[Android]画面の自動回転のイライラを解消する Rotation Manager アプリ

Screenshot_2014-05-06-16-03-57

端末の向きに応じた画面の自動回転は便利なようで、むしろ面倒なことの方が多いです。かと言って完全にオフにするのもYouTubeやゲームアプリ等は横向き(ランドスケープ)で使いたい。アプリごとに設定できるのが Rotation Managerです。

続きを読む [Android]画面の自動回転のイライラを解消する Rotation Manager アプリ

Google公式のカメラアプリで一眼レフのような背景ぼかしを手軽に

top

Google公式のカメラアプリってあったんですね。4月中旬にアップデートされて気が付きました。今回、一眼レフのように背景をぼかして撮影するBlurモードが追加されました。

Blurモードの撮影時に表示されるサンプルです。黒柳徹子さん似の方がモデルになっていますが・・・こちらが通常モード。

Sample2

そしてBlurモードで撮影した写真。背景にぼかしが入っていることが分かります。

Sample1

撮影は意外な手順でした。撮影後にも加工しますが撮影方法がちょっと変わっています。

こちらがBlurモードのインストラクション。被写体は5フィート(約1.52メートル)がちょうどよい距離らしい。

Instruction1

そして被写体を中央にしたままゆっくりと端末を上に持ち上げます。

Instruction3

実際にやってみます。パチリ。

1

そして被写体を中央にした状態でカメラを持ち上げます。スクリーンには必要な移動距離がガイドされます。動かすスピードが速いとエラーになりますのでゆっくりと。

2

撮影後にぼかしの強さを調整できます。

3

その他の機能として、360度の画像を撮影できるPhoto Sphereやパノラマモードがあります。このアプリは端末のOSがKitKat(Android4.4)以上である必要があります。

Google カメラ Google Play Store

自分が撮影した写真にAmazonアフィリエイトのタグを埋め込める Amazon Publisher Studio(ベータ版)の使い方

タイトル.png

自分で撮影した写真にAmazonアフィリエイトのタグを埋め込むことができるPublisher Studio(beta)というツールがAmazonから提供されています。写真のタグにマウスオーバーすると商品情報がポップアップで表示され、クリックでAmazonの商品ページに遷移します。

続きを読む 自分が撮影した写真にAmazonアフィリエイトのタグを埋め込める Amazon Publisher Studio(ベータ版)の使い方