タグ別アーカイブ: iPhone

[UPDATE8]iBooksのルックアップ辞書を英和・和英/国語辞典にする

iPadの目玉アプリのひとつがiBooks。まだiBookStoreには日本語書籍はなく洋書が並んでいるだけなのでiPad User Guideをダウンロードして使ってみていたところ、Kindleのように辞書をルックアップして意味を表示する機能があることに気がついた。英和辞書なら便利だなと思っていたところJailbreakしていればカンタンにできることがわかったのでその備忘録。

[Updated on August 5, 2010]
JailBreakせずに辞書を切り替える方法が紹介されたブログがありますので、まずはそちらをおすすめします。
iBooks (iPad 電子書籍) で英和辞書を表示させる裏技

[Updated on November 30, 2010]
JailBreakをせずに設定する方法がありましたので当ブログの別エントリ”iBooksのルックアップ辞書を英和・和英にする方法”にまとめました。

注意喚起情報[Updated on August 5, 2010]
以下に紹介する方法はJailBreakが必要になります。JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchはメーカー保証対象外となるため動作不良や故障に陥ってもサポートを受けることができません。万一の際には保証期間内であっても有償となってしまいます。また、JailBreakはアップル社の施したセキュアな枠組みを無効化することになるため、外部からの侵入によってウィルスに感染し動作が不安定になったり、個人情報等が流出してしまう可能性(危険)を伴うものです。さらに、JailBreakされたiPhone/iPad/iPod touchにAppStore以外で配信されるアップル社が承認していないサードパーティー製のアプリケーションをインストールする行為は、その安全性が保証されておらず悪意のあるプログラムが混入している可能性もあり、未知なる危険を伴うものです。これらのリスクを理解出来ない、または自ら当該リスクに対処することができない場合はJailBreakしないようにしてください。

JailBreakとその危険性についてはこちらのサイトで詳細に説明されていますので是非確認してください。
をぢの日記【iPhone_JB】Jailbreakによるリスクと問題について

普通は英英辞書データが表示されるが英和辞書データをルックアップ
IMG_0049

iBooksのルックアップ辞書の英英辞書データを探したところ、/Library/Dictionaries/に各種辞書が格納されていた。なんと英和・和英辞書データも格納されており、他にも類語辞書や国語辞書も入っている様子。これは話が早い(Kindleでは英和辞書を英辞郎データから作る必要があった)。
/Library/Dictionaries/Apple Dictionary.dictionary
/Library/Dictionaries/New Oxford American Dictionary.dictionary
/Library/Dictionaries/Oxford American’s Thesaurus.dictionary
/Library/Dictionaries/Shogakukan Daijisen.dictionary
/Library/Dictionaries/Shogakukan Progressive English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary
/Library/Dictionaries/Shogakukan Ruigo Reikai Jiten.dictionary

ルックアップさせる辞書データをどこかで制御しているはずなので探したところ、iBooks.app下のサブディレクトリ(/var/mobile/Applications/iBooks/iBooks.app/Japanese.lproj/DefaultDictionaries.plist)に発見した。標準ではオックスフォード辞書2つが設定されているのでこれを変更する。英語の類語辞書は引けても英語から日本語の類語は引けないので設定しても無駄かもしれない。念のためplistは編集前にバックアップを取っておく。

デフォルト設定
<key>DCSDefaultActiveDictionaries</key>
<array>
 <string>/Library/Dictionaries/New Oxford American Dictionary.dictionary</string>
 <string>/Library/Dictionaries/Oxford American Writer’s Thesaurus.dictionary</string>
 <string>/Library/Dictionaries/Apple Dictionary.dictionary</string>
</array>

赤字部分をそれぞれShogakukan Progressive English-Japanese Japanese-English Dictionary.dictionary、Shogakukan Ruigo Reikai Jiten.dictionaryに変更して保存。ホームスクリーンからiBooksを起動するだけ。RespringやRebootは不要。

plistにはデフォルトの辞書も設定されており、DCSDefaultActiveDictionariesで指定された辞書データが何らかの理由で参照できない場合に使用される感じ。オックスフォード辞書と英和・和英辞書、類語辞書などあるだけ指定してみたところ、オックスフォード辞書しか表示されなかった。並び順などもひょっとすると優先順位などを意味するのかもしれない。

電子ブックリーダーとして、辞書のルックアップ機能というのは非常に魅力である。読んでいる時に英単語や語彙をすぐ確認できるのだから。Kindleも同じ機能があるものの英和辞書データは入っていないため自力で入れる必要があったし苦労したが、このiPadはなんだろ?すごすぎる。国語辞典、類語辞典まで搭載している。和書データであれば日本語の意味や類語を表示できるかもしれない。

日本語のePubサンプル( ePub変換”>青空文庫 (XHTML) -> ePub変換)をiBooksに入れて試してみたところ、ちゃんと大辞泉から引っ張ってきた。いろいろと夢が膨らんだ感じ。

IMG_0051

実はちょっと面倒。DefaultDictionaries.plistのDCSDefaultActiveDictionariesセクションの辞書データは参照優先順位に並んでいるらしく、上位データがヒットすると下位辞書データは参照しない。そのため国語辞典、英和・和英辞典のどちらを上位にするかで表示される内容が異なってしまう。たとえば国語辞典を下位にすると日本語の意味を知りたいのに英訳が表示されたり、国語辞典を上位にして洋書でルックアップするとカタカナ英語などは国語辞典から引っ張ってきてしまう等の不都合が生じる。

現在のところiBooksで読める日本語書籍データが普及していないため支障はないように思う。iBookStoreでダウンロード出来る頃には、ルックアップで参照する辞書を自分で選択できるような機能が追加されていると想像する。

–Updated on June 4, 2010
ツイッターでお世話になっている @hitoriblogさんが設定画面から最優先する辞書を手動で選択できるtweakを作ってくださっています。これは便利です。iBooks、Pagesのほか、KeynoteやNumbersでも辞書対応しているようです。

iPadのポップアップ辞書環境を少し改善するDicSelector

いろいろと

  • 辞書データ格納場所がiBooks.app下ではないので他のアプリでも共用できるんだと思う。
  • iBooksに限らず範囲選択したときに出てくるメニューに”辞書”みたいな機能も出てきたらこれはスゴイ。

–Updated on July 5, 2010
iBooksのバージョンアップにより上記方法ではルックアップ辞書を変更不可になっていました。確認したところiBooks.appのディレクトリ直下に “BKDictionaryManager_LanguageToOrder.plist” というファイルがあり、ルックアップ辞書をコントロールしている様子。DefaultDictionaries.plistの役割がどのように変わったかは不明。BKDictionaryManager_LanguageToOrder.plistを次のとおり変更する。辞書の並びは自分の参照したい順番に変更する。作業前にバックアップ推奨。

<dict>
<key>en</key>
 <array>
  <string>com.apple.dictionary.PEJ-PJE</string>
  <string>com.apple.dictionary.NOAD</string>
  <string>com.aplple.dictionary.OAWT</string>
  <string>com.apple.dictionary.AppleDictionary</string>
 </array>
<key>ja</key>
 <array>
  <string>com.apple.dictionary.Daijisen</string>
  <string>com.aplple.dictionary.ruig</string>
  <string>com.apple.dictionary.PEJ-PJE</string>
 </array>
</dict>

書籍データの言語に基づき呼び出す辞書を決定しているので、英語書籍データの場合に優先辞書を英和和英になるよう追加する(赤字部分)だけ。前バージョンでは書籍データの言語に応じて英和辞書と国語辞書の優先順位を変更しなければならない場面もあったが、今回のバージョンアップでその手間はほぼ不要になった。

なお、Pages、Keynote、Numbersはバージョン改訂されていないので、まだDefaultDictionaries.plistが有効に機能している。

moyashiさん(@hitoriblog)が公開してくださったDicSelectorはiBooks1.1では機能しないため現在レポジトリでは公開停止になっています。 (2010年7月20日修正)iBoks1.1対応バージョンがリリースされております。

–Updated on July 20, 2010
iBooksがバージョンアップして1.1から1.1.1になりましたが、辞書をルックアップする機能に変更はないようです。BKDictionaryManager_LanguageToOrder.plistに辞書の優先順位を追加・変更する方法が使用できます。

なお、moyashi(@hitoriblog)さんが設定画面から辞書の優先順位を切り替えるDicSelectorも対応してくださっています。直接plistを編集する手間が省けて非常に便利です。
iBooks等のポップアップ辞書で使う辞書を選択可能にするDicSelector

–Updated on July 24, 2010
iBooksがバージョンアップして1.1.2になった。BKDictionaryManager_LanguageToOrder.plistに辞書の優先順位を追加・変更する方法は健在。DicSelectorも問題なく動作することを確認した。

動作環境
iPad WIFI+3G 16GB-USA iOS3.2 Spirit Jailbreak済み

iPhone3GSでAT&T micro SIMを使ったモバイルデータ通信ができた

iPad WIFI+3G US版で提供されているAT&TのiPad Planに使用されているmicro SIM。これをSIMアンロックしたiPhone3GSでも使用することができた。iPadに加えて他のモバイル機器で利用可能であれば出張や旅行等で米国で利用したいユーザにとって大きな魅力になるのではないだろうか。

日本国内からのアクティベーション方法と利用可能な接続プランは”iPad 3G US版のAT&T micro SIMをアクティベーションする”のエントリにまとめたとおりだが、あくまで米国内で使用することがメインになる。日本国内からは国際ローミングを使用するため非常に割高なので使用に耐えないだろう。

注意喚起
このような利用方法はメーカー、キャリアとも保証しておらず、またiPhone3GSについてはJailbreakが必要になるため文鎮化するリスクもある。当方も一切関知しないので自己責任でどうぞ。

iPhone3GSでAT&T micro SIMを使う
普通のiPhoneはSIMロックが施されており、SIMロックフリー版でなければ特定キャリア(日本ではソフトバンク)以外のSIMカードを入れても認識してくれない。これをアンロックする必要があり、Jailbreak(脱獄)が前提となる。なおOSバージョンやBasebandによってはJailbreakやアンロックできない可能性があるので注意のこと(やり方はググるとたくさん出てくる)。

1. JailbreakされたiPhoneにCydiaから”blacksn0w RC2 Final”をインストールする。
2. APN設定を変更する。APN名をiPad側の設定と同じ”broadband”にするだけ。

iPad側の設定画面から確認できる
iPad-setting-apn

iPhoneはOS3.0以降、ユーザ側でのAPN編集は不可。これを可能にする方法が幾つかあるが、今回”ANP Changer”というサービスを利用してみた。iPhoneのMobileSafariから http://www.unlockit.co.nz にアクセスし、カスタムプロファイルを作りインストールまでガイドしてくれる。アクセスしたら、”Continue”をタップし、”Custom APN”を選択する。ここでAPNに”broadband”とし、ユーザ名やパスワードはブランクのままにして”Create Profile”で実行。インストール確認画面に遷移するのでそのままインストールを選択する。削除する場合は、設定>一般>プロファイルから削除可能。

MobileSafariからAPN Changerでプロファイルを作るところ
iPhone-create-profile

3. micro SIMをアダプタにセットしてiPhoneのSIMトレイに載せて挿し込む。

(左)micro SIM (右)通常のSIM
att-microSIM

micro SIMを通常SIMと同じ大きさにガイドするためのアダプタ
microSIM-adaptor

4. 設定>一般>ネットワークからデータローミングをオンにする。

iPhone-setting-general

バージョンが3.1.3になっているのはFakeアプリを使用しているため。blacksn0wがOS3.1.3/Baseband05.12.01に対応しているかは不明。国際ローミングはドコモかソフトバンクの電波を掴むが、キャリア名はAT&Tとなっている。Speedtestアプリで実験したところ下り750K、上り250K程度だった。

動作環境
 iPhone3GS OS3.1.2(旧ROM) / Fake3.1.3 / Baseband05.11.07

OS4.0で切り捨てられたiPhone3Gに復活の呪文を

2010年4月8日(日本時間4月9日午前2時)にiPhoneOS4.0が発表された。マルチタスクやフォルダ、ゲームセンター、iAdなどの新しい機能やサービスを実装することが明らかになった。一方で、残念なお知らせとしてはマルチタスクがiPhone3G、iPod touch第2世代には対応していないなど、非力なハードウェアについては負荷が大きい機能が削られたようだ。

発表からほどなく世界中のハッカーがiPhone3Gでもマルチタスクが可能であることを突き止めている。その内容を見る限りiPhone3GのOS4.0は既にJailbreak出来たということを意味し、事実数日後にDev-Teamからredsn0w0.9.5betaがリリースされ(現在は0.9.5beta2)、iPhone3GであればOS4.0のベータ版をJailbreakできるようになったようだ。このバージョンではまだ3GSは非対応なので注意。

やはり非力なiPhone3G。3GSを触ってしまうと3Gに戻ることはできないだろう。が、しかしである。ハードとして実装していない電子コンパスやオートフォーカスカメラについてはやむを得ないとしてOS4.0の新機能を使うことができないのはなんとも寂しい。

とりあえずマルチタスク、HOME画面の壁紙表示、バッテリー残量表示はできるようだ。
SpringBoardの設定ファイルにのキーと値を追加するだけ。
 multitasking=true
 gas-gauge-battery=true
 homescreen-wallpaper=true


HOME画面の壁紙表示とバッテリー残量表示
gasgauge+wallpaper

マルチタスク
multitasking

【要JB】iPhoneをBluetoothキーボードで快適文字入力(動画あり)

iPhoneをBluetoothキーボードで操作することを可能にする”BTstack Keyboard”を試した。ちょっと気が早いが来月に迫ったiPadの国内発売に備えてApple Wireless Keyboardを購入した。iPad専用のiPad Keyboard Dockよりもスマートにワイヤレスな環境にしたいというのと、もうひとつの理由はコンパクトかつ軽量なボディなのでiPhoneの外部キーボードとして携行しやすく、ソフトウェアキーボードでは敬遠しがちな長文編集作業に重宝するはずと考えてのこと。実はこのエントリのドラフトは会社帰りに寄ったスタバでiPhone+Apple Wireless Keyboardの組み合わせで書いていたりする。

R0010198

<注意喚起情報>
この作業にはiPhone/iPod touchのJailbreakを伴います。Jailbreakはメーカーやキャリアの保証対象外となる可能性やセキュリティが脆弱になるリスクも伴います。最悪、文鎮化してしまう恐れもあります。ショップに持ち込んでも修理・交換の対象外となるかもしれません。自己責任である。

インストール
Cydia Storeから”BTstack Keyboard”を検索してインストール(有料アプリUS$5.00)。同時にBTstack、Simlated Key Event、SpringBoardAccessがインストールされる。インストール後にRespring。

ペアリング
BTstack Keyboardを起動すると、Bluetooth HID Keyboardを探し始めるので、Apple Wireless Keyboardの電源をONにする。見つけたデバイスはリストに表示されるのでタップする。初回のみPINコードの入力を求められるので、Apple Wireless Keyboard側から表示されているPINコードを入力すればペアリングが完了する。

IMG_9020

キーボードレイアウトの選択と入力テスト
キーボードレイアウトはUS配列、JIS配列の他にも他言語のプリセットが用意されている。自分はUS配列のため”English(US)”を選択した。ちなみに、JIS配列を選択してみると配列が異なるキーはやはり正しく入力できない(当たり前だが)。ここではじめて入力テストフィールドで好きな文字の入力が可能となる。

IMG_9021

右上バッジにもON表示が出る
IMG_9025

他のアプリでの使用状況と日本語入力
ノートやメールやSMSなど、文字入力が必要な場面で利用可能。ESCによるキャンセルやDeleteキーでの削除、矢印キーでのカーソル移動も可能である。

ただ、ネックはやはり日本語変換。「日本語フルキーボード」がないと変換できないので、通常日本語テンキーでフリック入力している場合は、都度設定を変えるか、使用しないキーレイアウトを常駐させることになる。もっとやっかいなのは変換候補を選択・決定するにはこれまで同様にスクリーンをタップしなければならないこと。まー、理想には遠いがソフトウェアキーボードでコツコツ編集するよりは楽に作業できるようになったと感じる。

最後に
まだ日本語変換で残念な部分もあるが、実はアップルのHPを見る限りiPadではBluetooth HIDをサポートするようなので、OS3.2ではiPhone/iPod touchも正式サポートする可能性もあるのではないかと密かに期待していたりする。

確認した環境
iPhone 3GS OS3.1.2 Jailbroken by blackra1n RC3
iPod touch 3G OS3.1.2 Jailbroken by blackra1n RC3
BTstack Keyboard ver1.0-23656
Apple Wireless Keyboard (US)

参考
“iPad アクセサリ”について http://www.apple.com/jp/ipad/accessories/
“Apple Wireless Keyboard”について http://store.apple.com/jp/product/MC184J/A

アプリごとにロックをかけるiProtect【要JB】

[2014年1月14日追記]iProtectは追記時点でiOS7に対応しておりませんのでご注意ください。

iPhoneて日本のフィーチャーフォンでは当たり前の各機能にロックをかけるという発想がないようです。いわゆるガラケーから乗り換える際に違和感を覚える点のひとつではないでしょうか。わたし自身iPhoneを使い始めてた当時はガラケーのあたり前である各種ロック機能がないため、メールやドキュメントなどより多くの情報を蓄積するデバイスとしては不安な要素でした。そんな不安を解消するためのJBアプリがiProtectです。またMultiIconMoverとIconoclasmでカスタマイズしたところあわせ技で文鎮化しかけましたのでその解消方法を備忘録として付記しました。
続きを読む アプリごとにロックをかけるiProtect【要JB】

[UPDATE2]FlickTrainerでiPadマダー><のストレス解消

iPadマダー>< の欲求不満が思わぬところに波及してきた。3月7日から予約開始とか、27日に発売かとか、15日からTVCM開始みたいな噂がチラホラ出てきて、余計にストレスフルになってきたりして、おかしな方向にはけ口を求めはじめている。今回はFlickTrainerというアプリの記録に挑戦。

Updated on March 4, 2010
微妙にに自己記録更新したのでSSも更新

IMG_0076

Updated on March 7, 2010
右手片手打ちの記録

IMG_8013

Updated on March 7, 2010
左手片手打ちの記録

IMG_0077

iPad待てない症候群。先日はiPad風に画面をカスタマイズしたり、今回はひょんなことからツイッターがきっかけで始めたAppStoreのFlickTrainer。これがなかなか記録が伸びないのでどうしたら150文字/分も出せるのか、どなたかぜひよきアドバイスをください。

理屈の上ではフルキーボード入力より早いのはわかっていたし、フルキーボードだとキーが小さいのでミスタイプが多いのでなんとかフリック入力をマスターすべく、パソコンを始めたときにブラインドタッチをマスターするときのような感覚で練習していた。いつの間にか、フルキー入力には戻れないくらい便利に操作できるようになったし、まして携帯電話のあの猿打ちには絶対戻れない。

このアプリは腕試しで初めたので最初でも80文字程度は出せた。これをトレーニングすることで90〜100文字をコンスタントに出せるようになったし、もちろんミスタイプも減ってきたと実感している。115円だし買っても損はないアプリ。


Updated on March 7, 2010
片手打ちの動画を追加



フリックトレーナー(タイピング練習ソフト)

【要Jailbreak】嗚呼、iPad、アイパッド、愛発奴なの?

今月、米Apple社から発売予定とされているiPad。もう少しの辛抱なのだが待ちきれずにいる。このままでは何かいらんモノまで買ってしまいそうというほどの欲求不満な状態である。ここまで来ると病気かもと自分で思ったりするが、iPhone/iPod touchをiPadにカスタマイズして自分を落ち着かせようと試みた。その手順とかモロモロの備忘録。

R0010164
続きを読む 【要Jailbreak】嗚呼、iPad、アイパッド、愛発奴なの?

[UPDATE2]クールなツイート投稿専用アプリ qTweeter 3.02(要JB) 【動画あり】

ツィートを投稿することだけに特化したJBアプリ qTweeter が2.12から3.0へメジャーバージョンアップしたので早速試してみた。もともとデザインは素晴らしかったし、動作も軽快でサッとツィートしたいときには非常に便利なアプリで自分がJB当初から利用し続けている数少ないアプリの一つ。最近、JBネタがなかった反動はあるにしても久しぶりにJBアプリに興奮!

Updated on February 27, 2010
qTweeterが3.02にバージョンアップしたので追記

IMG_7129

<注意喚起情報>
このアプリを使用するにはiPhone/iPod touchをJailbreakする必要があります。ただし、Jailbreakはメーカーやキャリアの保証対象外となる可能性やセキュリティが脆弱になるリスクも伴います。最悪、文鎮化してしまう恐れもあります。ショップに持ち込んでも修理・交換の対象外となるかもしれません。自己責任が大前提です。

qTweeterはCydia StoreでUS$4.99で購入しなければならない。JailbreakコミュニティのCydia Storeなんかで購入するのはコワイという人はやめた方がいい。ワレを求める人は言語道断。昼夜を問わず、寸暇を惜しんで努力しているプログラマーに敬意を表し、感謝の気持ちを込めて支払いましょう。

さて、今回のバージョンアップでうれしい機能:

  • 美しいデザインがさらに洗練された
  • マルチアカウントをサポート。同時ポスト可能。アカウントの切り替えも容易。
  • フォローリストからMentions可能になった
  • 複数のドラフトを保存できる
  • 画像のアップロード先が選択可能になった。
  • Update Statusをもう一度タップすると送信をキャンセルできる
  • 貼り付けた画像やビデオの削除・回転がメインスクリーンのアイコンから操作可能。
  • 位置情報がメインスクリーンから呼び出し可能に。ジオタグとマップリンクが追加。

<これまでの機能も含めたqTweeterの主な特長>

  • アプリを起動中でもそのアプリを終了させることなくツィートをポスト可能
  • 非常に軽快に動作。ステータスバーから指を下にスライドさせるだけで起動
  • TwitterとFacebookに同時ポストが可能
  • 画像、動画の投稿も可能。画像は回転や削除が可能。バックグラウンドの動きがおしゃれ。
  • 位置情報の貼付け、プロフィールの位置情報の更新が可能
  • iPodで再生しているアーティスト、タイトルを挿入
  • iPod再生情報をツイートする際のハッシュタグをカスタマイズ可能
  • MobileSafariで開いているURLを貼付け
  • URL短縮サービスの利用
  • Long Tweetのサポート
  • テキストボックスの背景画像、投稿時の効果音設定
  • ツィート完了と同時にテキストボックスを隠すことが可能

※今回でVoice Recordの機能は削除されたのかも。
詳細は “Efiko Software“を参照(英語ページ)。

IMG_7135

IMG_7130

(qTweeter 3.02追加画像2枚)

IMG_7162

IMG_7163

この便利さは動画がないと分からないと思うので、イチブだけどご堪能ください(1分37秒)。

たまにSBSettingsとカブることがあるので SBSettingsのExtras&Optionsにある”More Sensitive Swipe”はOFFの方がいいと思う。

動作環境
iPhone3GS32GB 対策前ROM OS3.1.2JB/Blackra1n

[UPDATE3]仮脱獄ってなんぞ? iPod touch第3世代編【動画あり】

Updated on June 27, 2010
更新日現在、OSバージョンはiOS4になっており新ROMを搭載しているiPod touch 3G、iPhone3GSではSpirit Jailbreakできません。仮脱獄もできませんのでOSのバージョンアップには注意してください。

Redsn0w0.9.2で新ブートROMを搭載しているiPod touch第3世代のOS3.12をTethered Jailbreak(仮脱獄)してみた。対策ROM前のiPod touch2G/iPhone3GSはuntethered Jailbreakなのでtethered jailbreakはこれが初めて。rebootの都度、母艦のJBツールを使ってカスタムブートローダーをメモリにアップロードする必要があるし、不便極まりないとわかっている。でもuntethered jailbreakが可能なツールが出るまで待ちきれず。。。

Updated on April 5, 2010: OS3.13についての若干の補足

Updated on May 3, 2010: SpiritJBのuntethered jailbreakに関する追記:SpiritというJailbreakツールがリリースされ新ROM搭載機種も旧ROM同様にuntethered jailbreakが可能になった。iPod touch第3世代で検証しました。

Redsn0w0.92はiPod touch第3世代(モデル番号MC)のOS3.13に対してJailbreakすることはできない。OS3.13に上げてしまうとtethered jailbreakもできなくなるので注意。なおこの作業はJailbreakを伴ないメーカーの保証対象外となるばかりでなく、復元できなくなるリスクがあるので自己責任でどうぞ。

Redsn0wや仮脱獄(Tethered Jailbreak)はいろんなサイトで取り上げられているので詳細はそちらを参考に。
Redsn0wについて
仮脱獄(Tethered Jailbreak)とは
仮脱獄(Tethered Jailbreak)が完了したiPod touch 3G。システム領域は750MBみたい。

IMG_0049

リブートすると母艦に接続せよと。iTunesがリカバリーモードのiPodを見つけて復元するか聞いてくるが、このまま復元しないように。Redsn0wを起動し、OS3.1.2のファームウエア(”iPod3,1_3.1.2_7D11_Restore.ipsw”)を選択する。すると仮脱獄(”Tethered Jailbreak”)になるよとアラートが出る。

tethered

OKをクリックして次に進むとカスタムブートローダーを構築しはじめ、完了すると次のような画面になるので”Just boot tethered right now“を選択する。カスタムブートローダーのデバイス側へのアップロードが完了し、ほどなくiPod touchの画面がリカバリー画面から通常のロックスクリーンに復帰する。この後はいつもどおりに使用可能になる。この作業は復元とは異なるのでiTunesとの同期データやインストール済みのCydiaアプリが消えることはない。

tethered boot

自宅であれば簡単な操作だが、外出先の場合はバッテリ切れや不意にリブート状態に陥ればノートPCは必要になる。iPod touchならまだしも、これがiPhoneだと自分は許容できない。わざわざノートPCを持ち歩くのは面倒だし、バッテリーチャージャーは必携となり、外出先では不用意なCydiaアプリのインストールを避ける等、いろいろと注意が必要になる。こんな窮屈な使い方は嫌だし、絶対にオススメできない。特に初めてJailbreakするというユーザには。

その他気がついたこと:

  • boot tetheredするときはUSBハブ経由は厳禁(デバイスを認識しない)
  • リカバリーモードの画面からロック画面に復帰しないことがある。何度かUSB外したり、接続し直したりしてみるとよい。自分の操作がおかしいのかも。
  • タイミングよく?わるいのか新OSのリリースによりAppleの認証サーバーがOS3.13以外のファームウェアへの署名を止めたようなのでCydia Homeには見慣れた”SHSH on File”ではなく、”This device has a pending TSS request.”と表示されている。3.13 SHSH on fileされた。iPod touchだが”This device has SHSHs on file for iPhone OS: 3.1.3″とiPhoneと表示される。なんか不思議。

仮脱獄のリブートから復帰する様子を動画にしてみた(1分44秒)。

環境
 iPod touch第3世代64GB(モデル番号MC)OS3.12
 Mac OS X 10.6.2
 iTunes 9.0.3

繰り返して注意喚起:Redsn0w0.92はiPod touch第3世代のOS3.13をJailbreakできない。tetheredも未対応なので注意

続きを読む [UPDATE3]仮脱獄ってなんぞ? iPod touch第3世代編【動画あり】

Jailbreakで日本の財政を考える

要JB:iPhone/iPod touchをJailbreakする必要があります。保証対象外となるとともに文鎮化するリスクを伴います。自己責任でどうぞ。

2010年度の国家予算が閣議決定され、一般会計総額は92.3兆円となり補正予算が組まれる前では過去最大となった。景気悪化による税収の落ち込みに反して歳出は膨らむ一方で日本の財政赤字はより深刻さを増している。日本経済新聞では複数面にわたり取り上げられている。

R0010076

借金が増えて大変だ!とは聞くけれど、いったいどれくらいの借金があるのか?普通国債だけでも約563兆円(2009/9末時点:財務省報道資料)ある。2010年度の税収見込みが40兆円程度といわれているから、そのすべてを償還財源としても10年以上要することになるわけで、この他には財投債や地方公共団体が発行する公債もあり、日本の借金残高は想像し難い数字に膨らんでいる。

当然、借金には利息がつきもの。借金残高が増えるとともに利息負担も加わる。残高が天文学的数字なのでその利払い負担も相当なもの。それをビジュアルで見せてくれるサイトがリアルタイム財政赤字カウンター 9。正確な残高は財務省等の報道発表資料でしか確認できないが、利息は時間の経過とともに増え続けるので面白いアイディア(というか怖いのだが)である。

前置きが長くなったが、このサイトをSaurikが提供するCydget用に移植してみた。iPhone/iPod touchのロックスクリーンで見る必要もないけれど、HTML/CSSやJavascriptを勉強中の身としては面白い素材だった。

IMG_0012

まず、CydiaからCydget/Cycriptをインストールする。DiskAidやCyberduck等で必要なディレクトリを作る。

/System/Library/Lockcydgets/”cydget_name”.cydget/
cydget_nameの部分は任意で、設定>Cydget>Lock Cydget Orderのenable設定画面に”cydget_name”が現れる。

中身はHTMLでjavascriptを呼び出すだけの単純な内容だし、そもそも計算させるjavascriptも上述のサイトからの複製(人口だけは最新にしておいた)なので画面のデザインをどうするか程度の作業である。

所定のディレクトリには以下のファイルを入れた:
Info.plist ※必須。ロードするファイルをhtmlに指定。
JapanDebt.html
bg.jpg ※背景画像
fin.js ※債務残高の計算ロジック

あとは設定>Cydget>Lock Cydget OrderでenableにしてRespringするだけ。イメージの動画も用意してみた。

1秒経過ごとに残高が増えていくのがわかる。この金額はあくまである時点の残高情報をもとに利息がどういうスピードで増えていくかというイメージであって正確なものではないのでご注意を。

最後に。借金が増え続け、税収は減少し、少子高齢による社会保障費の増加は確実にやってくる。また超低金利から金利が上昇し始めれば・・・この現状について国はどう考えているのか?財務省が「日本の財政を考える」というウェブサイトを作っている。9月に政権交代は果たされようやくマニフェスト実現に向けた「命を守る予算」の目処がたったようだけれど、さてさてどうなることやら。