[UPDATED1]iOS4の登場で不要になるJailbreakアプリは?

6月7日のWWDCで次世代iPhoneハードのiPhone4と新OSの iOS4 が発表された。新しいOSにはホームスクリーンの壁紙を設定やマルチタスキングなどの新機能が実装される。Jailbreakはこれまでのexploitと同じかどうか知る由もないが、いずれ世界のハッカーたちが新しいハードでもOSでもこじ開けてくれるだろう。iPhone自体それだけで素晴らしいデバイスだが、さらに快適に使う(知的好奇心を満たす)ためにはやはりJailbreakしたくなる。今回のメジャーアップデートでJailbreakの必要性は低下しているはずなのでそんな観点で不要になるJBアプリ・ユーティリティを妄想してみた。

iPhone_SS

(アルファベット順)
BTstack Keyboard
iOS4で標準実装されるBluetoothキーボードのプロファイル(HID)は非常に強力。一方、このアプリは日本語変換に難ありだし、他のBTデバイスを遮断してしまうとか不便だった。

Categories/CategoriesSB
iOSではフォルダと言われる機能。フォルダ機能にアイコンこそ変更する機能はないようだが、アプリを重ねあわせるだけでフォルダが作成され、フォルダ名もカンタンに変更できるようになる。登録したアイコンを削除するのもカンタンにできてしまう。残念ながらCategories/SBは大変便利なユーティリティだったけどお役御免かな。

Rotation Inhibitor
iOS4ではローテションのロック機能が実装され、ロック状態がステータスバーにも表示される。これでこのトグルで固定させる必要がなくなった。これまではベットで横になってリーダーアプリやSafariでブラウズするときにはなにかと重宝したSBSettingsのトグルだった。

WordRgstr(for3.0)
iOS4には単語登録機能が実装された。SBSettingsから連絡先に登録するトグル。連絡先に登録しておくと変換候補に表示してくれることを利用したもの。変換の学習能力が低いiPhoneには必須ユーティリティだったなー。

Xpandr
これもWordRgstrと同じだけれど、連絡先に登録しておくわけではないという違いくらいか。
Cydiaに登録してあるPackagesの一覧を上から下に見ていった感じでは不要になりそうなアプリ・ユーティリティって意外にないのかもしれない。改めてまだまだJailbreakに頼らざるをえないという印象を受けた。
続きを読む [UPDATED1]iOS4の登場で不要になるJailbreakアプリは?

[UPDATE2]Nexus OneのカスタムROMとか導入してみた

Androidってよくわかんない。iPhoneのSpirit、PwnageTools、redsn0wなどのようなjailbreakツールがないので(あるのかもしれないが)、初心者にとっては取っ突きにくい感じ。実際、結構しんどい。(iPhoneとの比較ばかりになるが)iPhoneと違ってハードの種類がたくさんあるし、Android2.2(Froyo)も出たばかりなので、自分が何から始めたらよいのかがイマイチわからない。正しい方法か、順番か、ファイルかわからないけど備忘録として残しておく。


R0010733

Bootloaderをunlockする

メーカー保証がなくなるので一瞬だけ躊躇した。Android SDKは既にインストールしてあるので、fastboot.zip( How to unlock the bootloader on your Nexus One)をダウンロード・解凍。Nexus Oneの電源オフにして、トラックボールを押しながら電源オン。BOOTLOADERメニューが出てくるので、FASTBOOTを選択した状態で電源ボタンを押す。母艦に接続してTerminalから “./fastboot-mac oem unlock” と入力。”Yes Unlock bootloader(and void your warranty)”を選んでreboot。

リカバリイメージを書き換える

リカバリイメージをダウンロード([Recovery] [30-May-2010] RA-nexus-v1.7.0.1)する。NormalとCyanogenMODがあって、どういう違いがあるのかわからなかったのでNormalバージョンにした。ただ、この後に導入するCustom ROMはCynogenModだったのでCyanogenMODバージョンを入れた方が良かったのかも。
電源オフにして、トラックボールを押しながら電源オン。BOOTLOADERを選択。母艦のTerminalから “$ ./fastboot-mac flash recovery recovery-RA-nexus-v1.7.0.1.img” と実行する。

root化する

nexus-addon-0.1-signed.zip をダウンロードし、Nexus Oneに挿入してある microSD にコピー。Nexus Oneを電源オフ。トラックボールを押しながら電源オン。RECOVERYを選択してリカバリーモードへ。一応、メニューのbackupでroot化するまえの状態でバックアップをとっておく。次に”Flash zip from sdcard”からコピーしたnexus-addon-0.1-signed.zipを選択する。終了したらreboot。

カスタムROMをインストールする

カスタムROMはいろいろあるようだけれども、よく見かけるCyanogenModのものを入れてみた。update-cm-5.0.7.1-N1-signed.zipgapps-passion-EPE54B-signed.zip をダウンロードして、microSDにコピーする。リカバリーモードに入ってwipeで”Wipe data/factory reset” を選択し、”Flash zip from sdcard” でダウンロードしたzipファイルをインストール。完了後にreboot。


cm5071-n1

—- Updated on June 15, 2010 —-
CM-5.0.7.1はApps2SDにも対応しているようなので入れてみた。iPhoneと違って本体側のメモリが少ないのでインストールできるアプリの数に制限が出たりするらしい。標準では本体デバイス側にしかインストールできないが、これを導入するとmicroSDカード側にインストールするできる。


apps2sd

SettingsのApplicationsを見ても、Apps2SDの項目が非活性化の状態なので、microSDカード側のパーティンション設定してやることで選択可能になる。


R0010742

まず、Nexus Oneを再起動してリカバリーモードへ。メニューから”Partition sdcard”を選択し、SDカードをフォーマットするが、このときswap=0、ext2=512MBに指定する。フォーマットが完了したら、メニューから”SD: ext2 to ext3″を選択して処理完了したら、今度は”SD: ext3 to ext4″を実行する。終了したらreboot。

SettingsのApplicationsでApps2SDの項目が活性化されているはずなのでチェック。Manage applicationsでインストールされているアプリがどこにインストールされ、データ容量などが確認でき、microSDカードに移したり、戻したりすることができるようになる。System系はコワイのでそのままにしてある。

—- Updated on June 18, 2010 —-
Android2.2(Froyo)には標準装備されているテザリング機能。Andoroid2.1(Eclair)ではroot化することでカスタムROMを適用することでも、Andoroid Marketからアプリをインストールすることでも可能になる。Nexus Oneを黒SIMで運用しながら、iPhoneを使いたくなることもある。こんなときにテザリングは威力を発揮してくれる。せっかくCM-5.0.7.1を適用しているので他の方法でインストールしてみた。

まず、wireless_tether_2_0_5-pre2.apk をダウンロードし、microSDのdownloadディレクトリにコピーする。Settings>ApplicationsでUnknown sourcesにチェックし、Nexus One側のファイルマネージャー(例えばASTRO File Manager)から先程コピーしたファイルをタップしてインストールを選択するだけ。


wireless-tether