はじめての自炊(書籍の電子データ化)

年初には電子書籍元年などと言われていたような今年も終わろうとしています。実際はかろうじて出版社とメーカーあるいは各キャリアの連合軍がそれぞれの仕様でリーダー端末機とともにリリースしたのかなぁという印象です。今後、電子書籍フォーマットは特定のものに収斂していくのかもしれませんしコンバーターのようなソフトウェアも出てくるかもしれませんが、リーダー端末であるシャープのGALAPAGOSやソニーのReaderがいまのところKindleを超えるような魅力も感じないため、当面は先行投資を控えて様子見と考えています。また、日本アマゾンがKindle向けに日本語書籍の取り扱いをスタートするのではという噂もあり、アマゾンの出方も気になるところです。

本格的な電子書籍時代の到来はまだ先のようですから、リーダー機能があるiPhone、iPad、Kindle、Androidを活かすために自炊をしてみました。自炊手順の紹介サイトは多いのですが著作権上の課題があることに触れていることが少ないので当ブログでは目立つように記載しておきたいと思います。

iPhone4のiBooksに取り込んだ「KAGEROU」
IMG_0597

注意喚起情報
自炊はいわゆる著作権上の「私的複製」の場合は問題ないとされていますが、電子化したデータや裁断した原書籍の取り扱いについて、その実態が立法主旨に沿わない場合は同法に抵触または違反する行為になる可能性がありますので注意が必要です。たとえばデータ化したPDFの配布方法や範囲、裁断済み原書の処分方法などはよくよく注意する必要があります。
以下のサイトが大変参考になると思います。

参考サイト
INTERNET Watch:書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK?〜福井弁護士に聞く著作権Q&A

自炊する本を決め、カッターナイフでカッティングし、分割してスキャナーで読み込みます。最後に数ファイルをAcrobatで1つのファイルに結合し、最適化してサイズを小さく抑えました。あとは、iBooksで同期するだけです。作業時間は約1時間でした。

ハードカバーを切り取り背表紙から切り離す
DSC00201

DSC00202

切り離し完了。やはり手作業だと1mm〜2mm程度のズレが生じる
DSC00205

不完全な裁断が所どころに…全ページチェックが必要です
DSC00206

表紙、裏表紙、帯もスキャンするために切り取ります
DSC00210

あとはスキャンするだけです。本体はSnapScan S1500Mを、表紙と帯はフラットベッドスキャナを使用しました。一気に全ページをスキャンすると途中で失敗するのが怖いので20枚程度の6分割で取り込みました。スキャナ設定は本体はスーパーファインで白黒600dpi、表紙はスーパーファインでカラー300dpiとしました。

スキャン終了後、縦横の向きを念のためチェックします。スペースが多いページだと横向きになってしまう場合もありました。あとは分割して取り込んだ本体と表紙、裏表紙の各PDFをAcrobatで最適化の結合します。そのまま結合すると25MBでしたが、最適化した結果4.5MBに抑えるこができました。

各デバイスで表示したところです。最適化すると解像度が心配でしたが読書には十分認識できる程度でした。ただし、Kindle3ではdarknessレベルを上げた方が読みやすいと思います。

Kindle3で表示したところをスキャンしました
05kagerou-kindle

iPhone4でiBooksからPDFを表示
IMG_0598

iPadでiBooksからPDFを表示。iPhoneに比べれば読みやすい。
08kagerou-ipad

DesireでAcrobat Readerを使って表示
09kagerou-android

自炊手順で参考にしたサイト
誠 Biz.ID:動画と写真で確認する——裁断&スキャンのコツ(裁断編)
誠 Biz.ID:動画と写真で確認する——裁断&スキャンのコツ(スキャン編)


      

iPad/iOS4.2の”gsc.wildcat”エラーを解消する方法

iPadをiOS4.2.1にアップデートしてredsn0w JailBreak(tethered)後、Cydiaからアプリやtweakをインストールしようとしてdependency errorが出てしまうことがあります。iPadの解像度に対応していないiPhoneアプリを強制的にiPadモードにする”FullForce”もこのエラーでインストールできません。これを解消する方法が紹介されています。


IMG_0001

参考サイト
Fix the gsc.wildcat error with FullForce for iPad in Cydia

当方からCydiaよりリリースしているWinterBoardテーマを利用したロック画面解除方法をスライドからタップ方式に変更する”Tap to Unlcok for iPad”をインストールできないという報告をコメント欄でいただき、解消方法を確認しました(iPadのロック画面の解除をタップ方式に変更する”Tap to Unlcok for iPad”<一部不具合あり>)。

まず、/System/Library/CoreServices/SpringBoard.appにある、”K48AP.plist”をiFileまたはProperty List Editorで開き、以下の部分を追記します。

<key>wildcat</key>
<true/>


IMG_0002

注意喚起情報
JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となってしまいます。また、JailBreakはアップル社のセキュアな環境を無効化することになるため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

JailBreakとその危険性についてはこちらのサイトで詳細に説明されていますので是非確認してください。
をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

あとはリブートします。この記事を書いている時点ではiPad(iOS4.2.1)のredsn0w JailBreakはtethered(仮脱獄:iOS4.2.1の仮脱獄(tethered jailbreak)てどんなもの?)であるため、このリブート時にはredsn0wで”Just boot tethered right now”で復帰しなければなりませんので注意してください。Cydiaを開くと先ほどのdependency errorは消えているはずです。


IMG_0003

ネット上は探しましたが”wildcat”が何をするためのものか理解できていません。今のところ海外でも上記対処方法で不具合が出たという報告は見受けられませんのでおそらく問題はないものと思います。wildcatの名前がついたPNG画像がMediaPlayerのフレームワーク下にたくさんありました。推測ですがiPadかiPhone/iPodtouchの識別なのかもしれません。

動作環境
iPad WIFI+3G 16GB-USA iOS4.2.1 redsn0w-0.9.6b4 JailBreak(tethered)

[UPDATE1]iPhone4香港版購入とSoftBankから日本通信へMNP移行しました

本年6月24日にiPhone4国内版を購入しましたが、先日SIMロックフリー版を購入し、キャリア契約をSoftBankから日本通信のtalking b-microSIMプラチナサービスにMNP移行しました。理由や経緯等についてまとめてみました。


sim_unlock_iphone4

関連エントリ
iPhone4をドコモSIMで使ってみたけどSoftBankがいいかな
iPhone4を日本通信のtalking b-microSIMで使ってみた
ソフトバンクiPhoneをアンロックしてドコモSIMにしなかった理由

Q1. iPhoneを使うならSoftBankがいいとか言ってたよね?
A1. 料金を抑えてiPhoneの機能をフルに使いたい場合は間違いなくSoftBankが一番。自分の利用環境での電波状況やパケット通信についてどのように折り合いを付けるのかがポイント。自分の場合は住んでいる場所や通勤電車でのパケ詰まりが悪化してる。劇的な改善は望めないので、思い切ってSIMロックフリーのiPhoneを購入し、キャリアもmicroSIMを提供してくれている日本通信に移しました。

Q2. パケ詰まりってそんなに酷い?
A2. 山手線内とその沿線が特にひどいです。朝夕の通勤時間帯は電波が立ってるけどパケットが流れてこなかったり速度が極端に遅くなります。場所によってドコモのFOMA網の方が電波状況が悪いこともあるので注意。

Q3. SoftBankは電波改善宣言を出して頑張っていると思うけど?
A3. 実感できておらずむしろ悪化している印象。「坊主憎けりゃ・・・」じゃないけど社長のツイートにもネガティブに反応するようになり、精神衛生上もよくないのでSoftBankとの関わりを断ち切りたくなりまして。発売後相当期間経過していますが、スマートフォンブームにあってもなお販売上位機種になっていますので販売に基地整備が追いついていないのかもしれません。

Q4. でもSIMロックフリーのiPhone4て高いよね?
A4. SoftBankであれば「実質○○円」のような割引やキャンペーンがありますが、SIMロックフリーのiPhoneはキャリア契約がないため本体価格で購入することになりますので高価になります。ただし、他社SIMを利用するためには必要になります。

Q5. 日本通信にすると何がいいの?
A5. iPhone4用のmicroSIMカード(talking b-microSIMプラチナサービス)を提供してくれるます。ドコモ網を使うしiPhone4はFOMAプラスエリアでも使えるから電波の範囲は間違いなく広くなります。実際に使ってみても、通信品質の点ではSoftBankよりも快適に使えている印象です。プラチナサービスは契約に2年縛りもなく、いつでも違約金なしに解約できる。最近はドコモショップでmicroSIMを発行してくれるようになりましたが、パケット通信費はパケットし放題プランであってもiPhoneは外部機器扱いになってしまうので10,395円が請求されてしまいます。

Q6. 日本通信のデメリットは?
A6. キャリア間のSMSは可能になりましたがMMSは非対応ですので、SoftBankのキャリアメールは使えなくなります。知人友人に変更の案内を出すのが面倒でした。あとは利用はしていませんがFaceTimeも非対応です。またSoftBankやドコモのような海外パケット定額サービスはありませんし、海外パケットのローミングサービス自体がないようです。さらに、通話や基本料金についてファミリー割引のような値引きはありませんし、家族内通話無料というサービスもありませんから、通話が多いと予期せず高額な請求になってしまうことがあります。

Q7. 故障したらどうするの?アップルのサポート体制は?
A7. 国内版と違うのでSoftBankショップに持ち込めない。キャリアに関することは日本通信のサポートデスクに電話、iPhone4の端末に関してはアップルストアに持ち込むことになると思う。

Q8. アップルストアに持ち込んで交換してくれるの?
A8. SIMロックフリーも販売する地域によって仕様が違うので日本のアップルストアに持ち込んでも期待するサポートが受けられない可能性もありそうです。購入した国のアップルストアへ持ち込むのが安全です。日本のアップルストアに持ち込まなければならない場合は、(1)SIMロックフリーと交換してくれるか、(2)シャッター音はミュート時にならない(海外仕様)か、を必ず確認した方がよいと思います。というのもアップルが交換してくれるのは新品ではなく日本仕様の再生品だからです。・・・以下のサイトにいろいろと情報が寄せられています。
【参考サイト】もっと知りたいリンゴあれこれ
Apple Store「海外のSIMフリーのiPhone 4の修理、トラブル対応もちゃんとしますよ」だそうです

Q9. 電話番号を変えたくないのでSoftBankから日本通信にMNP移行できるの?
A9. できます。SoftBankのお客さまセンターに電話してMNP予約番号を発行してもらう。どちらのキャリアに移りますか?と聞かれますが答えなくてもかまいません。その場でオペレーターが予約番号を教えてくれます。直後にiPhoneにもSMS経由で予約番号が通知されます。

Q10. MNP移行するときに注意する点は?
A10. 予約番号の有効期限は2週間程度しかありません。日本通信に移行する場合は10日程度が目安となるようなのですぐに同社のWebから申し込まないとダメです。それから店頭でSIMカードを受け取ることができませんので、申し込みから切替まではSoftBank回線が使用できますが、切替後に佐川急便の受取人確認配達サービスで発送されるために受け取るまで少なくとも1日は無回線状態になってしまいます。不在などで受け取りができないとその分回線がない状態が続いてしまいます。

Q11. で、結局いいわけ?
A11. ツイッターで「iPhoneのパケ詰まりがひどい」とかいうツイートをみてニヤニヤできます。ただし、iPhoneの機能の一部に対応していなかったり、月額利用料金が高めになること、SIMロックフリーのiPhoneが高価であることや、サポート体制が充実しているとは言えないことなど、SoftBankのSIMカードに比べて見劣りする部分もあることに注意してください。電波という目に見えないものへの投資になりますので難しい判断だと思います。

Q12. 迷ってるんだけど・・・
A12. サポートが気になるのであればやめた方がよいと思います。この組み合わせで使用しているユーザは極少数のマイノリティなので人を頼るのが難しいですから、ある程度自分で解決できるような知識またはそういった覚悟が必要になります。ちょっとした不具合でソフトバンクショップやカスタマーセンターへヘルプを求める方はあきらめた方がいいと思います。


      

HTC Desire(SIMロックフリー版)をS-OFFしてみた

HTC Desireの海外SIMロックフリー版(以下、本エントリにおいてはDesireといいます。国内版X06HTとは異なります)でS-OFFしてみたのでその備忘録です。S-OFFとは”Security Off”とのことらしい。メーカー側の安全装置(S-ON)を解除する作業のため、本当に文鎮化してしまう可能性があるので非常に危険のようです

What is S-OFF? – [TUTORIAL] How to S-OFF your HTC Desire
HTC implemented security on their newer generation phones. This flag, called @secuflag, controls whether your phone has it’s NAND or flash unlocked. Most noticeably, S-ON (security on) will read-lock your /system and /recovery partition, to name a few. Also, secuflag controls whether zip files being flashed through recovery or fastboot, are signed by HTC.
The now notorious S-OFF (security off) will disable this NAND security.

root化しただけでは完全に自由な状態ではありません。NANDといわれるシステムを格納する内蔵フラッシュメモリはロックされた状態であるため、システム領域にファイルを書き込む場合は、カスタムリカバリを起動した状態でAndroid SDKのadbコマンドやadb shellでログインする、または署名付きZIPファイルのflashが必要です。これがS-ONの状態であり、Desireは起動するとシステム領域はRead-only file system状態になります。S-OFFするとDesire起動中でも書き込み可能になります。

S-ONとS-OFFはブートローダーを起動させた状態で確認できます。

S-ONの状態(Eclair時の画面)

S-OFFの状態(FroyoにアップデートしてS-OFF実施後)

S-OFFにあたり次のサイトを参考にさせていただきました。
[TUTORIAL] How to S-OFF your HTC Desire
HTC Desire X06TをS-OFFする

Googleで検索してもS-OFFに関する情報はあまりないように思います。ただし、どこのサイトをみてもその危険性について触れています。自己責任において実施する必要があります。

用意したもの
HTC Desire(欧州版SIMロックフリー)をroot化
Windows7機(USBブート可能であること)
USBメモリ(1GB)

ブート可能なUSBメモリを作る
Universal USB Installerをダウンロードし、Windows7機にインストールし、USBメモリに焼くイメージファイルAlphaRev1.5をダウンロードします。

USBメモリをPCに接続してUniversal USB Installerを実行します。Linux Distributionを選択するようですが、よくわかりませんでしたのでドロップダウンリストの一番下にあった”Try Some Other Live Linux ISO”を選択しました。イメージファイルにはダウンロードしたalpharev.isoを指定します。USBメモリのドライブを指定して実行します。



S-OFFを実行
USBメモリを接続した状態でWindowsマシンを再起動します。起動時にブートドライブを選択します。ブートメニューを出すためにEscキーやファンクションキーのいずれかを押すのが一般的だと思います。ブートドライブをHDDではなく、USBメモリを接続したドライブを指定します。
以下の通りディスプレイに文字が流れてきます。「文鎮化する可能性がありますが本当に実行しますか?」という確認があります。続ける場合は何かキーを押します。

===================================================
= Welcome to the AlphaRev 1.5 S-FF HBOOT flasher ==
===================================================
This will provide you with the most current HBOOT for your phone,
patched to ignore security and to provide extended fastboot commands.
Remember : your phone needs to be rooted already. This program will not do tht for you.
Please note that this will NOT set the actual security flag (@secu_flag) in
the radio NVRAM (radio S-OFF), you will this change your CID.
Instead, this HBOOT will ignore the security flag.
This means that if you ever update to an official RUU that has a HBOOT update in it,
this custom HBOOT will be removed and you will lose all root/security-ignore capabilities.
It is possible to circumvent this by removing HBOOT updates from the RUU you want to flash,
since you will have the possibility to flash unsigned updates due to security-ignore.
Please remember that a HBOOT update is a critical part of you phone, if anything goes wrong,
this WILL brick your phone.
AlphaRev is NOT responsible for any bricks, murdering your cats, exploding phones or any other damage
this might incur. By continuing, you state that you are fully aware of the risk and accept it.
Press any key to continue . . . sd 4:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sd 4:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sd 4:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through

これが出てきたら起動した状態のDesireをPCに接続し、USBデバッグモードにします。中止する場合はDesireをPCに接続しないでください。これが中止できる最後のチャンスです。

Please connect your phone via USB while booted up, and enable USB debugging.
============================================================================

Desireが認識されますので、あとはStep1からStep3までの作業が自動で実行されますので完全に終了するまでじっと待ちます。10分程度で完了しました。

Waiting for your device… FOUND!
Identifying your phone:
Detected Model ID: PBXXXXXXXX
Device model: Bravo (HTC Desire)
CID: HTC__032
HBOOT version: 0.93.0001
Pushing necessary files to the phone..DONE.
Step 1 of 3 is done, rebooting your phone.
Waiting for bootloader..OK!
Booting to android for the next step.
Waiting for your device…FOUND!
Waiting for Android to boot, dozing off for about 30 seconds while we wait.
Step 2 of 3 is running..
Preparing your phone for HBOOT flash..DONE.
Rebooting your phone.
Waiting for bootloader..OK!
Step 3 of 3 is starting. During this step, your phone will seem to hang on the HTC splash screen.
This is normal. DO NOT TURN OFF YOUR PHONE DURING THIS STEP, HBOOT is being flashed during this stage,
and turning it off WILL *BRICK* your phone!
Waiting for flashing to complete…
HBOOT was flashed successfully! You can now truly take control of your secrity-ignore-bootloader Android phone!
This flashing method was brought to you by AlphaRev.
Big thanks to everyone at the unrEVOked team for their NAND unlock method and guidance.
Rebooting your phone to bootloader… Enjoy your new found freedom!
Press any key to shutdown, the procedure is finished.

ここまで表示されたら終了です。何かキーを押してシャットダウンします。ボリューム(マイナスボタン)を押しながら電源ボタンを押してブートローダーを起動します。S-OFFに変わっているはずです。

S-OFFするとカスタムリカバリにアクセスできなくなることがあるようですが、今回はS-OFF後も問題なくClockworkModのカスタムリカバリが起動しました。