側には新着マークの”new”が付きます。ファイルを開くと、まずフィード毎に記事のインデックスが並び、その次に各記事の内容が続きます。

フィードと記事のインデックスのページ。word数は何をカウントしているのか不明です。5wayキーで選択・決定すると目的の記事にジャンプできます。”Next Feed””Previous Feed”でフィード単位の移動が可能です。

記事の先頭にある”TOC”は、Table Of Contentsのことで一番最初のインデックス画面に戻ることができます。記事中のリンクを選択するとブラウザが起動します。

Kindle2はできないの?
Kindle2でも本体への直接配信が可能です。ただしWIFI接続できないためWhispernet経由せざるを得ずkindlefeeder.comの年会費とは別に米アマゾンから1MBあたりUS$0.99が課金されます。

無料版では自動配信されないの?
定期的に自動で配信させるには有料サービス(Paid premium service:年間$US19.95)が必要になります。

動作環境
Kindle3 WIFI版 3.0.1(525120101)

「kindlefeeder.comのRSSフィード配信サービス(Kindle3編)」への4件のフィードバック

  1. 最近Kindle3を購入しいろいろ試しているところです。今回のエントリーは非常に参考になります。ありがとうございます。

  2. akira28_jpさま、コメントありがとうございました。
    Kindleには単なる電子ブックリーダー以外にもいろいろな可能性があり、RSS配信もそのうちのひとつではないかと思っています。kindlefeeder.comと同じように@(free.)kindle.comに配信可能なサービスがあれば同様の活用が可能なものと思っています。

  3. こんにちは、最近kindlefeeder使い始めました。
    すごい便利ですよね。 無料でも手動配信すれば機能を使えないことはないですが
    フィード登録数が少ないので有料にしようと思います。
    一度有料登録すると、2年目も自動更新されてしまうんでしょうか?
    毎年、Donateするかどうか聞かれますかね。
    もしご存知だったら教えてください。

  4. まろやかさま、ご照会の件、回答遅くなってすみませんでした。
    自動更新されるかわからなかったのですが、先日、有料会員期間が終了した旨の通知を受けました。自動更新ではなく、PayPalやクレジットカードで再度年会費の支払いが必要になります。
    なお、有料会員時に設定した内容は再度年会費を支払ったところで復活しましたので一定期間は保存されているものと思います。

コメントは停止中です。