カテゴリー別アーカイブ: HTC Desire

[UPDATE2]HTC Desireのリブート無限ループの原因

欧州版のHTC Desire SIMロックフリー版が操作中に突然スクリーンがブラックアウトしてリブートの無限ループに陥る原因におおよそ検討がついた。国内版としてSoftBankから発売されたX06HTについてこのような症状が出ているような記事は見かけないので、手元にある欧州版の個体の問題と思われる。


overheating

症状
端末操作中に突然スクリーンがブラックアウトしリブート。しかし、画面には”HTC quitely brilliant”と表示され(皮肉なもんだが)、耳を劈くような音を鳴らしながらそのまま固まるか、再度ブラックアウトして再起動仕様とすることの繰り返し。最終的にはバッテリーを外して放置するハメに。翌朝、電源を入れると普通に起動する。特定のアプリのインストールや操作中にではなくリブート無限ループがまた起こる。

想定される原因
root化、Mms.apk、App2SD等のカスタマイズが原因なのかとも思ったが違うようだ。本体が一定以上に発熱した状態になると発現することがわかった。発熱の原因はまだ分からないが、長時間(20分以上?)の連続操作は確実にこの状態に陥る。バッテリーが発熱しているのかと思ったが、どうも本体の違う部分。海外サイトには同様の報告が上がっていることからまず間違いないと思う。

とりあえずの措置
危ないとおもったら本体を放置して冷却するしかない。今日一日これで確実に防止できた。

動作環境
HTC Desire SIMロックフリー版
Firmware 2.1-update1
Build 1.15

— Updated on June 23, 2010 —
ROMをDeFroST1.0にしてみたが症状は改善せず、Location関係のスイッチをオフにしてみたが、やはり本体の発熱によりリブートの無限ループが始まってしまった。


location-settings

動作環境
HTC Desire SIMロックフリー版
Android2.2(Froyo)
Build FRF50

— Updated on June 24, 2010 —
発熱を抑えるためにオーバークロックならぬアンダークロックを試みた。SetCPU for Root Usersというアプリでクロックを最小に設定して、本体の発熱が抑えられるのか、リブート無限ループに陥ってしまうのかを確認してみた。結果はやはりリブート無限ループへ。ただし、発熱して突然落ちてしまうまでの時間はこれまでよりも長時間継続使用が可能だった。


setcpu-desire2

動作環境
HTC Desire SIMロックフリー版
Android2.2(Froyo)
Build FRF50

続きを読む [UPDATE2]HTC Desireのリブート無限ループの原因

[UPDATE1]HTC Desireで黒SIMのMMSができた

HTC Desire SIMロックフリー版で黒SIMのMMSを利用できるようにしたのでその備忘録。Android初心者なのでroot化が前提の作業で不安を抱えながらだったけど、なんとかできた。iPhoneのJailbreakのように紹介サイトがすくなくこの手順があってるかわからないけど忘れるといけないのでその記録を残しておく。

HTC Desireが自分のメインになれない理由のひとつに「MMSが利用できないこと」があったので、これで利用する頻度が増えそう。

メッセージの送受信した相手別に表示
5-mms-all-thread

注意喚起情報
HTC Desire SIMロックフリー版のためSoftBankから発売されたX06HTとは異なります。

参考サイト
root化:24/May r5 – HTC Desire rooting guide – now with HBOOT 0.80 and OS to 1.21 support
MMS導入:HTC Desire(X06HT)で Softbank MMS対応する方法 Mms.apkの差し替え

準備する
Android SDK
root化したHTC Desire本体(参考サイト)
Mms.apk(参考サイト)

始める

  1. 母艦にDisk driveモードで接続し、Yokin’s Studioさんのサイトからダウンロードした”Mms.apk.jakeMod3″をSDカードにコピー。
  2. USB debuggingモードにする。Settings>Applications>DevelopmentからON/OFFできる。
  3. 電源OFFして、戻るボタンを押しながら電源ON。
  4. “BOOTLADER”を選択した後のメニューで”RECOVERY”を選択する。ここで本体が再起動し、赤い三角形のマークが画面中央に表示された状態になる。
  5. Terminalからroot化する際にダウンロードしたZIPファイルに含まれる”recovery-mac.sh”(Winマシンなら多分”recovery-windows.bat”)を実行しSystem Recoveryモードに入る。

    Android system recoveryに入ったところ
    desire-recovery2

  6. TerminalでAndroid SDKのtoolsディレクトリに移動し”./adb shell”を実行。root化されていればプロンプトは”#”になっているはず。
  7. そのまま以下のコマンドを実行。

    # mount /sdcard/
    # mount /system/
    # cp /sdcard/Mms.apk.jakeMod3 /system/app/mms.apk
    # cd /system/app
    # rm Mms.odex
    # reboot

  8. HTC DesireのMessagingを起動するとビジュアルが変わっているはず。menuボタンからSettingsに入り”Custome User-Agent”で”iPhone(3.0)”を選択。
  9. HTC Desire本体のMMSに関する設定を以下のとおりにする。Settings>Wireless&networks>Mobile networks>Access Point Namesを選択して、APN設定がされていない状態であれば、menuボタンからNew APNで新規作成する。

    APN: smile.world
    Username: いつものやつ
    Password: いつものやつ
    MMSC: http://mms/
    MMS proxy: smilemms.softbank.ne.jp
    MMS port: 8080
    APN type: default,supl,mms (ブランクでもいいかも)

参考スクリーンショット
TOPに表示した画像はMessagingを起動したところ。送受信した相手が一覧で表示され、名前の脇に括弧内に送受信合計件数が表示されるほか、最後に送信または受信した時間、タイトル名が表示される。画像は連絡先に登録されているものが使用される。以下、メッセージの作成画面と相手とのやりとりをスレッド表示したところ。

メッセージの作成画面でメニューボタンを押したところ
2-edit-mms

相手との送受信記録がスレッド表示
4-mms-thread

動作環境
 HTC Desire SIMロックフリー版(root化済み)FW2.1-update1
 MacBook(MB404J/A) Mac OS X 10.6.3

HTC DesireでAT&T micro SIMを使ったモバイルデータ通信ができた

iPad WIFI+3G US版で提供されているAT&Tのmicro SIMを使ってHTC Desire SIMロックフリー版でモバイルデータ通信が出来た。さすがにSIMロックフリー版だとSIMロックされたiPhoneとは比較にならないほどカンタンだった。Nexus Oneは持っていないけど、同じくSIMロックフリーだし、OSがAndroidなので出来るのではないかと思う。

AT&Tの接続プランはあくまで米国内で使用することがメインになるので、日本国内からは国際ローミングを使用せざるをえないため非常に割高なので使用に耐えないだろう。

03ntt-data-romaing-att

注意喚起
このような利用方法はメーカー、キャリアとも保証しておりません。当方も一切関知しないので自己責任でどうぞ。

なお、確認したのはSIMロックフリー版なのでソフトバンクから発売されたX06HTではない。X06HTはソフトバンクの銀SIMしか利用できないようロックされているはずなので、それを解除(アンロック)しないとAT&Tのmicro SIMカードを入れるだけでは認識しないはず。bootloader 0.80のroot化はされたようだがアンロック出来るかどうかは不明である。

まず、micro SIMカードを変換アダプタにはめ込みDesireに入れる。これだけで国際ローミングのパートナーであるdocomoかSoftBankの電波を掴んでくれる(さすがSIMロックフリー)。ステータスバーのアンテナマークの上にRが付きローミング中であることを示している。

01nw-operator-att

次にAPNを設定する。APNはSettings>Wireless&Network>MobileNetwork>AccessPointNameを開き、ハードウエアキーの[menu]ボタンを押して、”New APN”を選択する。Nameはなんでもいいのでわかりやすい名前をつけておく。APNにはiPad側と同様に”broadband”にする。あとは全てブランクで構わない。設定が完了したら自分で付けた設定名を選択して有効にすればモバイルデータ通信が可能になる。

02setting-nw-apn

<関連エントリー>

HTC DesireとMacのアドレスブックを同期する

HTC Desireをある携帯機種から乗り換えようとしたときにいくつか超えなければならないハードルがある。そのうちのひとつが連絡先(アドレスブック)の移行だと思う。電話番号やメールアドレスがすぐに使える環境になければ、スマートフォンの2台持ちであれば、なかなかメインマシンになるのは難しい。HTCからはWindowsユーザであればHTC SyncというOutlookと同期してくれるソフトウエアが提供されているが、Macユーザにはそういうサポートがない。今のところSoftBankから何も提供されていないし、でどうすればよいのか?

GoogleのGmailを利用すれば非常にカンタンに移行できる。Gmailのアカウントがない場合は無料で取得可能なので、持ってなければ今後も何かと重宝するので取得しておいた方がよい。
まず、アドレスブックを起動し、メニューのアドレスブックから環境設定を開く。アカウントを選択して、アカウント情報にある”Googleと同期”にチェックマークを入れ、Gmail用メールアドレスとパスワードを入力するだけである。同期が開始しないようであれば、アプリケーションのシステム環境設定からMobileMeを選択して同期メニューから”今すぐ同期”を実行する。

AddressBook2

そしてGmailの連絡先データとHTC Desireを同期させる。Settings>Account&Sync>Googleを選択する。同期させたい情報にチェックを入れる。連絡先のほか、カレンダーやメールも同期させることが可能で、連絡先だけを同期させる場合は他のサービスのチェックを外しておくだけでよい。”Sync all”をタップし同期作業が終われば完了である。

setting-all

setting-sync

settings-sync-completed

今回はGmailを経由させた。microSDカード経由で直接HTC Desireにインポートする方法もあるようだが(未確認)、今後のメンテナンスを考えるとGoogleのような同期作業がカンタンなサービスを選択しておく方がよいと思う。ただし、HTC Desireの標準アプリは氏名の読み仮名に対応していないためソート順はめちゃくちゃになるので留意する必要がある(Gmailの連絡先は読み仮名対応している)。

動作環境
 HTC Desire SIMロックフリー版
 MacBook(MB404J/A) Mac OS X 10.6.3

HTC Desire SIMロックフリー版でrootを奪取【動画あり】

HTC Desire SIMロックフリー版のroot化が可能ということをツイッター上で知り、実行してみたのでその備忘録というか苦労話。Nexus Oneではroot化の話題をよく見かけていたので、HTC Desireも同じAndroidベースだしカンタンなのでは?とおもっていたが、全然違った。考えてみれば当然のこと。iPhone Jailbreakでも同じことだがOSバージョンやハードウエアによってExploitは違うので実行方法は異なるわけで。

snap20100501_215218

注意喚起情報
SIMロックフリー版とは国内で発売されたSoftBank X06HTと異なり、特定キャリアのSIMカードに利用が制限されていない端末のこと。また、わたしはAndroid端末に触れて1週間の素人です。この記事を見ておかしくなったというようなクレームを受けても何のサポートもできません。いろいろリスクがあるようですので自己責任でどうぞ。

参考にさせてもらったのは “29/Apr r3 – HTC Desire rooting guide (now with new improved / easier root method!)” のサイト。Paul氏はAndroidのroot化のツールや方法などを産み出すハッカーで、iPhoneのJailbreakでいうところのDEV-TEAMやGeohot氏的な存在なのかな。

と思ったら日本語で紹介されているサイトが既にありました。こちらも有名なサイトだったり?
【ご参考】HTC Desire rooted手順

事前準備1(ブートローダーのバージョン確認)
HTC DesireのBootloaderのバージョンが0.75以下でないとダメらしい。本体の電源OFFで下のバックキーを押しながら電源を入れると通常起動とは異なるメニューが出てくるのでそこでBootloaderのバージョンを確認する。手元の端末は運良く(?)0.75なのでroot化は可能な様子。

事前準備2(Goldcardの作成)
Amexではダメですか?と思ったくらいなんのことかわからなかったが、カスタムブートローダーを準備をしておくmicroSDカードのことと理解(違うかもしれないが)。使用したのは Kingston microSDHCカード(class10/16GB)。Android SDKと必要なJavaは予めインストールしておく必要がある。コマンドを叩いて必要なコードを入手してWeb経由でイメージファイルをメールで受け取る。そのgoldcard.imgファイルをHex Editorで特定部分をディスクイメージにコピーしてmicroSDカードに保存するとGoldcardの出来上がり。手間はかかるがインストどおりにこなせば問題ない。

ちょっと面倒だったのは、自分がMacベースの環境だったこと。Hex deitorはWin版しかないのでgoldcard.imgをメールで受け取った後の作業はすべてWindowsマシンで実行した。

ISOイメージを使ったLinuxベースのブート
root化ツールをダウンロードし、それでブート(CDに焼くかVirtual PCでと)させろという指示。これがなかなかうまくいかなかった。できる人にはアタリマエのことだが、今振り返ると一番つまずいた部分になった。自分の環境はMac/Winしかないので、CDに焼いてブートさせてみたが、通常通りMacやWinが起動してインストにあるメニューが出てこない。しばらく悩み、Macに入れてあるVMware Fusionがあることを思い出し、メニューの仮想マシン>CD/DVD>ディスクイメージの選択、でISOファイルを入れても上手くいかない。

何が悪いのかわからず、VMware Fusionのヘルプを見にウェブサイトへ。そこにあったのが”VMware Player”という仮想マシンをLinux/Windows上で動かすというもの。無料なのですかさずWindowsマシンにインストールしてISOイメージを読み込ませたら一発で起動した。それまでの苦労はなんだったのかと。。。Ubuntu10.04をMacのFusionに入れたりして相当時間をロスしてしまった。。。

関係ないUbuntu10.04をインストールしたり…
Ubuntu

VMware Player(無償)をインストールしたら一発で起動
vmwareplayer

あとは淡々と
あとはインストどおりコマンド叩いたり、Desireを母艦PCに接続したり、ボリュームでメニューを選択するなど。2chの【android】HTC総合 part3 のスレも参考情報にしたところ、母艦接続時にDesire本体が認識されなかったり、step2でうまくいかなかったりなどのトラブルが出る人もいたようだが、自分は特段そのようなこともなくすんなりと完了した。

R0010413

最後に
root化終了後に普通に起動してしまったので、どうやってroot獲れたことをどう確認するかもわからず(たとえばiPhone Jailbreakならhome screenにCydiaのアイコンがあるとか)。どうしてもスクリーンショットをSDKなしに取りたいと思っていたのでShootMeというroot権限必須アプリを入れてみたところちゃんと機能した!その後、ツイッターで教えていただいたのは、adb shellでプロンプトが”#”になることや、Settingsの中に忍者が潜んでいたりすること。なにはともあれできたらしい。満足、満足! 作業の様子を動画にしてみた。

HTC DesireをdocomoのSIMカードで追加検証【動画あり】

HTC Desire SIMロックフリー版でdocomoのSIM運用についてさらに検証してみた。
docomoSIMを挿しているのでロック画面の時刻の上にキャリア名が表示される。MMSは受信できないが、SMSは問題なく受信出来た。データ通信はAPNにmopera.net を指定する。

SMS受信を表示するロック画面
docomo-sms

docomoSIMを挿して、Wi-Fi接続しない環境でデータ通信の状況を確認した動画。ロック画面を解除し、HOME画面からメール、FriendStream、Weatherで複数都市の天気予報を確認し、最後にブラウザのGoogleニュースから日経電子版のサイトへ遷移するまでのテスト。Wi-Fi接続している場合は上のスクリーンショットのステータスバーにあるように扇形のマークで表示されるが、Wi-Fi接続なしの場合は上り下りの通信状況を矢印マークで表示する。

[UPDATE1]HTC Desire SIMロックフリー版にSIMを挿してみた

4月27日にSoftBankから国内発売となったX06HTだが、HTC Desire SIMロックフリー版とはいろいろと異なる点があるようだ。X06HTが手元にないため、レビュー記事や伝聞を元に比較するしかないが時間の経過とともにいろいろとわかってくると思う。X06HTはSIMロック(SoftBankの銀SIMカード)だが、SIMロックフリー版でdocomoのSIMカードが動作するかを検証した。

SIMカードなしの状態のロック画面
no-sim-desire

HTC Desire SIMロックフリー版はSIMカードがないと文鎮なのか?
ちょっとショックだったのはこちらのレビュー記事 第2回 USIMカードなしで何ができる?——「HTC Desire」でSoftBankのX06HTはSIMカードなしでは何もできない、つまりロック画面を解除してもアプリひとつ起動できないということ。iPhone3G、iPhone3GSならSIMカードがない状態でもiPod touchのようなものであり、3G回線がないだけでWifiを通じたインターネット接続やアプリは通常に動作する。X06HTではSIMカードなしでは全く動かないとなるとまさに文鎮。[Updated on April 29, 2010]手元にないので未確認ではあるが、ツイッター上で「機内モードであればSIM抜き運用可」ということのようなので、全く文鎮でもなさそうである。

ではSIMロックフリー版はどうか?答えは、SIMカードなしでも問題なく動作する。ロック画面を解除すれば、3G回線が利用できない以外はアプリも正常に動作する。

SIMカードなしの状態でロック画面を解除
no-sim-desire2

SIMロックフリー版でW-CDMAのSIMカードは認識するか?
docomoのSIMカードを挿したところ問題なく認識した。通話も可能でデータ通信も問題なく利用できる。ただし、パケット代には注意する必要がある。理論上はパケ・ホーダイダブルであればPC等の外部機器の通信料金が適用され上限は13,650円になるはずだが、docomoが保証するはずもないので自己責任でチャレンジするしかない。

キャリア名が表示されるロック画面
docomo-sim

時報ダイヤルで通話を確認した
docomo-sim2

HTC Desire SIMロックフリー版 スクリーンショット

いつも使っているiPhoneのスクリーンショットはHOMEボタンとPOWERボタンを同時に押すだけで撮れる。HTC Desireではそうもいかないようだ。ブログには欠かせないスクリーンショットの撮り方を確認した。これはAndroid共通と思われ、Nexus OneやXPERIAも、本日(4月27日)発売のSoftBank X06HTも基本的には同じ作業が必要になるのだと思う。


HOME画面
device

まず、Android SDK | Android Developers からOSにあわせたSDKをダウンロードする。自分はMacBookを使用しているのでMac OS X (intel)版をダウンロード(Windows版、Linux版での動作確認はしてない)。保存はどこでもよいのでとりあえずDesktopに置いて解凍する。

次にHTC DesireのメニューからSettings>Applications>Developmentを呼び出し、”USB debugging”をONにして母艦に接続する。ダウンロード・解凍したSDKのtoolsというサブディレクトリから”ddms”を実行する。するとターミナル経由でDalvik Debug Monitorが起動するので、Desireを選択してメニューのDevice>Screen captureまたはCtrl+Sでスクリーンショットを撮ることができる。

MENUを呼び出したところ
device2

Weather widgetの画面
device3

iPhoneと違って様々な設定が可能なカメラを起動したところ
device4

最後のカメラを起動して気がついたが、起動がメチャクチャ早い。デジカメ並みでiPhoneの半分以下のスピードでスタンバイ状態になった。iPhoneと同じようにタッチフォーカスする。フラッシュはまだ試していないけどどうなんだろ。

その他もっといろいろいじりたいが時間がない…

使用環境
HTC Desire Firmware version 2.1-update1
MacBook(MB404J/A) Mac OS X 10.6.3

HTC Desire SIMロックフリー版がやって来た[開封編]

HTC Desire SIMロックフリーが届いた。まずは開けてみた。HTC Desireは日本ではSoftbankから今週の4月27日発売される予定。大手家電量販店では既に予約受付分は完売という人気ぶり。ドコモのXPERIAに続きスマートフォン時代の到来かと思わせる現象。たしかにブームではあるが、いわゆるガラケーとの違いを認識して購入しているユーザがどれほどいるのかは知らない。たとえば店員によれば今回のX06HTはSMSと普通のメールは可能らしいがMMSは利用できなくなるそうな。


R0010377

まず箱。iPhoneの箱と比べると縦に長い。欧州モデルなので各国で使用できる電源変換アダプタが付属していて、これがそこそこの大きさの原因かもしれない。X06HTの国内モデルであればもう少し小さくてもよいはず。


R0010332

そっと中身を取り出し、前から後ろから横から斜めから眺める。色はダークブラウンでなかなか渋い。本体下側には各種操作キーが配置され、真ん中にはHTC Desireで採用された光学ジョイスティック。iPhoneのHOMEボタンに慣れてしまうと、なんでこんなにボタンがたくさん必要なのかと思ってしまう。iPhoneほど厚みがなく少し縦長で、また裏面はiPhoneほど湾曲していないので持ちやすさの点で不安だったが、HTC Desireの裏面はマット調仕上げで滑りにくいためホールド感はしっかりしておりiPhoneよりも良いと感じた。


R0010348

R0010364

R0010352

左サイドにボリュームスイッチ。左上にパワーボタンがある。パワーボタンはiPhoneと逆なので押し間違えることがあるかもしれない。iPhoneにあるマナーモード切り替えスイッチがない。HTC DesireもiPhoneも3.5mmステレオイヤフォンジャックが上になっている。普段はBluetoothで聴いているので気にならないが、有線イヤフォンだとコードが上から出るのでカッコ悪いし、すごい邪魔になる。できれば下につけてもらいたいけど構造上ムリなのかも。

HTC Desireは裏面のカバーを外してmicroSDカードとSIMカードを抜き差しする。最初はバッテリーも自分で装着しなければならず、カバーを外すときに壊れるんじゃないかと恐る恐る作業。頻繁にやりたい作業ではないのでmicroSDカードは大きめの容量が欲しいところ。そのオモイに反して標準装備は4GBなので全然足りないと思う。

初めて電源入れた動画をとってみた。

有機ELディスプレーはほんと綺麗。残念ながらすぐに保護フィルムを貼付。X06HTの発売前だが秋葉原のヨドバシには既に何種類か置いてあったので購入。画像の通り映り込みがすごいのでアンチグレアフィルムにすることにした。また、iPhoneのようにディスプレーが耐指紋性撥油コーティングされているわけではないのでフリックしにくく感じたこともこのフィルムにした理由。ちなみに、HTC DesireにはDock用端子がないことからPC接続や充電はmicro-USBに直挿ししかないようだ。

操作感はNexsus Oneで当初カクカク気味だと聞いていたので心配していたが思ったよりもスムーズに動く。ピンチインで切り替わるHOME画面のHTC Senseは感動もの。ただ、慣れのせいもあると思うが全体的にはiPhoneの方がより直感的で操作しやすい感じがした。