タグ別アーカイブ: Launch Center

本当に読みたい記事を「あとで読む」記事に埋もれさせないために

RSSリーダーでニュースやブログを閲覧しながら、時間がない時などにPocket(旧Read It Later)、Instapaper、Readabilityの「あとで読む」サービスを使うと便利です。実は、この「あとで読む」がくせ者で、本当に読みたい記事がとりあえず登録した記事の中に埋もれてしまうことがあります。

そこで、本当に読みたい記事をタスク管理してリマインドできたらいいなぁと考え、いろいろと試したのですが、リーダーアプリSylfeedとタスク管理アプリRemember The Milk(RTM)の組み合わせがもっとも手軽に実現できるようです。

続きを読む 本当に読みたい記事を「あとで読む」記事に埋もれさせないために

iMemoryGraphのURLスキームを使って一発でメモリ解放!

iPhoneやiPadの動作がモッサリした時に重宝するメモリ解放してくれるアプリ『iMemoryGraph』がバージョンアップして一気にメモリ解放するURLスキームをサポートしました。

ところが、Touch Icon CreatorやaHomeIconを使ってホーム画面にこのURLスキームをアイコン登録してみましたが、アプリは起動しますがメモリ解放まで行ってくれません・・・これではURLスキームの意味がないではないか!と諦めかけたそのとき、救ってくれたのはMyScriptsでした。本当にすごいアプリだなぁとしみじみ。

[追記]Launch CenterへURLスキームを追加することで通知センターからの一発メモリ解放やそのタスクのスケジュール化もできますので追記しました。

iMemoryGraph 1.8.2
ユーティリティ, ビジネス
App Storeで詳細を見る

インストールは無料ですがメモリ解放機能はアドオンで購入(85円)が必要です。

続きを読む iMemoryGraphのURLスキームを使って一発でメモリ解放!

外部アプリ連携がサポートされていないアプリからEvernoteへ一瞬で保存する方法【 #MyScripts 活用法】

情報集約系のクラウドサービスといえば『Evernote』です。便利なようで情報を集約するにはちょっとコツが必要だったりします。特にiPhoneの場合、EvernoteのAPIを使ってないアプリから新規ノートを作成するには手間がかかります。それを『MyScripts』を使ってもっとカンタンにEvernoteへ保存しちゃおうという方法です。

Evernote 5.2.3
仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

MyScripts 2.5
仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

続きを読む 外部アプリ連携がサポートされていないアプリからEvernoteへ一瞬で保存する方法【 #MyScripts 活用法】