カテゴリー別アーカイブ: その他

ゆれくるコール for iPhoneの通知音を差し替える方法

iPhoneに緊急地震速報を通知するアプリ “ゆれくるコール for iPhone” は東日本大震災以降欠かせないアプリのひとつではないでしょうか。地震発生時に登録しておく予測地点と通知震度により予測値点到達までの時間と震度をiPhoneにプッシュ通知してくれるのでごく短い時間ですが地震に備えることができます。

続きを読む ゆれくるコール for iPhoneの通知音を差し替える方法

開発者とユーザーの信頼関係 – App Storeカスタマーレビューの改善要望に思うこと

App Storeのカスタマーレビューのコメントシステムについて、昨日より、ExciteとJustSytemが共同してアップル社に対する開発サイドからの要望が話題になっています。ツイッター上で @fladdict さんのブログ「App Storeの「カスタマーレビュー」機能、連名で改善要望を出しませんか?」にたどり着き、iOSアプリ開発者へ共同要望を呼び掛けていることを知りました。

AppStoreの機能改善の要望について – http://www.justsystems.com/jp/tech/appstore/

以前からApp Storeの残念レビューコメントが多いことは認識していましたが、まさにこの瞬間に残念なレビューを目撃したことから、開発者ではありませんがユーザーの立場として思うところを書いてみたいと思います。

まず、その残念なレビューコメントです。このアプリはi文庫Sです。青空文庫やPDFの多機能リーダーで、既存のiPhoneアプリ”i文庫”の発展系を目指し、新OS/デバイスに最適化された次世代i文庫として2月26日リリース(セール期間115円。3月6日以降450円)されたばかりのアプリです。

App Store Review

わたしはPDF閲覧用としてiPadアプリのi文庫HDを使うことが多いのですが、i文庫はi文庫HDに比べると機能が物足りないと思っていました。それがi文庫Sとして別アプリになるもののメジャーアップデートされることを知り、リリース直後に購入しました。事前に次のような記事を読んでいたためかもしれませんが非常に楽しみにしていたせいもあり、上記のようなレビューコメントがついたことに非常に残念でなりません。

NagisaWorks – 新しいブックリーダー「i文庫S」をリリースします
http://blog.nagisaworks.com/archives/972

2008年12月にiPhoneアプリ”i文庫”をリリースしてから2年間が経過し、アップデートを繰り返し(約20回だそうです!)たものの、OS/ハードの進化の一方で初期のコンセプトの延長線上でしか開発ができないという制約があったため、悩んだ末に新たなiPhoneアプリとして開発し、リリースに至ったことが紹介されています。

i文庫Sはほんの一例で、有料無料とわず他のApp Storeのアプリのカスタマーレビューを見ると、開発者はもちろんのこと他のユーザーにとっても何の役にも立たない、攻撃的な言葉で罵倒するだけの価値のないコメントを目にすることがあります。本当に悲しいことです。本来は開発者とユーザーがよりよいアプリを一緒に作り上げるための信頼関係で成り立つコミュニティーでなければならないはずで、それを心ないユーザーのコメントで壊してはいけない、そう思うのです。

現状を嘆いてばかりいても仕方ありません。こうした状況をなんとかしたいと思っているユーザーにできること。それは「ダウンロードしたアプリには必ずレビューコメントを書く」ことではないでしょうか?満足でも不満でも必ず★を付けてコメントを残すことです。それが開発者への労いであり、感謝であり、敬意を示すことになるはずです。そして開発者はさらに魅力的なアプリを作ってくれる、そんな好循環になると信じています。レビューシステムがどうであれ、開発者とユーザーの信頼関係なくして最高のiPhone体験は享受できないと思います。

App Storeのカスタマーレビューの仕組みを変更するにはアップル側の対応を待たなければなりません。しかし、わたしたちユーザーから開発者に対するフィードバックの方法を変えるのにシステム開発にかかる時間もお金も不要です。わたしたちが変わればいいのです。まずはキレイな庭にゴミをポイ捨てしにくいような環境へ。これまで評価やコメントをためらっていたユーザーの皆さん、今からはじめませんか?

[UPDATE2]特定のTwitterクライアントアプリが使えなくなったらしい話

昨日の深夜から今朝にかけてTwitterクライアントアプリが使えなくなった、というツイートを幾つか見ました。気になって調べると、Twitter側が特定アプリからのログインを制限していることがわかりました。

説明を読むとUberTwitterとtwidroydというアプリで、その理由はTwitterのポリシー違反ということらしい。従来からクライアントアプリの凍結は行っているらしく、今回は利用者数の多いアプリということもあり、これまでと違ってユーザにも情報共有してくれている様子。

Twitter Help Center : UberTwitter や twidroyd にてログインできない

◆公式ページからの日本語訳抜粋◆
Twitter のポリシー違反のために、UberTwitter と twidroyd を凍結したことをお知らせいたします。
日々、私たちはポリシー違反のためにアプリケーションの凍結を行っています。一般的に、このようなアプリケーションはユーザー数が少ない場合が多いです。今回、私たちは今までとは異なる手順を踏み、このようにユーザーのみなさまに情報を共有しています。それは、本日の凍結は過去に比べて遥かに多くのユーザーに影響を与えるからです。

twidroyd はAndroid対応アプリではかなりメジャーです。ÜberTwitterは聞いたことがありません(Black Berryでは有名?)がAppStoreにあったのでちょっと試しにダウンロード(無料)してみたところ、確かに両アプリともログインできない状態になっていました。

Nexus Oneでtwidroydを起動
twidroyd-sending-failure

iPhoneでÜberTwitterを起動したところ
ubertwittet-openning

ubertwitter-login-failure

どんなポリシー違反があったのか気になりますが、ÜberTwitterはまずアプリ名に”Twitter”の文字が入っています。これは商標上の問題があるはずですが、Twitter側が名称変更を求めてアプリ名が変わったのはかなり前の話ですからこれが理由とも思えません。むしろまだ残っていたのが不思議・・・

この記事を書いている間にÜberTwitterはAppStoreから削除されていました。今回はこの2つでしたが、Twitter,incに変更権があるポリシーに違反したとして突然お気に入りのクライアントアプリが使えなくなると困りますよね。こういう問題も起こりうるのか、と思った土曜日の朝でした。

Updated on February 21, 2010
本日、UberTwitterが名称をUberSocialに改め、TwitdroydとともにTwitter側の了承を得て凍結が解除となったようです。凍結理由がいまだに釈然としませんが、Twitter側の広告に関する収益事業を阻害する可能性のある機能があったのかもしれません。乱暴にも見えますが、根幹を揺るがす事態に発展しかねないとの判断がなされれば人気の高いアプリに対しても断固たる措置を講じるという意思表示のようにも見えます。

ちなみに、Android Marketではすでに修正済みTwitdroydがアップされており使用可能ですが、App StoreにはまだUberSocialがリリースされていない(審査待ち?)ようです。
UberSocial (fka ÜberTwitter) – http://support.ubersocial.com/home

Updated on February 22, 2010
本日、iPhone用のTwitterクライアントアプリであるTwittelator Proについてアップデートがあり気になる記述がありました。「Twitterの規約に違反した長いダイレクトメッセージのTwitLongerの利用を中止」と明記されています。

初めて知ったのですが140文字を超えてつぶやくことが可能な”TwitLonger” – http://www.twitlonger.com/about はオフィシャルのツールではなくサードパーティベンダーがTwitter APIを使用して提供しているサービスのようです。

つまり、当事者間だけのメッセージであるはずが、140文字を超えてTwitLongerを利用してしまうとTwitLongerサイトに公開されてしまうことになります。ダイレクトメッセージはプライバシーに関わる情報の伝達に使用する場合があるため、これが意図せずに公開されてしまうとユーザ側が混乱してしまいますし、非常に大きな問題です。この点についてのTwitter側の指摘はもっともな気がします。Twitter側も凍結理由をユーザにも分かりやすく公表してくれれば良かったのにと思いますが。

さらに、気になったのはUberSocialはまだ審査中でApp Storeにリリースされてないにもかかわらず、Twittelatorが適正化版をリリースできたのはなぜなのかと。推測に過ぎませんが、先週に起きた特定アプリのログイン凍結の前に、各開発元には適正化の要請がなされていたのかもしれません。

Twitter側から受けた指摘は3点あったとされており、商標の問題、ダイレクトメッセージのプライバシーの問題は分かりました。あとはアフィリエイト関係の問題が何を指しているのかイマイチわかりません。

続きを読む [UPDATE2]特定のTwitterクライアントアプリが使えなくなったらしい話

冷やし中華はじめました(iPhoneアプリ)

Twitterで知り合った novi_">@novi_ さんがVCの出資を受けてシリコンバレーへ旅立つということで壮行会オフに参加させていただきました。 TweetParakeetSimpleCameraなどのアプリやJBerにとっては神アプリ的なFakeClockUpを作った方です。きっと向こうでもアッと驚かせる様な活躍をしてくれることと信じています。

渡米される方がそういう人なので集まった方々も有名アプリの開発者や起業された方、SEの方などそうそうたるメンバーで、わたしは場違いな感じもしましたけれども色々な話 ー といっても技術的な深い話は理解できませんけども ー をうかがうことができてとても楽しい時間を過ごすことができました。

同時に感じたのは新しい何かをつくる、産み出すことに対して非常に前向きで貪欲な姿勢であり非常に刺激になりました。わたしは今の仕事が何かをカタチに残すことがないので、積み重ねが可視化されるモノづくりへの憧れが強いのかもしれません。

何もIT分野に限ったことではありませんけども、ガジェット好きとしては、アプリ開発の敷居が下がってきていることもありますし、昨年はベータ版のiOSをインストールするだけで終わってしまったApple Developerのライセンスもありますので、以前から興味のあったアプリの開発を今年こそは始めようという決意をあらたにしました。最終的にリリースできるクオリティになるかどうかは別として自分が思い描いているアプリがあるのでチャレンジしてみようと思います。

Xcode4 betaがGM版になっていましたので、早速インストールしてみました。年始に購入した参考書を引っ張り出し、Hello, world!から始めたいと思います。と言いながら、参考書はまだXcode4の変更に対応していないわけで、少しばかりインストールを急ぎすぎたような。。。

[UPDATE1]SIMロックフリーのiPhoneはBasebandもフリーなのか?

OS4.3b2からiOS4.2.1に戻した際に気になる現象がありました。最近までソフトバンクが取り扱うSIMロックが施されたiPhoneを使用していましたが、いままでのBasebandに関する認識は「一度バージョンを上げてしまうとダウングレードできない」です。SIMロックフリーのiPhoneはBasebandもダウングレードが自由に出来てしまうのでしょうか?

購入した際はiOS4.2.1の状態でした。その後、iOS4.3のベータ版、ベータ2版、ベータ3版がそれぞれリリースされましたのでそれぞれインストールしてBasebandのバージョンも上がったことを確認しています。ところが、iOS4.2.1にダウングレードした際に、Basebandバージョンが元に戻っていました。

Basebandのバージョン遷移
iOS4.2.1:03.10.01
iOS4.3b1:04.08.00
iOS4.3b2:04.09.00
iOS4.3b3:04.10.01

iOS4.3b3のBasebandは 04.10.01になっている
iPhone4-43b3bb.png

iOS4.3b3からiOS4.2.1にダウングレードした後、Basebandが03.10.01になっている
iPhone4-421bb.png

これがSIMロックフリーだからなのかiOSがベータ版だからなのか。手元のiPhone4が購入時にはiOS4.2.1であったためiOS4.1に下げられないので確認できないのが残念ですが、iOS4.3正式版がリリースされた後、iOS4.2.1と入れ替えでBasebandもダウングレードが可能なのか確認したいと思います。とはいえ、SIMロックフリーですからハッカーのアンロックツールを待ったり、そのためにBasebandのバージョンを維持しなければならないこともありませんのでどっちでもいいと思いますが、いままでの常識を覆された感じでショッキングな出来事でした。

iOS4.3正式リリース後に再度検証してみたいと思います。

続きを読む [UPDATE1]SIMロックフリーのiPhoneはBasebandもフリーなのか?

[UPDATE1]これで快適バスタイム – iPad用スタンド付き防水ケース

寒い夜はゆっくりとお風呂で温まりたいですね。Twitterでフォローしている方が防水ケース(DRiPRO社 PORTFOLIO Waterproof Case for iPad/Tablet PC)をツイートされていたので、ウェブサイトで見たところ値段も手頃で良さそうなので購入してみました。これが期待以上のスグレモノでしたので紹介させていただきたいと思います。


DSC00270

DSC00266

DSC00269

このPORTFOLIOは防水性能IPX8/水深10m防水ということで入浴中に誤って浴槽に落としてしまっても全く問題ありませんし、強度の高いビニールですからそうそう穴が空いてしまうものではありません。他の防水ケースもありますが、このPORTFOLIOで特に秀逸なのがカバーを広げてスタンドにすることができる点です。スタンドにした状態で風呂フタの上に置けば、立てた状態で両手を使うことができます。ビニールは本体との隙間なくタッチスクリーンに吸着していますので普通にフリックやジェスチャーが効きます。ソフトウェアキーボード入力もまったく問題ありません。実は、このエントリの途中まではバスタイム中に書いていたりします。


スタンドで立てた状態
DSC00307

防水ケースに入れたiPadをバスタブに入れてみました

バスタイムはゆっくり落ち着いて過ごせる時間ですから俄然これからのバスタイムが楽しくなってきました。「バスタイムで映画鑑賞も、読書も、ツイッターもできてしまう。iPadでね!」というTVCFが流れてきそうです。防水Bluetooth対応スピーカーが欲しくなってきました・・・


DSC00274

DSC00277

DSC00279

DSC00280

DSC00281

購入について
DRiPRO社のウェブサイトから注文し、香港から発送のため到着まで1週間程度でした。送料込みでUS$42.99は円高の今なら魅力的です。調べたところAmazonからも購入できるようです。

防水性能について
DRiPRO社のPORTFOLIOの防水性能はIPX8、水深10m防水とのこでお風呂場で使用する分には問題ない性能です。

(参考)
IPX8とは国際規格で「等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない」とのことで技術的な規定がありませんが、IPX7は「定められた条件(1M、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない」水準です。

使い始める前に
何も入れない状態で水の中に沈めてみて、空気が漏れたりしていないか浸水していないかを確認します。いきなり、iPadを入れて水浸しになったらショックですからね。

使用上の注意
お風呂で使う分には十分です。取説によると40℃から表のビニールが柔らかくなり始めるそうなので、よほどの温度で長時間沈めていなければ問題ないと思います。お風呂から上がったあとはしっかりケースの水気を切ってから取り出します。ちなみに冷水なら-5℃と書いてありました。
不便かなと思った点は、上面のパワースイッチは押しにくいです。側面のローテーション(または消音)スイッチとボリュームボタンは押せないかもしれません。それから防水効果は抜群ですが、使い終わった後に取り出すまでにタオルで拭き拭きするのがやはり面倒です。

iPad2について
2011年3月11日に米国で先行発売されたiPad2はiPad1よりも厚みがなくなっています。そのためケースに入れると若干隙間ができますが操作性には特に問題ありませんでした。マルチタッチ・ジェスチャー機能もしっかりと反応してくれました。


iPad2 with Waterproof case

ついでにiPhone用の防水ケース…
入浴中にiPhoneを使用していますが、サンワダイレクト「防滴ケース200-PDA016」で防水対策をしています。密閉性があり窓空き部分も強度の高いビニールなので気に入っています。ケース内部にイヤホンジャックがあり、付属の防水対応イヤホンを挿すと音楽も聴くこともできます。でもiPadの大きな画面とキーボード入力が快適すぎて、これからはiPadだけを使いそうです。


DSC00297

DSC00299

    

続きを読む [UPDATE1]これで快適バスタイム – iPad用スタンド付き防水ケース

仕事でスマートフォンを活用したいサラリーマンの憂鬱

スケジュール管理やToDo、アイディアメモなどスマートフォンを仕事でも活用したいと考えている方も多いことと思います。わたしもその一人です。しかし、企業の情報セキュリティによってそれは妄想に過ぎないことに気づかされます。企業の情報管理に関するセキュリティは年々強化されており、企業によっては個人所有のスマートフォンを業務上に活用することはきわめて困難ではないでしょうか?特に解決策があるわけではありませんが、そんな憂鬱を共有できる方がいればと思いまとめてみました。

iphone-cal

書店ではスマートフォンの活用本が所狭しと並んでいますが、実際はどうでしょうか?わたしの場合そのようなハウツー本はまったく役に立ちません。

私物のスマートフォンと企業のセキュリティは相容れず、たとえば以下のような制限があります。

  • 動画投稿サイト(YouTubeやニコニコ動画)へのアクセス禁止
  • Webメール(Gmail、hotmail等)サイトへのアクセス禁止
  • Webストレージサービス(dropbox等)へのアクセス禁止
  • クラウドサービス(Evernote等)へのアクセス禁止
  • SNSサイト(2ch、Twitter、mixi等)へのアクセス禁止
  • 特定ブログサイトへのアクセス禁止
  • ソフトウェアのインストールの禁止
  • アクセスしたWebの履歴を上司にレポート
  • 外部メディア(USBメモリ等)への書き込み禁止
  • 外部送信メールのキーワードフィルタリング
  • 外部送信メールの添付ファイル種類の制限

などなど

スマートフォンはパソコンやWebサービスとの連携があってその威力を最大限に発揮することができます。このような制限があることで、たとえば会社のスケジュール管理ソフトで入力した予定や連絡先の情報を私物のiPhoneにUSB接続して同期させることはもちろん、Googleなどのクラウドサービスを経由して同期させることもできません。むしろ、会社のPCで入力したものを、私物のスマートフォンでも再入力するなどムダな作業が生じることになるばかりではなく、相互で入力漏れが発生する可能性もあり、余計に非効率ですし非常に危険です。

これらの企業の取り組みは、ウィルスやスパイウェアの侵入や個人情報の大量流出、企業秘密の外部流出等を防止する観点からいた仕方ないことかもしれません。会社がスマートフォンを支給すればよいのかというとそうでもありません。今度は私的使用に制限が課されることになるはずですから。企業によってはオフィスに私物の携帯電話すら持ち込めないという例もある様ですから、自分のスマートフォンをオフィスに持ち込んで仕事中にTwitterなどが自由にできている今の環境は実は幸せなのかもしれません。などと思ったりして自分を納得させています。

谷亮子×三原じゅん子

今日、田母神俊雄氏と三原じゅん子氏の対談記事”「ニッポンの国防」一触即発の中国・朝鮮半島情勢 米・韓・中、そして北朝鮮とどう渡り合えばいいのか“を読みました。その内容について云々するつもりはないのですが、三原じゅん子氏の活動の幅の広さに注目しました。元女優のためか見せ方というのでしょうか自分の活動をうまくメディアへ流しているようにも感じます。

昨年の参議院選挙の立候補当初には、タレント議員とひとくくりに見ていましたが、実は女優業の傍らで地道な活動を続けていたことを知りました。今や日本の国防を語っているなんて!その目的がどうであれ当選後まだ半年足らずの1年生議員が元航空幕僚長と対談までしてしまうことに感心しました。昨年秋には国会質疑デビューを果たし、その内容もなかなか堂に入ったものでした。活動内容は公式ウェブサイトの他にブログを公開(当選前から続けているようです)し、毎日、1日数回書き込まれています。

ふと思い出したのは同じ昨年の参議院選挙で当選した谷亮子氏です。当時の民主党幹事長である小沢氏が擁立し、彼女の知名度の高さから予想通りの圧倒的得票数で当選しました。公式サイトでしか活動内容を確認していませんが、ホームページだけでは彼女の掲げる政策への日常の取り組みが伝わってきませんでした。

実に対照的な二人ではないかと。選挙後6ヶ月程度しか経過していないとはいえ、立候補の経緯がこうも当選後の活動に差が出てしまうとは。メディアへの露出や情報発信の違いでそのように感じてしまうのかもしれませんが。今後も注目な二人です。いろいろな意味で。

三原じゅん子 オフィシャルウェブサイト オフィシャルブログ
谷亮子 公式ホームページ

今年もよろしくお願いします

早いもので2009年10月から始めたこのブログも1年ちょっと。当初は自分の備忘録的な使用方法を想定していましたが、コメント欄等で質問をいただくようになってから「誰かに読まれる」点を意識して書くようになりました。おかげさまでカウントを始めてから20万PVを超え自分でも信じられません。

一方で「誰かに読まれる」を意識しすぎていたような気もします。今年は、個人ブログらしく様々な分野で自分が感じていることを書いていこうと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

はじめての自炊(書籍の電子データ化)

年初には電子書籍元年などと言われていたような今年も終わろうとしています。実際はかろうじて出版社とメーカーあるいは各キャリアの連合軍がそれぞれの仕様でリーダー端末機とともにリリースしたのかなぁという印象です。今後、電子書籍フォーマットは特定のものに収斂していくのかもしれませんしコンバーターのようなソフトウェアも出てくるかもしれませんが、リーダー端末であるシャープのGALAPAGOSやソニーのReaderがいまのところKindleを超えるような魅力も感じないため、当面は先行投資を控えて様子見と考えています。また、日本アマゾンがKindle向けに日本語書籍の取り扱いをスタートするのではという噂もあり、アマゾンの出方も気になるところです。

本格的な電子書籍時代の到来はまだ先のようですから、リーダー機能があるiPhone、iPad、Kindle、Androidを活かすために自炊をしてみました。自炊手順の紹介サイトは多いのですが著作権上の課題があることに触れていることが少ないので当ブログでは目立つように記載しておきたいと思います。

iPhone4のiBooksに取り込んだ「KAGEROU」
IMG_0597

注意喚起情報
自炊はいわゆる著作権上の「私的複製」の場合は問題ないとされていますが、電子化したデータや裁断した原書籍の取り扱いについて、その実態が立法主旨に沿わない場合は同法に抵触または違反する行為になる可能性がありますので注意が必要です。たとえばデータ化したPDFの配布方法や範囲、裁断済み原書の処分方法などはよくよく注意する必要があります。
以下のサイトが大変参考になると思います。

参考サイト
INTERNET Watch:書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK?〜福井弁護士に聞く著作権Q&A

自炊する本を決め、カッターナイフでカッティングし、分割してスキャナーで読み込みます。最後に数ファイルをAcrobatで1つのファイルに結合し、最適化してサイズを小さく抑えました。あとは、iBooksで同期するだけです。作業時間は約1時間でした。

ハードカバーを切り取り背表紙から切り離す
DSC00201

DSC00202

切り離し完了。やはり手作業だと1mm〜2mm程度のズレが生じる
DSC00205

不完全な裁断が所どころに…全ページチェックが必要です
DSC00206

表紙、裏表紙、帯もスキャンするために切り取ります
DSC00210

あとはスキャンするだけです。本体はSnapScan S1500Mを、表紙と帯はフラットベッドスキャナを使用しました。一気に全ページをスキャンすると途中で失敗するのが怖いので20枚程度の6分割で取り込みました。スキャナ設定は本体はスーパーファインで白黒600dpi、表紙はスーパーファインでカラー300dpiとしました。

スキャン終了後、縦横の向きを念のためチェックします。スペースが多いページだと横向きになってしまう場合もありました。あとは分割して取り込んだ本体と表紙、裏表紙の各PDFをAcrobatで最適化の結合します。そのまま結合すると25MBでしたが、最適化した結果4.5MBに抑えるこができました。

各デバイスで表示したところです。最適化すると解像度が心配でしたが読書には十分認識できる程度でした。ただし、Kindle3ではdarknessレベルを上げた方が読みやすいと思います。

Kindle3で表示したところをスキャンしました
05kagerou-kindle

iPhone4でiBooksからPDFを表示
IMG_0598

iPadでiBooksからPDFを表示。iPhoneに比べれば読みやすい。
08kagerou-ipad

DesireでAcrobat Readerを使って表示
09kagerou-android

自炊手順で参考にしたサイト
誠 Biz.ID:動画と写真で確認する——裁断&スキャンのコツ(裁断編)
誠 Biz.ID:動画と写真で確認する——裁断&スキャンのコツ(スキャン編)