Kindle4専用LEDライト付きレザーカバーが予想以上によかった

9月28日にリリースされたKindleのエントリモデル(Kindle4)のLEDライト付きレザーカバー(Kindle Lighted Leather Cover)が届きました。期待以上にすばらしかったためご紹介します。このカバーはKindle4発売と同時に発表されPre-orderを受け付けていましたが、ようやく11月16日に発送されて11月20日に手元に届きました。

Kindle Lighted Leather Cover(Black)

Amazon Kindle4開封の儀
https://daisukeblog.com/?p=1678


それもそのはず、Kindle4本体が国際版US$109と比較すると、このケースはUS$59.99もします。ちょっと高価過ぎかもしれません。色は無難にブラックを選びましたが、他にブラウン、グリーン、パープルがあります。


外側はレザーで中央右側に『kindle』の刻印があります

カバーを開くと左側はKindle本体のスクリーンを保護するフェルト生地、右側はKindle本体のボディをシリコン・ラバー製でしっかりと固定し、容易に着脱可能。下の突起2個がKindle本体のバッテリーから給電するための端子になっています。


Kindle本体が隙間なくぴったりフィットします。カバーを取り外す際は右下から、無理に力を入れずにゆっくり外すのがポイント。

上部のLEDライトを持ち上げると点灯します。Kindle本体の電源と連動しているので、本体がオフの時に持ち上げても点灯しません。

本体左右のページ送り・戻しボタン操作に支障のないギリギリのところまで保護しています。ボタンを押し込んだときにも違和感なく反応してくれます。

立てることも可能です。意外に便利かも?

裏面です。外側に向かってカーブしていますので手に馴染み、とても持ちやすいです。既にキズが写っていますが、ちょっと角があるものが当たったりこすったりするとキズがつきやすいかもしれません。

LEDライトは十分に明るいです。むしろ完全な暗闇でしようするとまぶしいかもしれません。

Kindle4は重さが170gと非常に軽く持ち運びやすい特長があります。このケースはその特長を消してしまうことなく、これだけオシャレで十分に保護しつつ、取り回しやすさを失わないすばらしいクオリティだと思います。

Kindle3(Kindle Keyboard)のケースは厚みが増して重量もあるのでケースは外した方がいいかなと感じるやや残念な仕様でしたが、Kindle4のこのケースは装着したままでも野暮ったさを感じません。スリムかつ軽い特長をそのままに、通勤電車でつり革を持ちながら片手でKindleで読書することもいままで以上に快適になるアイテムだと思います。Kindle本体が進化を遂げてきたのと同じようにケースも進化しているのだなと感じる一品でした。