iPad miniやKindle Fire HD等の画素密度(ppi)比較とその計算

11月2日に発売を控えたiPad mini。10月23日に発表された際にRetinaディスプレイモデルではなかったことが物議を醸しています。実機を触ったITジャーナリストの印象ではRetinaディスプレイかどうかは関係なさそうですが、気になったのはそもそもRetinaディスプレイとは何なのか?ということです。



via Wikipedia

今は亡きSteve Jobs氏がiPhone4を紹介する際に「人間の網膜が識別可能な300ppiを超えた」という表現を使用していたと記憶しています。

このppiとはpixel per inchの略で、1インチあたりのピクセルの数を表し、高いほど画像を細かく描写されますのでより綺麗に見えることになります。日本語だと画素密度とも訳され、最近ではいろんな場面で目にするようになりました。

ディスプレイの美しさを決めるのはこの数値だけではありませんが、ひとつの目安として比較してみました(下表)。ちなみに「試算値(独自計算)」とは左の計算式をJavaScriptで作って実行して結果です。公表数値と若干違うものもありますが概ね合致しています。

iPad miniはどの程度に位置しているかというと、iPhone3G(S)程度で今秋リリースされたiPod nano(第7世代)よりも低い。実物を見ないと何とも言えませんが、近い存在を比較対象とするとちょっと不安が残ります。

解像度
(ピクセル)
画面
(インチ)
公表値
(公式HP)
試算値
(理論値)
iPhone6 Plus 1920x 1080 5.5 401 ppi Retina HD 401 ppi
iPhone6 1334x 750 4.7 326 Retina HD 326
iPhone5/5s/5c 1136×640 4 326 Retina 326
iPhone4/4s 960×640 3.5 326 Retina 330
iPhone/3G/3GS 480×320 3.5 163 165
iPad3/4/Air 2048×1536 9.7 264 Retina 264
iPad1/2 1024×768 9.7 132 132
iPad mini Retina 2048×1536 7.9 326 Retina 324
iPad mini 1024×768 7.9 163 162
iPod nano(第7世代) 240×432 2.5 202 198
MacBook Pro 13インチ(Retinaディスプレイ) 2560×1660 13.3 227 Retina 229
MacBook Pro 13インチ 1280×800 13.3 113
MacBook Pro 15インチ(Retinaディスプレイ) 2880×1800 15.4 220 Retina 221
MacBook Pro 15インチ 1440×900 15.4 110
Nexus7(2013) 1920×1200 7 323 323
Nexus7 1280×800 7 216 216
Nexus10 2560×1600 10.055 300 300
Kindle Fire HD7 1280×800 7 216
Kindle Fire HDX7 1920×1200 7 323 323
Kindle Fire HD8.9 1920×1200 8.9 254 254
Kindle Fire HDX8.9 2560×1600 8.9 339 339
XPERIA acro HD 1280×720 4.3 342
Galaxy S III 1280×720 4.8 306
HTC J butterfly HTL23 1920×1080 5.0 441
HTC J butterfly HTL21 1920×1080 5.0 440 441
HTC One M8 1920×1080 5.0 441
HTC One M7 1920×1080 4.7 468 469
Moto X 1280×720 4.7 313 312

Retinaディスプレイはアップル社のブランド名で技術的定義がはっきりしません。当初iPhone4のように300ppiを超えるディスプレイに対しての呼称かと思いましたが、その後、220ppiのMacBook Pro 15インチモデルでもRetinaディスプレイとしてリリースされています。一方、iPod nano(第7世代)の202ppiはRetinaディスプレイではありません。

JavaScriptで画素密度(ppi)を計算する

以下のテキストボックスに画面サイズ、解像度を入力して「計算」をクリックするだけで画素密度が計算されます。

画面サイズ(インチ)
解像度(ピクセル) ×
画素密度(ppi)

MyScriptsで計算する

iPhoneやiPadでもMyScriptsアプリを使って計算できます。MyScriptsをインストールします。無料版もありますが登録できるスクリプトの数が制限されていますのでご注意を。

MyScripts 2.5(¥350)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

MyScripts LE 2.5(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

iPhone/iPadから次のリンクをタップするとMyScriptsが自動的に起動しますのでそのまま保存します。

MyScripts用スクリプト『ppi_calc』の登録はこちら

スクリプトを実行して、画面サイズ(インチ)、ピクセル数を入力すると結果を以下のように返します。

カメラロール-231

参考

ppi – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ppi

「iPad miniやKindle Fire HD等の画素密度(ppi)比較とその計算」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。