タグ別アーカイブ: レビュー

iPod nano 第6世代をバージョン1.2へアップデートで追加された時計文字盤

10月4日に行われた米アップルの新製品発表にてiPod nano第6世代のアップデートについてもアナウンスがありました。久しぶりに取り出して早速アップデート。ファームウェアは100Mb程度ですからすぐに完了します。今回のアップデートに大きな機能追加はありませんが、時計盤面の種類が大幅に追加になっていたことが嬉しかったです。

続きを読む iPod nano 第6世代をバージョン1.2へアップデートで追加された時計文字盤

Amazon Kindle4開封の儀

9月28日に発表と同時にリリースされたKindle4が届きましたので開封の儀です。

と始めておきながら・・・開封レポートは@marr0528さんのエントリがおすすめです。前編・中編・後編の3部作で写真付きで詳細に説明してくださっていますので是非ご一読を。

続きを読む Amazon Kindle4開封の儀

Living Earth HD – 思わず見とれてしまう地球と世界各地の天気を表示するiPhone/iPadアプリ

最近お天気アプリで気に入っているのがコレ。美しい地球儀が自転しながら雲の動きも表示してくれるクールなお天気アプリです。初代iPod touchのロックスクリーンの地球の壁紙を見て「カッコイイ!」と思った方ならきっと気に入るはず。

お天気アプリは数多くありますが多機能だけどモッサリしてたり、デザインがイマイチだったりして、結局はデフォルトのお天気アプリを使っていました。今はお天気系アプリとしてこのアプリが東京アメッシュとともに外せないアプリになっています。

Living Earth – Clock & Weather 2.10
カテゴリ: ユーティリティ, 天気
販売元: Radiantlabs, LLC – Radiantlabs, LLC(サイズ: 45.2 MB)

続きを読む Living Earth HD – 思わず見とれてしまう地球と世界各地の天気を表示するiPhone/iPadアプリ

国民生活センターが発表した放射線測定器の検証結果について

先日、国民生活センターが「比較的安価な放射線測定器」の性能を検証した結果を公表しました。1ヶ月ほど前に購入したDoseRAE2(PRM-1200)も対象になっていたので目を通してみました。

福島第一原子力発電所の事故を契機とし、原発や放射線に関する情報は氾濫し、何が真実なのか混乱するばかりです。今回の検証結果も鵜呑みに出来ないような指摘もされています。

個人線量計を購入した理由

原子力や放射線は専門性の高い分野です。不安を煽られることを避けたかったので事故後の各メディアの特集や専門分野の大学教授などのツイートは意図的に遮断していました。

その後、数ヶ月経過し、広い地域で通常値を超える放射性物質が確認されるようになり内部被曝の危険にさらされる事態となってきました。文部科学省や各自治体が各地点の空間放射線量を公表しており、自分の生活環境ではそれほど高い値ではないので安心していましたが、局地的に高い値を示す「ホットスポット」という場所があるようで、自分の居住地域や生活空間で実際どれほどの線量なのかが気になり始めたのがきっかけで購入しました。

事前知識は何もないのでまず秋葉原に行って売れ筋の機種と値段をチェック。帰ってからグーグル先生にいろいろと教えてもらいました。値段は転売業者の独壇場のようで、通販サイトやオークションサイトでは実際の価格の2倍や3倍の金額で取り扱っているケースもあるようでした。製品についても評判もよくないものが多く個人線量計の選定は思ったよりも大変でした。そして最終的にたどり着いたのが米RAE systems, inc社のDoseRAE2(PRM-1200)です。

サイズは名刺サイズ。iPhone4との比較。
01DoseRAE2

エネルギー補償付き(2年が目安)
02DoseRAE2

購入にあたっての予備知識はこちらを参考にさせていただきました。

放射線・放射線測定器のメモ

DoseRAE2(PRM-1200)と自治体の空間放射線量測定結果の比較

DoseRAE2(PRM-1200)は何十万円もするような高価な測定器ではありませんから測定に5分ほど要しますが、自治体が公表しているシンチレーション式サーベイメータの測定値とほぼ一緒だったので値段を考えれば十分なレベルと満足していました。持ち運びにも便利で、付属クリップを使えばビジネスバックに挟んでおくことができます。また防護用ポケットクリップも付属していました。

日本語マニュアルも付属
04DoseRAE2

国民生活センターの「比較的安価な放射線測定器の性能」検証結果

独立行政法人の国民生活センターは消費者庁が所管する機関であり、「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行う」ことを目的としておりますので、一般消費者向けに放射線測定器に関して最も平易かつ網羅的な説明および検証をしているものと期待できます。

今回の検証対象にDoseRAE2(PRM-1200)も含まれていましたが、全ての検証対象製品について「通常の環境程度以下の自然放射線を正確に測定できなかった」「照射線量率と測定値に相関がみられたが、総じて正味値が低く、ばらつきも誤差も大きいため、正確な測定はできなかった」と結論づけられました。

比較的安価な放射線測定器の性能(発表情報)_国民生活センター

この結果を受けて朝日新聞の報道は次のとおり。これを読んだ人はどう感じたでしょうか?

asahi.com(朝日新聞社):ネット販売の放射線測定器、結果ばらつき 生活センター – 東日本大震災

国民生活センターの検証結果は正しいのか?

この結果に目を通して「やはり、もっと高いものじゃないと正確な値は計測できないのかなぁ」と感じましたが、他の機種はわかりませんがDoseRAE2(PRM-1200)について調べてみると国民生活センターの検証方法自体に問題があったのではないのかという記事を見つけました。たとえば、この製品のセンサー位置は正面の「+」マークの部分ですし、ただしい値を読み取るのに5分程度必要なのですが、同センターの検証では「137Cs由来のγ線がテスト対象銘柄の背面に当たるよう」「線源を設置してから10秒後の数値を1回目として記録し、以降30秒毎に9回数値を記録した」のでそもそも正しく計測できないのではないかという指摘です。

DoseRAE2と国民生活センターのテスト結果について:事実は雄弁に勝る 付録:米ORNLのテスト報告書 | gslab-blog

また、東京都やその他の区がDoseRAE2(PRM-1200)の測定値を検証していることも紹介しています。

情報収集と共有

国民生活センターの測定器の性能における検証結果を全て正しいと単純に受け入れることはできないのかもしれません。ただ、矛盾しているかもしれませんが、同センターが「環境中の放射線を測定する場合、公表されているデータ等を参考にし、測定器の示す値を直ちに信頼することは避ける」としている点には同意できます。

要するに、測定器の結果が絶対的に正しいものと証明することは前述のように非常に難しい作業です。購入する際はブログ等に実際に使用しているユーザのレポートがたくさんありますので参考にすると良いと思います。また、購入後の測定結果については、文部科学省や地方自治体が公表している空間放射線量や、個人が測定した結果を共有するサイトの値などを参考にしながら、信頼度がどの程度なのかを評価するのがよいように思います。

測ってガイガー!

そして、自分が購入した線量計について測定結果や信頼度などを可能な限り情報発信して共有することが大切だと思います。何しろ決定的に情報が不足している分野ですから、これから購入しようと考えている人たちへに役立ててもらえるかもしれませんし、情報の蓄積が粗悪な機種や悪徳業者を排除すること可能になるかもしれません。この件については今後もエントリにしていこうと考えています。

最後に。説明書は必ず全部読みましょう。。。たとえばDoseRAE2(PRM-1200)は線量率範囲に応じて設定を切り替える必要があります。

(この問題が一日も早く解消され、放射線を気にすることのない生活に戻ることを願って止みません)

放射線量を計測するカード – RAD Triage

先日、購入した線量計にオマケとして付属していたのがこの放射線量測定カード『RAD Triage』です。

RAD Triage

中央の帯の部分がセンサーとなっていて放射線の総量に応じて模様が変化するというもの。20mSv(ミリシーベルト)、50mSv・・・10,000mSvまで計測できるようです。使用期限が発行から最長1年またはFIT Indicatorの変色するまでですから計測できるのは最長でも1年間の線量になります。

全国放射能情報 – NAVER
文部科学省が作成した放射線に関する調査結果の情報を提供しています。

目盛り幅のざっくり具合からよほど高い線量に晒される地域や場所で使用する目的なのかもと思ったり。年間50mSv(=50,000μSv)は「放射能業務従事者及び防災に係わる警察・消防従事者に認められている上限」ですから。現在計測されている放射線量は福島の一部地域を除いては年間1,000μSv程度の水準のためこのカードでは目盛りの幅は大き過ぎると思います。

線量計は高価になりますし、かといって計測の仕方を間違えると正しい結果が得られないこともあります。このカード型なら安価でどこかに貼り付けておくだけですから設定などの煩雑さはなく手軽かもしれません。

Google MusicアプリをGALAXY S2にインストールする方法【root不要】

今年5月10日のGoogle I/O イベントでGoogleが音楽サービスを発表しました。現在、ベター版として”Music Beta by Google”となっています(以下、Google Musicと呼ばせていただきます)。Googleのオンラインストレージにユーザのライブラリをアップロードしておき、どこからでも、どのデバイスからでも聴くことができるクラウド音楽サービスです。

Android端末からGoogle Musicアプリをインストールすれば、この新しいサービスを利用できるのですが、残念ながらAndroid Marketで制限されているために日本からはインストールできません。のはずですが、ドコモ版GALAXY S2にインストールすることが出来ました。なお、この方法はいわゆる「root化」のようなリスクは一切ありません。

MacBook AirのChomeブラウザから表示したGoogle Musicサイト
00googlemusic_on_mac

Google Musicの特長

Google Musicは、2万曲までアップロードできたり、ストリーミング再生の他に端末にダウンロードしてオフラインで聴くことも可能です。3G回線でもストリーミング再生しつつキャッシュするので、再生が途切れるようなことはあまりないと思います。

Google Music Betaの1stインプレッション | INITIAL M
Music Beta by Googleのサービス内容やGoogle Musicアプリの利用方法等を詳細に紹介しているサイトですので参考まで。

AndroidマーケットからGoogle Musicアプリをインストール

Androidマーケットで”google music”と検索しても”Google Musicアプリ(正式名称はMusic)”はヒットしません。これを表示させる方法はカンタンです。公式SIMロック解除したドコモ版GALAXY S2に海外版iPad-3GまたはiPad2-3Gに入っているAT&TのマイクロSIMにアダプタを付けて挿すだけです。

AT&TマイクロSIMを入れた状態(携帯国番号310 通信事業者コード410)
01attsim-galaxys2

“google music”で検索するとヒット
02musicapp-on-market

SIMロックを解除しないとFOMAカード以外は認識しませんのでSIMロック解除が前提になります。iPad用のAT&TマイクロSIMはアクティベーションしなくてもGALAXY S2はSIM自体のオペレーター番号を認識してくれるのでアンテナがたたなくても問題ありません。WIFI経由でAndroidマーケットからダウンロードします。

FOMAカードを入れた状態だと携帯国番号440、通信事業者コード10になっているはずです。ちなみにソフトバンクは通信事業者コード20です。今のところSIMカードの携帯国番号で識別しているようですが、今後あらたに他の規制がかかった場合は同じ方法でインストールできなくなるかもしれません。

iTunesで購入した楽曲もDRMなしであればアップロード可能
03beatles-on-musicapp

04play-let-it-be-on-music-app

なお、Kindle2国際版もAT&Tの国際ローミング網を利用していますので、裏蓋を外して分解しなければなりませんが、KindleのSIMカードでもマーケットにGoogle Musicアプリが出てきました。

このGoogle Musicアプリのためだけに公式SIMロック解除(ドコモショップでGALAXY S2のSIMロックを解除してきた)やKindleまたは海外版iPad用マイクロSIMを準備するのはおすすめしませんが、偶然にも手元に揃っている方は暇つぶしにいかがでしょうか。

[UPDATE2]ドコモショップでGALAXY S2のSIMロックを解除してきた

本日、ドコモ版GALAXY S2のSIMロックを解除しました。ドコモショップのカウンターに座ってから店を出るまで正味20分程度で手続きは完了。受付係から手続き担当者も「SIMロック解除」に関してスムーズに応対。最近は解除するユーザーが増えているらしく手続きに慣れてる様子でした。

SoftBank on docomo Galaxy S2

手続きはカンタン。本人確認書類(運転免許証など)と対象機種を持って行き「SIMロック解除してください」と伝えるだけです。

本人確認後、GALAXY S2の電源を落として担当者に渡せば必要な操作をしてくれます。バックパネルを開けてバッテリーを外し、印字されているIMEIをドコモの照会端末に登録。「SIMロック解除申込書」をプリントアウトして、内容を確認のうえ署名します。注意事項は色々書いてありますが(下記参考のホームページの内容と全く同じでした)、その際、担当者が読み上げたり指差し確認等は一切ありませんでした(手続きとして必要な気もしますが)。これで書類手続きは完了です。

いよいよGALAXY S2本体を使ってのSIMロック解除作業です。解除専用のSIMカード(「テストSIM」と書いてありました)を入れて電源をオン。起動してすぐに解除キーを求められるので、(担当者が照会端末を見ながら)解除コードを入力するとGALAXY S2の画面に「解除されました」と表示されてSIMロック解除は完了しました。

あとは電源を落としてFOMAカードを戻してもらうだけ。この機種は起動が早いので待ち時間も少なくていいですね。

事務手数の料金3,150円は次回の通話料請求時に合算されますので、その場での精算は不要。

SIMロック解除されたことの確認は実際にドコモ(日本通信等のドコモMVNO事業者を含む)以外のSIMカードを挿さないとわかりません。試しにSoftBankの黒SIMを指してみたところ問題なく認識しました。通話、データ通信、キャリア間SMSも問題ありませんでした。

ドコモSIM以外でのテザリングについて

Twitterで公式SIMロック解除した場合のテザリングについて質問をいただいたので調べてみました。SoftBankの黒SIMを挿してテザリングをしてみましたが、残念ながらデータ通信はできませんでした。ドコモは「テザリングの利用についてspモードの契約が必要です」としており(ご注意事項 | サービス・機能 | NTTドコモ)、SIMロック解除してもドコモのspモード用APNを経由する必要があるようですから、ドコモ以外のキャリアではテザリングはできないということになります。(この点について店頭で手続きした際に、担当者からの説明もありませんし、SIMロック解除申込書にも記載もなく、ホームページにもありません。消費者保護という観点からは何らかの周知策が必要と感じます)

では「ドコモ機種の国内利用でSIMロック解除のメリットは何ですか?」って、そんなこと聞くだけ野暮ってもんですよ。

参考サイト

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ
SIMロック解除対応機種の他社SIMカードでの音声・SMS確認結果 | お客様サポート | NTTドコモ

イー・モバイルの周波数1.7GHzには非対応

ドコモでもイー・モバイル(http://emobile.jp/)の周波数1.7GHzに対応した機種がありますので、SIMロックを解除すれば利用できるようになるようです。ちょうど購入したばかりのPocket WiFi (GP02)があったのでそのSIMカードを入れてみました。SIMカード自体は認識できているようですが、GALAXY S2は1.7GHzには非対応のようで残念ながら電波をつかみませんでした。

DSC00715

sgs2-emobile-sim

サムソン・ジャパンのウェブサイトを確認したところGALAXY S2の通信方式はやはり1.7GHz帯には対応していませんでした。イー・モバイルのSIMカードを入れる前にスペックを調べれば良かった・・・ちょっと調べたところ富士通のF-12Cは対応しているようですね。イー・モバイルのWIFIルータを使うユーザにとっては、今後この周波数に対応している機種かどうかもドコモ端末の購入ポイントになるかもしれません。

SAMSUNG mobile | 製品情報 | GALAXY S2(SC-02C)

LinkStation LS-WVLの便利機能あれこれ【flickr連携編】

1年ほど前にBaffulo社のネットワーク対応HDD(NAS:Network Attached Storage)を購入しました。MacBook Airの購入時に、本体ストレージが少ない(SSD128GB)ため外部HDDが必要であったことと、バックアップ機能であるTimeMachineをワイヤレスで利用したかったためです。ほとんどストレージ代わりにしか利用していませんでしたが、Lion対応版のファームウェア提供を機にアップデートしてみたところ、それまで気づいていなかった機能がいろいろと追加されていることを知りました。

最新のファームウェア:ver 1.52 ですが、Time MachineのLion対応は ver 1.53βで提供されています。正式版は近日公開予定とのことですから、正式リリースを待っているところです。

Flickr連携機能

NAS上の指定フォルダに画像を置いておけば、flickrアカウントに自動でアップロードしてくれます。また、flickrアカウントにアップロードしてある画像がNAS上にコピーされます。flickrには既にタグやセットも編集できる様々なアップローダ(iPhotoにもflickr連携あり)が提供されているので、単純に画像をアップロード、ダウンロードするだけのLinkStationがメインになるのは難しいかもしれません。今後の機能改善に期待したいところです。

アップロード指定フォルダ:flickrフォルダのサブフォルダに”sets”と”stream”がありますので、アップロードしたい画像(jpg、 jpeg、 gif、 png、 tiff)を”stream”フォルダにコピーします。アップロードに失敗すると”fail_to_upload”というフォルダに格納されます。

flickrには無料アカウントがありますが、枚数や容量が制限されていますので、LinkStationのflickr連携機能を使う場合はproアカウントにして置いた方が良さそうです。

Buffalo社LinkStationマニュアル: Flickrアカウントと連携させたい

手順はカンタンです。まず、LinkStationにWebアクセスします。メニューの「その他」から「Webサービス連携」をクリックします。

00LinkStation-Flickr

01LinkStation-Flickr

「使用する」を選択し、今度はflickr認証キーさせるために「Flickr認証サイトを表示」をクリックします。flickrアカウントのIDとパスワードを入力すると承認するかどうか聞かれますので、”OK, I’LL AUTHORIZE IT”をクリックします。

02LinkStation-Flickr

認証キーが表示されますので、先ほどのフォームに入力します。

03LinkStation-Flickr

LinkStationとflickrアカウントの紐付けが完了すると、「Flickr ID: xxxxxxxxx と連携しています」と表示されます。

05LinkStation-Flickr

04LinkStation-Flickr

そして、NAS上にflickrフォルダとsetsフォルダ、streamフォルダが出来ています。初めてアカウント連携したときにこれらのフォルダにflickr上の画像がダウンロードされます。fail_to_uploadはアップロードが失敗するとできるフォルダです。

06LinkStation-Flickr

なお、これらの下にはフォルダを作ることはできないようです。flickr連携でセットやタグ付けなどの機能がないとメインとしては厳しいですね。


iPhoneマップのあのイライラを解消する HeadingLock for Maps【iPhone JB】

iPhoneやiPadのマップは本当に便利ですよね。スマートフォンがもたらした新しい世界の一つだと思います。ピンポイントの場所検索はもちろんGPSを使えば現在地から目的地までのナビも可能です。さらに電子コンパスを組み合わせると自分がどちらの方角を向いているかわかるので、より確実に最短距離で目的地へ向かうことができます。 続きを読む iPhoneマップのあのイライラを解消する HeadingLock for Maps【iPhone JB】