[UPDATE1]これで快適バスタイム – iPad用スタンド付き防水ケース

寒い夜はゆっくりとお風呂で温まりたいですね。Twitterでフォローしている方が防水ケース(DRiPRO社 PORTFOLIO Waterproof Case for iPad/Tablet PC)をツイートされていたので、ウェブサイトで見たところ値段も手頃で良さそうなので購入してみました。これが期待以上のスグレモノでしたので紹介させていただきたいと思います。


DSC00270

DSC00266

DSC00269

このPORTFOLIOは防水性能IPX8/水深10m防水ということで入浴中に誤って浴槽に落としてしまっても全く問題ありませんし、強度の高いビニールですからそうそう穴が空いてしまうものではありません。他の防水ケースもありますが、このPORTFOLIOで特に秀逸なのがカバーを広げてスタンドにすることができる点です。スタンドにした状態で風呂フタの上に置けば、立てた状態で両手を使うことができます。ビニールは本体との隙間なくタッチスクリーンに吸着していますので普通にフリックやジェスチャーが効きます。ソフトウェアキーボード入力もまったく問題ありません。実は、このエントリの途中まではバスタイム中に書いていたりします。


スタンドで立てた状態
DSC00307

防水ケースに入れたiPadをバスタブに入れてみました

バスタイムはゆっくり落ち着いて過ごせる時間ですから俄然これからのバスタイムが楽しくなってきました。「バスタイムで映画鑑賞も、読書も、ツイッターもできてしまう。iPadでね!」というTVCFが流れてきそうです。防水Bluetooth対応スピーカーが欲しくなってきました・・・


DSC00274

DSC00277

DSC00279

DSC00280

DSC00281

購入について
DRiPRO社のウェブサイトから注文し、香港から発送のため到着まで1週間程度でした。送料込みでUS$42.99は円高の今なら魅力的です。調べたところAmazonからも購入できるようです。

防水性能について
DRiPRO社のPORTFOLIOの防水性能はIPX8、水深10m防水とのこでお風呂場で使用する分には問題ない性能です。

(参考)
IPX8とは国際規格で「等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない」とのことで技術的な規定がありませんが、IPX7は「定められた条件(1M、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない」水準です。

使い始める前に
何も入れない状態で水の中に沈めてみて、空気が漏れたりしていないか浸水していないかを確認します。いきなり、iPadを入れて水浸しになったらショックですからね。

使用上の注意
お風呂で使う分には十分です。取説によると40℃から表のビニールが柔らかくなり始めるそうなので、よほどの温度で長時間沈めていなければ問題ないと思います。お風呂から上がったあとはしっかりケースの水気を切ってから取り出します。ちなみに冷水なら-5℃と書いてありました。
不便かなと思った点は、上面のパワースイッチは押しにくいです。側面のローテーション(または消音)スイッチとボリュームボタンは押せないかもしれません。それから防水効果は抜群ですが、使い終わった後に取り出すまでにタオルで拭き拭きするのがやはり面倒です。

iPad2について
2011年3月11日に米国で先行発売されたiPad2はiPad1よりも厚みがなくなっています。そのためケースに入れると若干隙間ができますが操作性には特に問題ありませんでした。マルチタッチ・ジェスチャー機能もしっかりと反応してくれました。


iPad2 with Waterproof case

ついでにiPhone用の防水ケース…
入浴中にiPhoneを使用していますが、サンワダイレクト「防滴ケース200-PDA016」で防水対策をしています。密閉性があり窓空き部分も強度の高いビニールなので気に入っています。ケース内部にイヤホンジャックがあり、付属の防水対応イヤホンを挿すと音楽も聴くこともできます。でもiPadの大きな画面とキーボード入力が快適すぎて、これからはiPadだけを使いそうです。


DSC00297

DSC00299

    

続きを読む [UPDATE1]これで快適バスタイム – iPad用スタンド付き防水ケース

仕事でスマートフォンを活用したいサラリーマンの憂鬱

スケジュール管理やToDo、アイディアメモなどスマートフォンを仕事でも活用したいと考えている方も多いことと思います。わたしもその一人です。しかし、企業の情報セキュリティによってそれは妄想に過ぎないことに気づかされます。企業の情報管理に関するセキュリティは年々強化されており、企業によっては個人所有のスマートフォンを業務上に活用することはきわめて困難ではないでしょうか?特に解決策があるわけではありませんが、そんな憂鬱を共有できる方がいればと思いまとめてみました。

iphone-cal

書店ではスマートフォンの活用本が所狭しと並んでいますが、実際はどうでしょうか?わたしの場合そのようなハウツー本はまったく役に立ちません。

私物のスマートフォンと企業のセキュリティは相容れず、たとえば以下のような制限があります。

  • 動画投稿サイト(YouTubeやニコニコ動画)へのアクセス禁止
  • Webメール(Gmail、hotmail等)サイトへのアクセス禁止
  • Webストレージサービス(dropbox等)へのアクセス禁止
  • クラウドサービス(Evernote等)へのアクセス禁止
  • SNSサイト(2ch、Twitter、mixi等)へのアクセス禁止
  • 特定ブログサイトへのアクセス禁止
  • ソフトウェアのインストールの禁止
  • アクセスしたWebの履歴を上司にレポート
  • 外部メディア(USBメモリ等)への書き込み禁止
  • 外部送信メールのキーワードフィルタリング
  • 外部送信メールの添付ファイル種類の制限

などなど

スマートフォンはパソコンやWebサービスとの連携があってその威力を最大限に発揮することができます。このような制限があることで、たとえば会社のスケジュール管理ソフトで入力した予定や連絡先の情報を私物のiPhoneにUSB接続して同期させることはもちろん、Googleなどのクラウドサービスを経由して同期させることもできません。むしろ、会社のPCで入力したものを、私物のスマートフォンでも再入力するなどムダな作業が生じることになるばかりではなく、相互で入力漏れが発生する可能性もあり、余計に非効率ですし非常に危険です。

これらの企業の取り組みは、ウィルスやスパイウェアの侵入や個人情報の大量流出、企業秘密の外部流出等を防止する観点からいた仕方ないことかもしれません。会社がスマートフォンを支給すればよいのかというとそうでもありません。今度は私的使用に制限が課されることになるはずですから。企業によってはオフィスに私物の携帯電話すら持ち込めないという例もある様ですから、自分のスマートフォンをオフィスに持ち込んで仕事中にTwitterなどが自由にできている今の環境は実は幸せなのかもしれません。などと思ったりして自分を納得させています。

TV消す時のアニメーション – Nexus SとiPhone

先日、”Nexus Sをホレホレしてもらう会”というオフ会で昨年12月16日に米国で発売されたNexus Sをうらやましく思いながら、手元のNexus OneにGingerbread(Android OS2.3)のアップデートが来ることを待ちわびていましたが、なかなかその気配がありません。待ちきれずGingerbreadのカスタムROMをNexus Oneにインストールしてみました。


ns-custom-rom

FroyoからGingerbreadになってデザインやUIがさらに洗練されてきた印象を受けました。細かい部分のアイコンやアクションのにくい演出は嬉しいものです。そのひとつに画面をロックするときのアニメーションです。昔のブラウン管TVを彷彿とさせる、電源を消したときの「プツン」と鳴って白いビームが画面中央で水平に走るあの演出がなされます。
この効果を何というのかわかりませんので説明するのが大変です。iPhoneでもJailBreakしていることが前提ですがこれと同じ演出が可能になります。Cydia StoreからTV Tube Sleep(US$0.99)というtweaksをインストールします。リリース時期を比較すると”TV Tube Sleep”はこのGingerbreadの演出を取り入れたものなのかもしれません。

説明も難しいので動画にまとめました。AndroidはHTCのSenseUIの味付けが気に入っていたのですが、素のGingerbreadでもなかなか良さそうです。今年は昨年にもましてAndroid端末から目が離せそうにありません。

参考サイト
Google携帯「Nexus S」の実力は? – 【前編】外観・パフォーマンスをチェック – マイコミジャーナル
Google携帯「Nexus S」の実力は? – 【後編】Androidの”買い時”到来 – マイコミジャーナル
Nexus Sを1日使った感想(ハードウェア編)- juggly.cn
Nexus Sを2日使った感想(ソフトウェア編)- juggly.cn


   

[UPDATE3]iPhone4ホワイトと職人とわたし

iPhone4のホワイトは発売時から物議を醸してきましたがいよいよ発売しないことが決定的になったようです。これを機にiPhoneをホワイト化しました。このときにいろいろと感じたことを書き留めておきたいと思います。


DSC00224

ホワイトiPhone4は発売されないのか?
6月末の発売当時は生産が追いつかないので夏頃になると噂され、その後は品質が安定しない等の理由でクリスマス前後になるのではないか、CDMA版と同時に正式発表されるかもしれない等と徐々に時期がズレていました。先日、米国Verizon社がCDMA版iPhoneを発表後、アップルはUSサイトからiPhone4のホワイト版を完全に削除し、その後、日本のサイト(アップル – iPhone – iPhone 4 技術仕様)からも削除されました。

ホワイト化の理由
実のところブラックがいいと思っていたのでホワイト化にはあまり興味ありませんでした。購入時に両方そろっていてもブラックを選んだと思います。ところが… 昨年末のTwitterのオフ会に参加した際にホワイトのiPhone4を見せていただき「美しい」と感じました。それまでホワイトはiPhone3G(S)でしか見たことがありませんでしたから、その延長で絶対的にブラックがいいと思っていましたが、フロントパネルまでホワイト化されたiPhone4を見たとき、素直に「清楚」で「気品」ある美しさ、そう感じてしまったのです。あとはiPhoneユーザが増えてきたので人とは違ったものを持ちたいという見栄みたいなものでしょうか。


DSC00228

ホワイト化に見た職人の技と自分の限界
これが本業ではないのですがモノづくりの職人の方にお願いして作業していただきました。自分ではiPhone3GSの電源ボタンを修理するために分解した経験がある程度でしたし、iPhone4のホワイト化の記事(iPhone 4 ホワイト化カスタマイズの全貌)を読んでいたので、とても自分で作業できるような仕事ではありません。

分解から交換まで一部始終の作業工程を拝見して感じたのはまさにこれが「職人技」なのだと。小さいネジ、弱々しく繋がっているコネクタ。ネジのサイズや場所、外す順番。わたしは普段はオフィスでパソコンを前にパチパチとキーボードを叩くしかできません。作業していただいた方が、組み上がった後「ホームボタンの感触がおかしい」と仰るのです。もう一度バラシ始めるではありませんか。確かに反応していないのでおかしいのでしょうけれども、わたしには依然と変わらない感触でした。

ホワイト化キットの品質もばらつきがあるようで特にホームボタンの裏側のスイッチは問題が多いようです。再度ばらして黙々と急いでいるけど正確な作業。組み上がって無事ホームボタンも動作確認できました。「ホームボタンの感触が違いませんか?」と問われ、わたしは恥ずかしながらまたもやその違いを全く感じ取ることができませんでした。その時、思い知りました「ああ、これが職人なんだ、モノづくりとはこういうことか」と。指先の感性がまるで違うわけです。ばらして組み立てるだけならできそうですが、そういう感覚は今からでは絶対に得られない、手に職のないわたしには超えられない大きな壁を感じました。

大げさかも知れませんが、こうした電子デバイスは海外で製造されていて、そこで組み立てている人たちがいる。粗悪な模倣品を見て「懲りない連中だなぁ」などと思ってしまいがちですが、実は海外の技術移転とか国内産業の空洞化なんてこんな短い単語では言い表せない深刻な問題が進行しつつあるのではないのかと。
作業後、仕上がりに大満足です。手にとっていろんな角度から眺めて楽しんでいます。やっぱり美しい。。。

ちょっとデコレしてみた
iPhone4のマイクロSIMが発表されたときに、通常SIMをカットする作業が話題になりました。そのとき、通常SIMサイズに戻すためのアダプタがありましたがそれを購入した海外の会社が「iPhone Death Grip」をリリースしたとメールが届き、前回のアダプタの質が思いの外高いので今回も購入してみることにしました。しばらく放置してあったのを思い出し、ホワイト化したついでにちょっとデコレーションしてみました。


DSC00236

DSC00238

パーツは3つ。台紙からはがしてそれぞれ順番に上からこすりながらフレームに吸着させます。気泡が入ることがありますが、しばらく使っていれば馴染んで目立たなくなりました。はがすときは爪をたてれば簡単でした。ちなみに、このステッカーを貼ったままケースに入れると相当窮屈になります。それほどケースは密着するギリギリの寸法で作られているようです。

念のためですが分解作業で不具合が出る可能性があります。当然、保証対象外になりますので作業される方は自己責任のうえ十分注意してください。

ホワイト版に関する不具合について
アップル社がホワイト版を発売できない理由として製品として同社の基準を満たせていないといううわさがあります。そうしたパーツが流出し流通していると考えると、なにかしら不具合があっても不思議ではありません。ネット上で不具合が報告されている点は次のとおりです。個体差があると思いますので参考程度にしていただければと思います。

パーツや液晶画面の黄ばみ
一定の白さを保つのが難しいと噂されているとおり、数台のカスタム版ホワイトiPhoneを手にとって見た経験からも個々の流出パーツは次第かと思います。中にはHOMEボタンが黄ばんでいてフロントパネルの白さと比較して目立つものも。幸いわたしの流出パーツは黄ばみや白の不統一感はないように思いますが、如何せん純正がどのような「白さ」なのか分かりませんので比較しようがありません。店頭に並ぶ日がくれば比較してみたいと思います。

LEDフラッシュの写り込み
わたしのカスタム版ホワイトiPhoneでは確認できていません。

近接センサーが動作しない
残念ながら反応しませんでした。電話をするときに顔を近づけた時に終話ボタンなどを誤って操作しないよう画面が暗くなるのが正常です。頬が触れてキーパッドで「ピ・ポ・パ」みたいになったことがありますが、誤って終話するには余程画面下の方を頬に押し付けることになるので実際に発生することはないと思います。いきなりスピーカーホンになったら困りますが・・・

その他、気になったのはiPhone 3GSから採用されてiPhone4でさらに磨きのかかった「対指紋性撥油コーティング」がイマイチな点です。純正ブラック版と比較してヌルヌルのすべり具合は問題ありませんが指紋が残りやすいです。気になる場合は保護フィルムを貼るなどの対処が有効かもしれません。

しばらく使用して他の点も気がついたことを追記していく予定です。ちなみに「iPhone 4ホワイトが各国小売の在庫システムに登場、2月27日発売??」のようなうわさもあります。さてさて、どうなることでしょうか。

さらなる噂として「『iPhone 4 』ホワイトモデルが1月27日からアップルでネット販売開始か」のように、もう発売はないのではと思っていたところに全く正反対の急展開です。技術的にクリアしたことが紹介されているこちらの「iPhone 4のホワイトモデル製造安定のため、被膜厚指定の塗料を開発?」の記事ではSteve Jobs氏は既にホワイトiPhoneを使用しているという噂さえ。さらに面白い記事として「White iPhone 4 Issues Fixed By New Paint Process, Launch Imminent?」という海外の記事ではこの技術的な問題点を克服したのは「日本の小さな会社」とされています。

やはり気になる噂ですが、どうやら本当に発売なのでしょうね。アップル社の共同設立者の一人であるスティーブ・ウォズニアック氏が「まもなく発売する」と発言されているようです。ほぼ発売は間違いなく、あとの関心は「いつになるのか?」ということでしょうか。

最後に。「もう発売はない!」と思ってカスタムホワイト版にしたばかりなので複雑な気分ではありますが、時期的にここまでずれてしまうと次世代iPhoneの公表・発売時期まで時間もないことや、なにより香港版iPhone4に切り替えたばかりということもあり、もし日本で発売されることになれば店頭でうらやましく眺めるしかなさそうです。

続きを読む [UPDATE3]iPhone4ホワイトと職人とわたし

谷亮子×三原じゅん子

今日、田母神俊雄氏と三原じゅん子氏の対談記事”「ニッポンの国防」一触即発の中国・朝鮮半島情勢 米・韓・中、そして北朝鮮とどう渡り合えばいいのか“を読みました。その内容について云々するつもりはないのですが、三原じゅん子氏の活動の幅の広さに注目しました。元女優のためか見せ方というのでしょうか自分の活動をうまくメディアへ流しているようにも感じます。

昨年の参議院選挙の立候補当初には、タレント議員とひとくくりに見ていましたが、実は女優業の傍らで地道な活動を続けていたことを知りました。今や日本の国防を語っているなんて!その目的がどうであれ当選後まだ半年足らずの1年生議員が元航空幕僚長と対談までしてしまうことに感心しました。昨年秋には国会質疑デビューを果たし、その内容もなかなか堂に入ったものでした。活動内容は公式ウェブサイトの他にブログを公開(当選前から続けているようです)し、毎日、1日数回書き込まれています。

ふと思い出したのは同じ昨年の参議院選挙で当選した谷亮子氏です。当時の民主党幹事長である小沢氏が擁立し、彼女の知名度の高さから予想通りの圧倒的得票数で当選しました。公式サイトでしか活動内容を確認していませんが、ホームページだけでは彼女の掲げる政策への日常の取り組みが伝わってきませんでした。

実に対照的な二人ではないかと。選挙後6ヶ月程度しか経過していないとはいえ、立候補の経緯がこうも当選後の活動に差が出てしまうとは。メディアへの露出や情報発信の違いでそのように感じてしまうのかもしれませんが。今後も注目な二人です。いろいろな意味で。

三原じゅん子 オフィシャルウェブサイト オフィシャルブログ
谷亮子 公式ホームページ

今年もよろしくお願いします

早いもので2009年10月から始めたこのブログも1年ちょっと。当初は自分の備忘録的な使用方法を想定していましたが、コメント欄等で質問をいただくようになってから「誰かに読まれる」点を意識して書くようになりました。おかげさまでカウントを始めてから20万PVを超え自分でも信じられません。

一方で「誰かに読まれる」を意識しすぎていたような気もします。今年は、個人ブログらしく様々な分野で自分が感じていることを書いていこうと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。