タグ別アーカイブ: Launch Center Pro

ブログの反応を可視化するアプリ『Feedback』がURLスキームに対応

SNS上におけるブログの反応を可視化するアプリ『Feedback』がバージョンアップしてURLスキームに対応しました。これをランチャー系アプリに登録すると、スケジュール起動できるようになります。

com.ninjinkun.feedback:

Feedbackは、登録したブログがTwitterやFacebook、はてなブックマーク、Google+等のSNSサービス上でどれほど話題になっているのかを可視化してくれるアプリです。ブロガーに限らず、ブログのURLを登録するだけなので誰でもとても簡単に利用できるアプリです。

続きを読む ブログの反応を可視化するアプリ『Feedback』がURLスキームに対応

SySight – メモリ解放のタイミングを教えてくれるiPhoneメモリ管理アプリ

またメモリ管理アプリ?ちょっと待ってください。これまでメモリ解放のタイミングを教えてくれるアプリがあったでしょうか?「メモリ不足」「バッテリードレイン」等の警告表示でそのタイミングを通知するアプリが『SySight』です。良い意味で意表を突かれるアイディアがたくさん盛り込まれ、こだわり抜かれたアプリだったので紹介します。

Launch Center Pro 1.0.4(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元:
App Cubby – The Application Cubby LLC(サイズ: 18.2 MB)
全てのバージョンの評価: ★★★★(68件の評価)


上記のURLを全て登録したところです。フォルダ管理不要であれば、MyShortcuts+Viewerアプリもオススメです。

カメラロール-316

バックグラウンドで実行するURLスキームもあります。

sysight://open?background=YES ※YES以外で解除

開発者様からこの目的のコメントをいただきました。嬉しい配慮です。

メモリ開放後にゲームなどにリダイレクトする場合、ゲーム中に通知が出現しないよう、バックグラウンド監視を切るのが主な目的です。 by NonamiTaruto (@tarunon) on 2012/11/09 9:51 http://twitter.com/tarunon/status/266704481566203905

このリダイレクト機能を使ってアプリ起動前にメモリ解放する利用方法を別エントリにまとめました。

メモリ管理が必要かという話

ちょっと前にiMemoryGraphのメモリ開放の強化版(balus)で紹介した時のエントリをご参考まで。

iPhoneは理論上はOS側で全て管理しているのでユーザが気にする必要はありませんが、可能な限り快適に使いたいという飽くなき欲求といいましょうか。ついメモリ解放してしまいます。iPhone5だとあまり出番はなさそうですが、iPhone4S以前の機種であれば相応に活躍する場面がありそうです。

iMemoryGraphがアップデートしてさらに強力なメモリ開放機能追加とメモリ管理のこと

iPhoneやiPadのメモリを一発開放してくれるアプリ『iMemoryGraph』がアップデートし、iOS6/iPhone5対応の他、さらに強力にメモリを開放する機能が追加されました。iPhone5の空きメモリを通常500MB程度まで開放するところ700MBまで開放してくれます。
続きを読む iMemoryGraphがアップデートしてさらに強力なメモリ開放機能追加とメモリ管理のこと