[UPDATE2]スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記 “Steve Jobs” がKindle Storeにて予約開始

先日、米アップル社CEOを退任し会長に就任したスティーブ・ジョブズ氏の伝記がKindle Storeでも予約が可能になっていました。

アップルファンのみならずカリスマ経営者として世界中の多方面から注目される同氏公認の伝記ですから、大ベストセラーになることは間違いないでしょう。この伝記は英語版が2011年11月21日発売でしたが、邦訳版も同日発売となったようで日本国内での注目度も一気に高まりそうです。[2011年10月8日追記]去る10月5日にスティーブ・ジョブズ氏が膵臓ガンのため56歳で亡くなりました。謹んで哀悼の意を表します。同氏の死去を受けて出版社が発売日を10月24日(日本時間では10月25日)へと前倒しすると発表しています。

スティーブ・ジョブズ氏自身の言葉に触れたいという想いから英語版も購入したいと思っています。辞書を片手に読破するのはちょっと大変そうですが・・・

Kindle Store
Steve_Jobs_Kindle_Edition

Kindle Storeで予約完了
Pre-Order on Amazon Kindle Store

電子書籍であるKindle Editionは2011年11月21日(予定)の発売と同時にKindle本体へ自動配信されますので、紙ベースの書籍の配達を待つことなくいち早く読み始めることができます。またKindleはあらゆるプラットフォーム(iPhone、Android、BlackBerry、Windows、Mac)に対応するとともに、ブックマークを各デバイス間で同期してくれますから、いつでもどこでも続きを読めることも大きな魅力です。そしてKindle本体ならではというルックアップ辞書に『英辞郎』等を指定できますので、英語の勉強にも最適ですね。

iBookstoreでも予約を開始していますが購入にはUSアカウントが必要になっていますから国内ユーザの購入は難しそうです。iBookstoreの価格はKindle Storeより$5も高いUS$16.99となっています。ちなみに日本Amazonでも英語版ハードカバーの予約が始まっており、円高効果もあり2,604円とお買い得感があります。

iBookstore
Steve_Jobs_iBookstore

iBookstoreで予約完了
Pre-Order on iBookstore

日本アマゾンの英語版
Amazon Japan

9月のiOS5正式版リリース、10月には次世代iPhoneが発売と予想されていますし、そして11月のスティーブ・ジョブズ氏公認の伝記発売という、アップルファンにとっては目の離せないイベントが続きそうです。

こんなに汚れているiPhone4のホームボタン – 分解してわかったこと

iPhone4のホームボタンの効きが悪くなったと感じたことはないでしょうか?アプリを切り替えようとホームボタンをダブルタップしたつもりが、アプリが終了したり、ホーム画面やSpotlightへ移動してしまったりとイライラ。ちょっと前のデコピン方式、そして無水エタノール方式(効果は疑問視されています)等が話題になっていますが、一番確実なのは分解して掃除してみる!ということで挑戦してみました。

実は iPhone4ホワイトと職人とわたし のとおりホワイトiPhone4が公式リリースされる前にカスタムホワイト化していましたので、分解ついでにブラックに戻すことにしました。その過程とホームボタンの汚れ具合、アンテナが立たずに焦った話です。分解すると保証対象外になりますので自己責任でお願いします

Completed replacement

分解についてはiFixitのサイトを参考にしましたが、慣れないとやはり大変です。分解だけでなく、元に戻すための組み立ても必要ですから次の点に注意しました(職人作業の見よう見真似を取り入れて)。

  • ネジを落として飛散するのを防止するためにタオルの上で作業します。
  • CDケースを開けて両面テープを使ってネジとパーツの位置関係を再現しやすいように固定しておきます。CDケースなら休憩時に閉じておくこともできますので便利でした。
  • 位置関係を再現しやすいようにデジカメで撮影しながら作業しました。

iPhone 4 AT&T Repair Manual – iFixit
発売直後に分解レポートを公表する老舗サイト(英語)。綺麗な写真とステップ・バイ・ステップのインストラクション付きで解説されています。

デジカメでネジとパーツの場所を撮影しながら慎重に作業します。やっとの思いでフロントパネルを取り外すところまでたどり着きました。

Removed front-panel

ホームボタンは裏にスイッチが糊でついているのでそっと外します。案の定、周囲にホコリがたまっていました。拡大して撮影してみましたところ(ちょっとキモイ)。

Home Button

最後にちょっと焦った話を。組み立て終わって電源ONして起動するか確認します。ドキドキの瞬間です。起動しました、音も出ます、カメラ・フロントカメラも動作します、バイブも問題なさそうです。ホームボタンの効き具合が奇跡的な復活!よかった〜、と安心したのも束の間。SIMカードを入れてもアンテナが立たないではありませんか!

もう一度バラす覚悟を決めてバックパネルを外します。一番下にあるスピーカー・アンテナのモジュールをロジックボードに接続するコードの接続プラグが緩んでいました。しっかりと、でも慎重に入れて組み立て直し、祈りながらパワーボタンを押し込みます。

Antenna/Speaker at the bottom of iPhone4

問題なくアンテナも立ち通話もできました。そして、なんとカスタムホワイト以降機能しなかった近接センサーが効くようになりました。いろいろと予期せぬことが起こった分解作業で大変でしたが、より深くiPhoneを好きになれたような気がします。今秋と噂される次世代iPhoneが楽しみです。

放射線量を計測するカード – RAD Triage

先日、購入した線量計にオマケとして付属していたのがこの放射線量測定カード『RAD Triage』です。

RAD Triage

中央の帯の部分がセンサーとなっていて放射線の総量に応じて模様が変化するというもの。20mSv(ミリシーベルト)、50mSv・・・10,000mSvまで計測できるようです。使用期限が発行から最長1年またはFIT Indicatorの変色するまでですから計測できるのは最長でも1年間の線量になります。

全国放射能情報 – NAVER
文部科学省が作成した放射線に関する調査結果の情報を提供しています。

目盛り幅のざっくり具合からよほど高い線量に晒される地域や場所で使用する目的なのかもと思ったり。年間50mSv(=50,000μSv)は「放射能業務従事者及び防災に係わる警察・消防従事者に認められている上限」ですから。現在計測されている放射線量は福島の一部地域を除いては年間1,000μSv程度の水準のためこのカードでは目盛りの幅は大き過ぎると思います。

線量計は高価になりますし、かといって計測の仕方を間違えると正しい結果が得られないこともあります。このカード型なら安価でどこかに貼り付けておくだけですから設定などの煩雑さはなく手軽かもしれません。

[UPDATE1]やっとrootとれました・・・XPERIA mini pro SK17

XPERIA mini pro SK17 rooted については既に様々なブログで紹介されています。自分の場合はそれにもかかわらずかなり苦労してしまいました。普段Macユーザで、WindowsやLinuxに馴染みのないユーザの参考になればと思います。

まずbootloaderのアンロックが必要ですがメーカー保証がなくなります。ただし公式サイトではXperia mini pro(SK17)とmini(SK15)については思わぬトラブルが生じるのでアンロックはしないようにと注意喚起されています(併せてソリューションがxdaで紹介されているようなことまで書いてあるのには驚きましたが)。

http://unlockbootloader.sonyericsson.com/
sony00

また、rootedで失敗すると起動ロゴのループや起動すらしないなど、文鎮化するリスクもありますのでご注意ください。

参考にさせていただいたのは以下のサイトです。

Xperia Mini Pro(SK17i)でrootをとる « ごくつぶしの日々
アンロックからroot化の方法まで。さらに元に戻すまでの方法についても網羅的にかつコンパクトにまとめてあります。

[電話] XPERIA Mini Pro SK17i の root 取得 : 8796.jp管理日誌
操作をひとつひとつ丁寧に解説しているというよりも実に様々なことに取り組んでその内容を紹介しています。

root化の詳細手順は上記のサイトや他にもいくつもありますのでご確認ください。以下、失敗というか戸惑ったところです。解説してくださっているサイトを見ると、WindowsとLinuxですから、それだけで普段Macを使っている私にはちょっと敷居が高くなります。その悪い予感が見事に的中した感じです。

USBドライバのインストール

bootloaderのアンロックやrootedにはAndroid SDKが必要です。Android SDKをインストールしても、必要なツールやドライバはAvailable Packageから自分で選択しないとダメなのです。また、それがどのパッケージか分かりにくくドライバのインストールだけでかなりの時間をロスしました。Twitter仲間の @jin_siroi さんに教えていただいた以下のサイトが参考になります。

USBドライバの在り処 | シカでした。
Android SDKのインストールする際にUSDドライバに関するアクセスが多いようですから、実は悩んでいるユーザは結構いるのかもしれません。

さらに、問題なのがSony Ericssonの公式アンロック手順を紹介するインストラクションに従うと必ず失敗することです。Android SDKのUSBドライバのandroid_winusb.infをSony Ericsson公式サイトで入手したファイルに置き換える指示は無視してください。Android SDKのUSBドライバ(android_winusb.inf)にmini pro部分を追記するだけでいいのです(必要に応じて64bit部分に追記)。

ドライバが正しくインストールされたところ
usb_driver

LED青点灯がfastbootモード接続できていることあらわします
DSC00669

Linux環境

Virtualboxを使う方法が紹介されていますが、自分はVMware Fusionを購入していたので、Fusionを使ってUbuntu11.04をインストールすることにしました。イメージの分解や作成は問題なくできるのですが、Macとその上で動いているUbuntuのファイルの受け渡し方法で悩みました。Fusionには特定のフォルダを両方の環境でシェアする機能があるのですが、そこを使うとなぜかコピーするだけに異様に時間がかかり、最悪の場合、何も反応がないままの状態になります。仮想環境側に割り当てるメモリが不足していたのかもしれませんが、何度かイメージを作り直しているとファイルの受け渡しの待機時間が長くなり非効率になります。

ファイルの取り込み、コピーにはUSBメモリを使いました。Fusion側で使用したい場合は、Mac側でUSBメモリを解除しておき、Fusionの”Virtual Machine”からUSBを選択して該当のメモリスティックを選ぶだけで仮想環境のUbuntuにマウントされ、ファイルのやりとりに要する時間は劇的に短くなりました。

起動ロゴのループ

最初のイメージを焼いたところ起動ロゴのループが発生しました。この状態でSEUSで初期化しようとすると改造されたソフトウェアがインストールされているというメッセージが出て失敗します。いよいよ文鎮かと覚悟しかけたときにFlashToolを使ってSEUSにて再初期化することが可能でした。参考までに起動ロゴがループする映像をアップしました。

root化が失敗して起動ロゴがループするところ

結局、2回目のチャレンジでは1回目と同じような手順で作業していたのですが、今度はなぜかrootがとれてしまったので何が原因かは特定できませんでした。

DSC00670

結果よければ全てよしということで・・・

続きを読む [UPDATE1]やっとrootとれました・・・XPERIA mini pro SK17

[UPDATE2]Sony Ericsson XPERIA mini pro SK17開封の儀

注文して香港から2日で届きました。ソニーエリクソンから発売された(日本未発売)のXPERIA mini pro SK17です。前モデルのXPERIA miniは購入していたので、今回は物理キーボードタイプの機種にしてみました。うまく言えませんが、わたしは高機能ではなくても小さいガジェットというのにものすごく反応してしまうようです。

早速、開封の儀です。

00minipro

タッチスクリーンの保護フィルムが付属していました。写っていませんがコンセントの変換プラグがついてきました。

01minipro

ナビゲーションキーはホームボタンだけが物理キーです。左側がバックキー、右側がメニューキーです。現在のメイン端末のGalaxy S2の配置と逆なのでちょっと戸惑います。

02minipro


右側面の上側にボリュームスイッチ、下側にシャッターボタンです。シャッターは半押しでオートフォーカス、長押しで撮影します。
03minipro

上側には電源/スリープボタン、microUSBポート、イヤフォンジャックです。


04minipro

裏面はアールがついており手に気持ちよく収まります。スピーカー、カメラ、フラッシュが配置されています。

05minipro

バックパネルを外して、SIMカードを入れてからバッテリーパックをはめ込みます。microSDカードスロットもあります。2GBカードが標準で付属しており、最大32GBのmicroSDカードを利用できます。

06minipro

スライドして物理キーボードを引き出したところ地球儀アイコンで英数、日本語変換を切り替えます。標準で前モデルでは実装していなかったPOBox Touch(日本語)がプリインストールされています。思ったより使いやすいキーボードです。両手で持ちながら、親指でポチポチとタッチするのですが程よい堅さです。

07minipro

Google Musicアプリを起動してみたところ。クラウド音楽サービスですからコピーする手間もなく便利です。

08minipro

前モデルとのスペック比較

XPERIA mini pro SK17
XPERIA X10 mini pro
OS
Android 2.3.3
Android 2.1
サイズ
92x53x18mm
90x52x17mm
重さ
136g
120g
ディスプレイ
3インチ 480×320
TFT モバイルBRAVIAエンジン
2.55インチ 240×320
CPU
Qualcomm Snapdragon
MSM8255 1GHz
Qualcomm MSM7227 600MHz
本体メモリ
512MB
128MB
microSD
最大32GB
最大16GB
カメラ
500万画素
720p HD録画
500万画素
バッテリー容量
1,200mAh
連続待受時間:340h
連続通話時間:5h25m
930mAh
連続待受時間:360h
連続通話時間:3h30m

前モデルよりも若干大きく、重くなっていますが、スペックとしてはかなり強化されています。数値ではわかりませんが、カメラは大幅に機能追加されているようで、720p HD動画撮影対応の他、フロントカメラ(30万画素)やスマイル自動シャッター、顔認識、赤目軽減、動画手ぶれ補正、タッチフォーカスなど。

ファーストインプレッション

前モデルのminiでも驚いたのは価格の割に全然安っぽくない仕上がり。今回はmini proですが、期待を裏切らず、むしろ高級機に見えてしまいます。サイズはやや大きく重くなっていますが、スペックは前モデルを上回っていますので動作やアプリはサクサクで快適です。

それからMore Locale2を入れなくても日本語セットが用意されていることに驚きました。ただフォントはCVJKなのでやや違和感がある文字もあるのは否めません。

物理キーボードが想像よりも本当に打ちやすいです。こんなに小さいキーボードですが、ちょうどよいキーピッチとボタンの堅さなので快適です。さすがに配置は慣れが必要になりますが、これはうれしい誤算でした。

2011/9/1追記
画面は小さいですが、各コーナーにはアプリを4つまで格納しておくことが可能です。このコーナーメニューはDock的な役割を果たしホーム画面をスワイプして左右に移動してもいつも四隅に出ている状態ですから常時アクセス可能なのです。なんと便利な!

snap20110831_224320

各コーナーに4つのアプリを格納できるので最大16個のアプリをDockに入れておけるのです。また、各スクリーンには12個のアプリが配置可能なので各コーナーへの最大登録可能数と合わせると28個ものアプリを登録しておくことが出来ます。でも、コーナーに4つもアプリを登録しておいたら小さすぎて起動が大変では?ここにも工夫がされています。コーナーにタッチしてそのまま中央に指をスライドすると各アプリが拡大するのでそれを選択すればいいのです。

Corner menu of Portrait mode

場所を覚えてしまえば、コーナーからそのまま起動したいアプリの方向へシュッとスワイプしてやるだけで起動が出来てしまいます。小さい画面を有効に使うための工夫が感じられます。アプリをたくさん並べる例ですが、よく使うアプリを各コーナーに登録しておき、スクリーンにはウィジェットをメインに配置してもいいかもしれません。

Corner menu of Landscape mode

Xperia™ mini pro | Android keyboard smartphone – Sony Ericsson
Sony Ericssonのオフィシャルサイト(英国)です。XPERIA mini pro以外にも日本未発売の機種がたくさん紹介されています。



Google MusicアプリをGALAXY S2にインストールする方法【root不要】

今年5月10日のGoogle I/O イベントでGoogleが音楽サービスを発表しました。現在、ベター版として”Music Beta by Google”となっています(以下、Google Musicと呼ばせていただきます)。Googleのオンラインストレージにユーザのライブラリをアップロードしておき、どこからでも、どのデバイスからでも聴くことができるクラウド音楽サービスです。

Android端末からGoogle Musicアプリをインストールすれば、この新しいサービスを利用できるのですが、残念ながらAndroid Marketで制限されているために日本からはインストールできません。のはずですが、ドコモ版GALAXY S2にインストールすることが出来ました。なお、この方法はいわゆる「root化」のようなリスクは一切ありません。

MacBook AirのChomeブラウザから表示したGoogle Musicサイト
00googlemusic_on_mac

Google Musicの特長

Google Musicは、2万曲までアップロードできたり、ストリーミング再生の他に端末にダウンロードしてオフラインで聴くことも可能です。3G回線でもストリーミング再生しつつキャッシュするので、再生が途切れるようなことはあまりないと思います。

Google Music Betaの1stインプレッション | INITIAL M
Music Beta by Googleのサービス内容やGoogle Musicアプリの利用方法等を詳細に紹介しているサイトですので参考まで。

AndroidマーケットからGoogle Musicアプリをインストール

Androidマーケットで”google music”と検索しても”Google Musicアプリ(正式名称はMusic)”はヒットしません。これを表示させる方法はカンタンです。公式SIMロック解除したドコモ版GALAXY S2に海外版iPad-3GまたはiPad2-3Gに入っているAT&TのマイクロSIMにアダプタを付けて挿すだけです。

AT&TマイクロSIMを入れた状態(携帯国番号310 通信事業者コード410)
01attsim-galaxys2

“google music”で検索するとヒット
02musicapp-on-market

SIMロックを解除しないとFOMAカード以外は認識しませんのでSIMロック解除が前提になります。iPad用のAT&TマイクロSIMはアクティベーションしなくてもGALAXY S2はSIM自体のオペレーター番号を認識してくれるのでアンテナがたたなくても問題ありません。WIFI経由でAndroidマーケットからダウンロードします。

FOMAカードを入れた状態だと携帯国番号440、通信事業者コード10になっているはずです。ちなみにソフトバンクは通信事業者コード20です。今のところSIMカードの携帯国番号で識別しているようですが、今後あらたに他の規制がかかった場合は同じ方法でインストールできなくなるかもしれません。

iTunesで購入した楽曲もDRMなしであればアップロード可能
03beatles-on-musicapp

04play-let-it-be-on-music-app

なお、Kindle2国際版もAT&Tの国際ローミング網を利用していますので、裏蓋を外して分解しなければなりませんが、KindleのSIMカードでもマーケットにGoogle Musicアプリが出てきました。

このGoogle Musicアプリのためだけに公式SIMロック解除(ドコモショップでGALAXY S2のSIMロックを解除してきた)やKindleまたは海外版iPad用マイクロSIMを準備するのはおすすめしませんが、偶然にも手元に揃っている方は暇つぶしにいかがでしょうか。

[UPDATE2]ドコモショップでGALAXY S2のSIMロックを解除してきた

本日、ドコモ版GALAXY S2のSIMロックを解除しました。ドコモショップのカウンターに座ってから店を出るまで正味20分程度で手続きは完了。受付係から手続き担当者も「SIMロック解除」に関してスムーズに応対。最近は解除するユーザーが増えているらしく手続きに慣れてる様子でした。

SoftBank on docomo Galaxy S2

手続きはカンタン。本人確認書類(運転免許証など)と対象機種を持って行き「SIMロック解除してください」と伝えるだけです。

本人確認後、GALAXY S2の電源を落として担当者に渡せば必要な操作をしてくれます。バックパネルを開けてバッテリーを外し、印字されているIMEIをドコモの照会端末に登録。「SIMロック解除申込書」をプリントアウトして、内容を確認のうえ署名します。注意事項は色々書いてありますが(下記参考のホームページの内容と全く同じでした)、その際、担当者が読み上げたり指差し確認等は一切ありませんでした(手続きとして必要な気もしますが)。これで書類手続きは完了です。

いよいよGALAXY S2本体を使ってのSIMロック解除作業です。解除専用のSIMカード(「テストSIM」と書いてありました)を入れて電源をオン。起動してすぐに解除キーを求められるので、(担当者が照会端末を見ながら)解除コードを入力するとGALAXY S2の画面に「解除されました」と表示されてSIMロック解除は完了しました。

あとは電源を落としてFOMAカードを戻してもらうだけ。この機種は起動が早いので待ち時間も少なくていいですね。

事務手数の料金3,150円は次回の通話料請求時に合算されますので、その場での精算は不要。

SIMロック解除されたことの確認は実際にドコモ(日本通信等のドコモMVNO事業者を含む)以外のSIMカードを挿さないとわかりません。試しにSoftBankの黒SIMを指してみたところ問題なく認識しました。通話、データ通信、キャリア間SMSも問題ありませんでした。

ドコモSIM以外でのテザリングについて

Twitterで公式SIMロック解除した場合のテザリングについて質問をいただいたので調べてみました。SoftBankの黒SIMを挿してテザリングをしてみましたが、残念ながらデータ通信はできませんでした。ドコモは「テザリングの利用についてspモードの契約が必要です」としており(ご注意事項 | サービス・機能 | NTTドコモ)、SIMロック解除してもドコモのspモード用APNを経由する必要があるようですから、ドコモ以外のキャリアではテザリングはできないということになります。(この点について店頭で手続きした際に、担当者からの説明もありませんし、SIMロック解除申込書にも記載もなく、ホームページにもありません。消費者保護という観点からは何らかの周知策が必要と感じます)

では「ドコモ機種の国内利用でSIMロック解除のメリットは何ですか?」って、そんなこと聞くだけ野暮ってもんですよ。

参考サイト

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ
SIMロック解除対応機種の他社SIMカードでの音声・SMS確認結果 | お客様サポート | NTTドコモ

イー・モバイルの周波数1.7GHzには非対応

ドコモでもイー・モバイル(http://emobile.jp/)の周波数1.7GHzに対応した機種がありますので、SIMロックを解除すれば利用できるようになるようです。ちょうど購入したばかりのPocket WiFi (GP02)があったのでそのSIMカードを入れてみました。SIMカード自体は認識できているようですが、GALAXY S2は1.7GHzには非対応のようで残念ながら電波をつかみませんでした。

DSC00715

sgs2-emobile-sim

サムソン・ジャパンのウェブサイトを確認したところGALAXY S2の通信方式はやはり1.7GHz帯には対応していませんでした。イー・モバイルのSIMカードを入れる前にスペックを調べれば良かった・・・ちょっと調べたところ富士通のF-12Cは対応しているようですね。イー・モバイルのWIFIルータを使うユーザにとっては、今後この周波数に対応している機種かどうかもドコモ端末の購入ポイントになるかもしれません。

SAMSUNG mobile | 製品情報 | GALAXY S2(SC-02C)

LinkStation LS-WVLの便利機能あれこれ【flickr連携編】

1年ほど前にBaffulo社のネットワーク対応HDD(NAS:Network Attached Storage)を購入しました。MacBook Airの購入時に、本体ストレージが少ない(SSD128GB)ため外部HDDが必要であったことと、バックアップ機能であるTimeMachineをワイヤレスで利用したかったためです。ほとんどストレージ代わりにしか利用していませんでしたが、Lion対応版のファームウェア提供を機にアップデートしてみたところ、それまで気づいていなかった機能がいろいろと追加されていることを知りました。

最新のファームウェア:ver 1.52 ですが、Time MachineのLion対応は ver 1.53βで提供されています。正式版は近日公開予定とのことですから、正式リリースを待っているところです。

Flickr連携機能

NAS上の指定フォルダに画像を置いておけば、flickrアカウントに自動でアップロードしてくれます。また、flickrアカウントにアップロードしてある画像がNAS上にコピーされます。flickrには既にタグやセットも編集できる様々なアップローダ(iPhotoにもflickr連携あり)が提供されているので、単純に画像をアップロード、ダウンロードするだけのLinkStationがメインになるのは難しいかもしれません。今後の機能改善に期待したいところです。

アップロード指定フォルダ:flickrフォルダのサブフォルダに”sets”と”stream”がありますので、アップロードしたい画像(jpg、 jpeg、 gif、 png、 tiff)を”stream”フォルダにコピーします。アップロードに失敗すると”fail_to_upload”というフォルダに格納されます。

flickrには無料アカウントがありますが、枚数や容量が制限されていますので、LinkStationのflickr連携機能を使う場合はproアカウントにして置いた方が良さそうです。

Buffalo社LinkStationマニュアル: Flickrアカウントと連携させたい

手順はカンタンです。まず、LinkStationにWebアクセスします。メニューの「その他」から「Webサービス連携」をクリックします。

00LinkStation-Flickr

01LinkStation-Flickr

「使用する」を選択し、今度はflickr認証キーさせるために「Flickr認証サイトを表示」をクリックします。flickrアカウントのIDとパスワードを入力すると承認するかどうか聞かれますので、”OK, I’LL AUTHORIZE IT”をクリックします。

02LinkStation-Flickr

認証キーが表示されますので、先ほどのフォームに入力します。

03LinkStation-Flickr

LinkStationとflickrアカウントの紐付けが完了すると、「Flickr ID: xxxxxxxxx と連携しています」と表示されます。

05LinkStation-Flickr

04LinkStation-Flickr

そして、NAS上にflickrフォルダとsetsフォルダ、streamフォルダが出来ています。初めてアカウント連携したときにこれらのフォルダにflickr上の画像がダウンロードされます。fail_to_uploadはアップロードが失敗するとできるフォルダです。

06LinkStation-Flickr

なお、これらの下にはフォルダを作ることはできないようです。flickr連携でセットやタグ付けなどの機能がないとメインとしては厳しいですね。


TwiProwlの正規表現を使ってiPhone/Androidに地震速報を通知する

TwiProwlはタイムラインを監視して様々なイベントをプッシュ通知し、iPhoneならProwl、AndroidであればNotify My Androidというアプリでその情報を受け取ることができます。そのイベントには特定のフォローしているアカウントやキーワード、またはその組み合わせを指定することも可能です。この機能を使って地震速報を通知させることが可能です。

@yurekuru のツイート
yurekuru on Timeline of Twitter

続きを読む TwiProwlの正規表現を使ってiPhone/Androidに地震速報を通知する

HTC Desire S がOTA経由でシステムバージョンが1.47にアップデート

HTC Desire Sにシステムアップデートの通知が表示されていたので、アップデートしてみました。Changelogの確認もしないままにバージョンアップさせましたが、見た目は何も変わっていないように思います。

ステータスバーにシステムアップデートの通知アイコンが表示されていました。

desires-ota1

desires-ota2

FOTA ClientとFOTA Scheduling Applicationというソフトウェアで、FOTAというのはFirmware Over-The-Airの略ではないか?と思います。

desires-ota3

FOTA ClientとFOTA Scheduling Applicationのアップデート完了後に、再度、ステータスバーにシステムアップデートの通知アイコンが表示されます。アップデート前の設定画面にあるソフトウェア情報です。

desires-ota6

Desire S OTA01

システムソフトウェアのアップデート完了後にボリュームボタンのマイナス(下側)を押しながら、電源ボタンを押して起動させます。HBOOTとRADIOバージョンが更新されます。

Desire S OTA03

システムソフトウェア完了後のソフトウェア情報です。ソフトウェアバージョンが1.47になっていました。AndroidバージョンとHTC Senseバージョンはそのままでしたが、ベースバンドとカーネルのバージョンが更新されます。オフィシャルのホームページをみてもアップデートの具体的な内容はわかりませんでした。今後、追記します。

desires-ota8

今、Galaxy S2をメインで使用しています。Desire Sはそのような最上位機種にスペックではとても太刀打ちできませんがやはりHTCのデザインやUIは好きです。HTC Sensationも良さそうですが、Desire Sの魅力はなんと言ってもコンパクトで、かつキビキビ動いてくれることです。初代の内蔵メモリの少なさも解消されていますし、いまのところ目立った不満はありません。オフィシャルのブートローダーアンロックを首を長くして待っているところです。