検索ハブ2.2にバージョンアップしてカスタムエンジン登録がカンタンに

検索ハブがバージョン2.2になってURLスキームを使ったカスタムエンジン登録ができるようになりましたので、MyScriptsを実行するURLスキームを登録するスクリプトを書いてみました。

検索ハブ 3.3
辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

今回のアップデートの内容です。いつもながらユーザー要望への迅速な回答と対応には驚かされます。

カメラロール-882

心待ちにしていたのは、カスタムエンジン登録用のURLスキームです。検索ハブは辞書の串刺し検索以外の機能も豊富で、特にMyScriptsとの相性は抜群です。

MyScripts 2.5
仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

MyScripts資源を有効活用するため、らく〜に検索ハブへ登録するためのスクリプトです。MyScripts用スクリプト『検索ハブ登録用』の登録はこちらをタップするとMyScriptsが起動しますのでそのまま保存します。

#PROCESS_SCRIPT
var name = encodeURIComponent(SCRIPT_TITLE);
var url = “myscripts://run?title=” + SCRIPT_ENCTITLE + “&text=_Q_”;
“searchhub://add?name=” + name + “&url=” + encodeURIComponent(url);

使い方は簡単です。登録したいスクリプトを編集で開き、「スクリプトを実行」から検索ハブ登録用をタップします。

カメラロール-883

検索ハブが起動しますので、カスタムエンジンのどこに登録するかを選択します。既に登録されている番号を選択すると上書きされます。30個まで登録できます(なんか増えた気がしますが定かではありません)。

カメラロール-884

これで登録完了です。検索ハブから実行するとMyScriptsのスクリプトが実行されます。検索欄に入力された内容を&text=_Q_にしてMyScriptsへパラメーターとして渡していますのでクリップボード(TEXT)ではありませんのでご注意を。

アイコンの変更について

現行バージョンで対応したアイコンの変更については、少し不具合があるようです。


教えていただいたとおり操作してみたところ問題なくアイコンを変更する事が出来ました。これで検索ハブの画面が華やぎますね。こちらも嬉しい対応です。

カメラロール-885

検索ハブが2.1へバージョンアップしてアプリ内でJavaScriptを実行できるようになりました

「検索ハブ2.2にバージョンアップしてカスタムエンジン登録がカンタンに」への2件のフィードバック

  1. 記事を拝見しました。
    こちらの方法を試したところ、検索ハブに登録した際にURLに問題があるとでました。
    確認してみるとスクリプトのタイトルの全角文字や半角スペースがエンコードされていないのが原因のようです。
    そこで検索ハブ登録用スクリプトの「SCRIPT_TITLE」を「SCRIPT_ENCTITLE」に書き換えることで解決しました。
    以上ご報告まで。

  2. 確かにエンコードが必要ですので修正いたします。ご指摘ありがとうございました。

コメントは停止中です。